昔のらくがき帳
(2007年11月上旬分)

←10月下旬へ

11月下旬へ→

11月1日(木)

今日のお昼ごはんは
広面の『Oranger(オランジェ) 』で食べてみました。
ちなみに場所は『そば処 けん太』のすぐ隣です。

落ち着いた雰囲気です。
 

店内は割とこじんまりしており、
近所のOLと思われる方々で賑わっておりましたよ。

昼のメニューは日替わりランチとドリンク、デザート類のみで、
今日のランチメニューは4種類。
しばし悩んだ後、今回は限定15食の
「和風タルタルハンバーグ(980円)」をチョイスしました。

スープはセロリ風味でした。
 

「和風タルタルハンバーグ」と聞いて
タルタルソースが和風仕立てになっているのかな?と思ったら、
てりやきっぽい甘辛の和風醤油ソースの上に
一般的なタルタルソースがのせられておりました。
日本語って難しいですな(謎)

ハンバーグは肉厚なのに柔らかくておいしかったです。
ライスとスープ、サラダ付きで、
使っているお米は自家栽培のあきたこまちだそうです。
ドレッシングやソースもすべて手作りだそうですよ。

 
食後にはコーヒーor紅茶とデザートもついてきます♪
今日のデザートはクルミ入りのシフォンケーキでした。
このデザートもお店の手作りとのことです。

紅茶にしてみました。

 
夜はレストランとして営業しているようなので、
今度はその時間にも訪れてみたいと思います。

11月4日(

今日は仙北市の『抱返り渓谷』に
紅葉を見に行ってまいりました。

 
その前にまずはお昼ご飯、というわけで
仙北市角館の『田中屋』へ。

平日の昼はワンコインランチをやっているようですが、
あいにく今日は日曜日なので
通常のメニューの中から選ぶことにしました。

気になる看板。

 
洋食屋さんなので、スパゲティやピラフなどがメニューに並んでいます。
今回はその中で気になった
「オムライスグラタン(1,000円)」をチョイスしました。

オムライスとグラタンのコラボレーション。
 

一見普通のグラタンに見えますが、
中にはなんとオムライスが入っているのですよ。
お皿の底にチキンライスをたっぷりと敷きつめ、
その上に玉子とホワイトソース、パン粉等をのせて焼いてあります。
見た目が変わっていて面白いし美味しいですね。

 
こちらの「チーズハンバーグ(850円)」は
大きなハンバーグの上にトロトロのチーズがのっていました。
それにライスとスープ、サラダ、福神漬けがついてきます。

こちらも美味♪

 
今度は平日に来て、ワンコインランチも
食べてみたいと思いました。

 
その後はいよいよ抱返り渓谷へ。
紅葉鑑賞の模様は別ページにアップしましたので、
読む方はこちらからどうぞ。

11月5日(月)

今日は仁別にある『ダム公園』に、紅葉を見に行ってきました。
読む方はこちらからどうぞ。

11月8日(木)

今日のお昼ごはんは、保戸野の『nanana』で食べてみました。

ランチメニューは5種類あり
「本日のランチ(890円)」にも心ひかれましたが、
今回は「チキンカレー(790円)」をチョイス。

美味しかったです♪
 

ご飯の上に、焼いた鶏肉がどーんと乗っていますよ!
皮がパリっとしているのもまた美味。
ルーはやや酸味があり、辛さ控えめで食べやすいです。

サラダと漬け物、食後にはコーヒーもついてきます。

夏場は50円増しでアイスコーヒーにもできる模様。

 
個人的に、割り箸が紙で作った箸置きとセットになって
置いてあるのがかわいいなーと思いました。

紙製ランチョンマットに押されたハンコもかわいい。

 
今度は別のメニューも食べてみたいと思います。

11月9日(金)

今日は秋の自然を楽しむべく、
仁別方面に足を運んでみました。

お昼ごはんは秋田市太平の『山の五代』に行ってみることに。

山の中の道路沿いにポツンと1軒だけ建っていて
仁別方面に行く時に自然に目に入るお店だし、
店の話はよく聞くのでずっと気になっていたのですが、
今回初めて訪れることができました。

夜も営業しています。

 
実はここは、「山盛り」ならぬ
「エベレストチョモ(通称チョモランマ盛り)」があることで
有名なお店なのですよ。

世界で一番高い山の名が!

ご飯も麺類も200円プラスで特盛りにできるのですが、
その量がとにかく半端じゃないのです!
マンガに出てきそうな山盛りっぷり。
多分私だったらご飯だけでお腹いっぱいになると思います(笑)
 

本来ならばチャレンジしてみたいところなのですけれど、
さすがにこの量は食べきれる自信がないので
紹介だけにとどめておきます(汗)
食べ物を残すだなんて、そんな無駄なことはしてはいけませんよ!
(↑こんな時ばかり主張をするなという説あり)

店内にいたサラリーマンや学生のうち、
何人かが「チョモランマ盛り」を頼んでいたので
遠くからさり気なく見てみたのですが、
ドット絵で表現するとこんな感じでした。

本当にこんな感じ(笑)

 
……絵にするとなんだか普通に見えてきますが、
(そもそも私の画力に問題があるのかもしれませんが)
実際これだけの量のご飯が
大きなお茶碗に山盛り+ギュッと固められて出てくると
なかなか食べきれるものではないですよ。
通常の3倍はあるのではなかろうか。

この量だけでもびっくりなのに、お店のおじちゃんの話によると
「ソース焼きそばのチョモランマ」+
「焼肉丼のチョモランマ」+「肉鍋定食」を
一度に一人で食べたつわものがいるとのこと(爆)
誰なんですかそれはっ。ギャル曽根か何かですか!? Σ( ̄□ ̄;

 
驚きながらも今回は「豚肉しょうが焼き定食(780円)」をチョイス。
注文する時、店員さんに「普通盛りですか?」と確認されましたよ。
わざわざ量を確認されるぐらい、大盛り(100円増)
エベレストチョモ(200円増)が注文されるお店なのでしょう。

また食べたいですな。
 

しょうが焼きの上に目玉焼きがのっており、
ご飯、味噌汁、漬け物がついてきます。

普通の定食屋さんよりも心持ちご飯が多いかな?といった程度で、
女性でも普通に食べきれる量だったので一安心。
味つけも好みで美味しかったです。

 
こちらは「焼肉丼(780円)」です。
焼肉とご飯が入っているこの器は、
なんと「丼」ではなくて「ラーメンどんぶり」ですよ(笑)

ボリューム満点。
 

普通盛りでもこんなにボリュームがあるというのに、
もしもこれをチョモランマにしたら
ラーメンどんぶりに山盛りのご飯と焼肉が
盛り付けられて運ばれてくるのですよ。なんてこった。

ちなみに一番チャレンジしがいがありそうなのは、
普通盛りでも大きな鍋ごと運ばれてくる「肉鍋定食(900円)」を
チョモランマ盛りにしたもののようです。
大食いに自信がある、もしくはそこらの大盛りじゃ物足りないという人は
一度食べてみると面白いかもしれません(笑)

普通の量のメニューからチョモランマ盛りまで
様々なニーズに対応しているこのお店は、
サラリーマンや作業員、食べざかりの学生から老夫婦まで
いろんな人たちで賑わっておりました。
顔なじみの常連客も多いようです。

 
余談ですがこのお店、店内のあちこちで
やたらといろんなものを売っています。

テーブルの上には値札がついた観葉植物に木彫りの置物、
本棚の下にはザルに入った栗とバナナ。

何の植物だろう? 栗が人気でした。

 
入り口の脇にはりんごに柿にミカン、
なめこに食用菊に漬け物等々、まるで朝市のようなラインナップ。

傷ありで安い模様。 天然のなめこだそうです。
 

天井を見上げれば、「民謡おばこ集」も販売中。

全14曲らしいです。

 
店の隅にどどーんと置かれている、迫力満点の熊のはくせいは
さすがに売り物じゃなさそうだなーと思いきや…。

なぜ熊が(笑)

 
熊に踏まれている米袋の方が売り物でした(笑)
ちなみに30kg入りの新米「めんこいな」が6,800円と書かれていますよ。

味の五代、おそるべし。

帰りがけに果物やなめこを買っていくお年寄りが多かったです。
 

なんというか、なかなか奥が深い店でしたよ。
平日にもかかわらずお客さんが次から次へとやってきて
お店は大盛況だったのですが、
その理由がなんとなくわかりますな。
駐車場のあたりにやたらと猫がいるのも
猫好きとしては気になるところ(笑)
いつかチョモランマに挑戦してみたいものです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

その後は『秋田市植物園』に行ってきました。
その模様は別ページにまとめたので
読む方はこちらからどうぞ。

11月12日(月)

この前『ビッグフレック』のパン屋さんに行ったら
こんなパンが売っていたので思わず購入してしまいました(笑)

値段もお手頃ですな。
 

まん丸いパンにケチャップでぶたの顔が描いてあり、
中には肉まんの中身のような具が入っていますよ。
その名も「ぶたまん君(125円)」です。

後ろ側にはちゃんとしっぽがありました。かわいい♪

おいしかったです。

 
これが並んでいるのを見た時、3年前にサンクスで売っていた
とんとろ豚まん」を思い出しました。
思えばあの時も、顔がついた肉まん(今回はパンですけれど)が
こっちを向いてずらっと並んでいる様子に心ひかれて
思わず買って帰ったような……(遠い目)

 
例によって顔からガブっと食べるのは
少々気が引けたので、
おしりの方から食べてみました(笑)

11月14日(水)

最近、日記に食べ物の事しか書いていない気がする…。
(↑それは今に始まったことじゃないという説あり)
まあ、とりあえず食欲の秋ということで(謎)
 

そんな今日のお昼ごはんは、イオンの1階にある
一心亭』で食べてみました。

ここは焼肉の店なのですが、平日の昼間のみ
週替わり・3種類の500円ランチをやっているのですよ。

今週はAランチが「焼肉三種盛りランチ」
Bランチが「焼肉・温うどんランチ」
Cランチが「熱々石焼ビビンバランチ」だったので、
その中からAランチをチョイス。

金網で焼いて食べます。

肉はカルビ、タン、ホルモンの3種類で、
それに野菜、ご飯、味噌汁、漬け物がついてきました。
 

サラダバーはなんと無料!
焼き肉というと、どうしても野菜不足になりがちですが、
これならバランス良く野菜を摂取できるので嬉しい♪

フルーツポンチなんかもありました。
 

野菜は10種類ぐらい並んでいたので、
お皿に好きなように盛り付けてみました。

ランチならさらにホットドリンクも無料サービスと書かれていて、
もはや至れり尽くせりですよ!
500円でこんなに満足できるだなんて
いい時代になりましたなー(違)
 

ワンコインとは思えないほど
充実した内容のランチだったので、
またいずれここでお昼ごはんを食べたいと思います♪

11月15日(木)

ちょうど今日、『フレスポ御所野』内に
YAYA DINING』がオープンするとの情報を得たので、
さっそく行ってまいりました〜。

店内は洒落た雰囲気で、
入り口に近い部屋がカフェっぽい感じになっており、
通路を通った奥の部屋は
ほの暗いレストランっぽい感じになっておりました。

オープン初日ということもあってか
フロアには責任者らしきスーツの男性がいて、
店員さんたちもキビキビと動き回っていましたよ。
接客が非常に丁寧だったので好感を持ちました。
 

ランチメニューは週替わりで、
今週はパスタが5種類、ピザが4種類。

プラス300円でAセットにすれば
食前ジュースorワインor一口ビールと
カップスープ、サラダ、ドリンクが付いてくるというので
Aセットにしてみることに。

ちなみにBセット(350円)はAセット+パン、
Cセット(400円)はAセット+パン+ドルチェという内容のようです。
 

食前ジュースを選んだら、小さなグラスで
「ブラッドオレンジジュース」が運ばれてきました。

甘酸っぱくてグレープフルーツっぽい感じ。
 

料理は「YA-YA名物コリアンパスタ(750円)」をチョイス。
キムチがたっぷり入っていて、かなり辛口なパスタでしたよ。

辛いけどおいしいです。

 
ドリンクは12種類の中から選べるので、紅茶にしてみました。
「本日のフレーバーティー」にしてみても面白かったかも。

今度はフレーバーティーにしてみます。

 
写真ではわかりづらいかもしれませんが、
このお店の氷は大きな球形をしていますよ。
空になったコップに水を注ぎに来る時も、
ピッチャーではなくてワインボトルに水を入れて運んでくるのが
さり気なくオシャレな感じですな。

面白い形の氷ですな。

 
こちらは「角切りベーコンのアマストリチアーナ(トマト味)(850円)

こちらも美味。

 
「グレープフルーツジュース」にも
大きな球形の氷が3個入っていました。

氷がゴロゴロしてます(笑)

 
どれも美味しかったし、店内も落ち着いた雰囲気だったので
いずれまたこのお店を訪れたいと思います♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−

その後は、中三でこれまた今日から始まった
『大北海道展』に行ってきました。

ヤマキ末広庵』が「北の地図(140円)」の実演販売をしていたので、
その様子を思わず見学してみたり。
 

まずは金型の片側(出来上がったときに上になる方)にだけ
生地と具を流し込んでしばし焼き…

金型はもちろん北海道の形。

 
程よく火が通ったところで、今度は下半分に生地を流し込み。

素早い職人技です。

 
金型をパタンと合わせて焼き上げれば完成!

こういう仕組みになっていましたか。

 
そして完成品がこちら。
北海道の形をしており、真ん中に「北の地図」と言う文字が
大きく入っていますよ。

まさしく北の地図。

 
変わった形の大判焼き、といった感じで、
中身はつぶあん、チーズ、夕張メロン、かぼちゃ、クリームの5種類。
焼いている様子を目の前で見ることができるのが楽しいですね。

 
ちなみに外箱には「試される大地」というフレーズが。

どうやら北海道のキャッチフレーズらしい。

一体誰が何について試されるというのか?
もしや札幌は試練の地なのだろうか。謎ばかりが深まる今日この頃。
 

(11/17追記:「試される大地」というのは北海道の公募キャッチコピーだそうです)

らくがき帳に戻る

TOPページに戻る

←10月下旬へ

11月下旬へ→