昔のらくがき帳
(2015年5月下旬分)
←5月上旬へ    6月上旬へ→

5月25日(月)

今日は横手市に行ってきました、そんなりあですこんにちは。

昼ごはんは横手市十文字町にある
デリカテッセン&カフェテリア 紅玉』で食べました。

ここはお惣菜屋さんなのですが、2階がカフェテラスになっていて、
ランチやデザートを味わうことができるのです。

今日は「デリセット(6品セット)(950円)」を注文。
ショーケースの中のお惣菜から、
自分の好きなものを6品選ぶことができます。
それにご飯と味噌汁が付いてきますよ。

ご飯は白米と玄米から選べるので、玄米にしてみました。
上にエゴマがかけられています。

地場産の食材や旬の食材を使ったお惣菜が多くて、
どれも美味しかったです♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、今日横手市までやってきた目的は、
4/25〜5/31まで『まんが美術館』で開催されている
「東村アキコ原画展」を見に行くこと……だったのですが、
月曜日が休館日だという事を現地に着いてから知りました(汗)
ちゃんと調べてから行けばよかったorz

まあ、私は5/14に一度見に来ていて、
今日はそのとき時間がなくて見られなかった分を見に来たので
大丈夫といえば大丈夫なのですが、
やはりちょっとショックですな。なんてこった。

そんなわけで目的がなくなってしまい、
とりあえず道の駅十文字に行ってみたりしていたところ、
こんな張り紙を発見しました!

所さんの「笑ってコラえて!」のダーツの旅が
この横手市十文字町に来たそうで、
その模様は6月17日(水)に放送されるそうです。

『減反画廊』の前にもこんな看板が。
ダーツの旅で紹介されたということよりも
佐々木希が来たという事の方を大々的にPRしているあたりが
ちょっと面白いです(笑)

ちなみにこの「減反画廊」は、その名の通り
減反で空き地となったこの場所に花を植え、
十文字町出身の皆川嘉左ヱ門氏の彫刻を展示しているのだそうです。
「百姓、今の世相を彫る」と書かれた看板も立っていて、
これらの彫刻に農民の思いが込められている様子が伝わってきますよ。

広場には様々な彫刻が展示されています。

 

すぐ横は国道342号線。道路を挟んだ向かい側にはローソン。
道路を通る車からも、彫刻が立ち並んでいる様子を見ることができます。

彫刻にはそれぞれタイトルが付けられています。
これは「ヘビと男女神」とのこと。

すぐ隣は田んぼで、ちょうど田植えの準備真っ最中でした。
リアルな彫刻の後ろをトラクターが行ったり来たりしているのは
なんとも不思議な光景ですね(笑)

そんな感じの減反画廊でした。

 

らくがき帳に戻る

TOPページに戻る

←5月上旬へ    6月上旬へ→