昔のらくがき帳
(2016年3月上旬分)
←2月下旬へ    4月上旬へ→

3月3日(木)

転勤したと思ったらいきなり二泊三日の出張になって
てんやわんやしておりました、そんなりあですこんにちは。

ちなみにこの後もすぐまた盛岡出張です。
その後はその後でまためっちゃ忙しくなる模様。
私が家で心からゆっくりできるのは一体いつになるのだろうか(遠い目)

まあそんな感じで家を空けてばかりなので、
せめて夫にお土産でも買って帰らねばなりますまい、というわけで
盛岡駅をうろうろしていたら、
駅の1階に『グッディ・フォーユー六本木』のお店が出ていたので
買ってみることにしました。
どうやら3/1〜3/14の期間限定で催事出店しているようです。

これは「ムーンクリームスコーン(320円)」です。
スコーンを半分に切り、
そこにホワイトチョコ、生クリーム、練乳、洋酒で作ったクリームを
サンドしているという一品。
シュークリームみたいな見た目が面白いですね。

スコーン部分はサクッとしているのかと思いきや、
かなりしっとりした食感でした。

こちらは「笑っていちごのチーズケーキ(1,180円)」です。
直径約12センチのしっとりしたタイプのチーズケーキの上に
イチゴがのっていますよ。
「笑っていいとも!」 でも紹介されたと店頭に書かれていました。

どちらも普通に美味しかったのですが、
良くも悪くも「普通」だなーという印象でした。
見た目のインパクトがある分、若干肩すかし感が(謎)

お土産って選ぶのが難しいなぁと思う今日この頃です。

3月8日(火)

度重なる盛岡出張から帰ってきてグッタリしております、
そんなりあですこんにちは。

今回のお土産は『南部せんべい乃 巖手屋』の
「チョコ南部(10粒入り540円)」にしてみました。
定番のお土産品らしく、あちこちで販売されていましたよ。
「チョコ南部グラノーラ」や「チョコ南部プレミアム」などの
味違い・形違いの商品も多数販売されている模様。

中身は1個ずつ個包装になっています。

中はこんな感じ。
岩手のお土産は「南部せんべい」が有名なのですが、
この商品は落花生の入った南部せんべいをクラッシュして
チョコレートでコーティングしたという一品です。

裏面の説明書きによると、このチョコレートは
日本国内基準に基づいた「ピュアチョコレート」のみを使用し、
国際基準である「クーベルチュール」の規格にも相当しているそうです。
なんというこだわり。おそるべしチョコ南部。

食べてみると、ザクッとしたチョコクランチで、
チョコが程よい甘さで美味しいですね。
混ぜ込まれているピーナッツがまた良いアクセントになっています。

あっという間に全部食べてしまったので、
今度盛岡に行く機会があったらまた買ってこようと思いました。

 

らくがき帳に戻る

TOPページに戻る

←2月下旬へ    4月上旬へ→