昔のらくがき帳
(2016年7月上旬分)
←7月下旬へ    8月下旬へ→
 

8月5日(金)

映画「シン・ゴジラ」を見てきました、そんなりあですこんにちは。
(以下、ネタバレ等は特にないですが
気になる方は読み飛ばす方向性で)

監督があのエヴァンゲリオンの庵野監督だというので、
エヴァの映画に散々辛酸をなめさせられてきた私としては
「これ、物語が途中で終わるんじゃないだろうな…」と
映画を見る前(見ている最中も)気が気じゃなかったのですが、
そんなことはなくちゃんと終わったので一安心。
これから見る皆様も安心して見ていただきたい。

この映画はゴジラVS何かの怪獣、みたいな娯楽映画路線ではなく、
初代ゴジラの映画を思わせるような
シンプルで強いメッセージを含んだ映画だなーというのが
見終わった後の印象です。

初代ゴジラは「東京大空襲」「原爆・水爆」「厄災」のメタファーでしたが、
シン・ゴジラが何のメタファーなのかは
映画の中で割とわかりやすく描かれていると思います。
だからこそ現実を振り返ると、色々考えさせられるものがありますね。

映画を見る前は「何でエヴァの映画を中途半端にしたまま
ゴジラの映画を作ってるんだ、庵野め許さん」とか思ってましたが、
見た後は「面白かったから許す!」と思いました(笑)

 

らくがき帳に戻る

TOPページに戻る

←7月下旬へ    8月下旬へ→