らくがき帳

4月17日(水)

秋田市の草生津川沿いの桜の様子を見に行ったら、日当たりが良い場所の木が咲き始めていました!

今後気温が高い日が続くので、秋田市内の桜はあっという間に見頃になりそうですね。千秋公園は小高い場所にあるので毎年見頃が遅めですが、それ以外の桜は今週末くらいに見頃になりそうな予感。

今年も秋田県内のお花見情報をイベント情報のページにまとめてあるので、見る方はこちらからどうぞ。

-----------------

-----------------

4月11日(木)

NHKの「みんなのうた」の4~5月の曲で「花さかニャンコ」という歌が流れているのを見ました、そんなりあですこんにちは。

この曲、絵もすごくかわいいし、曲調もポップだし、内容も不思議なニャンコがあちこちに花を咲かせていくというほのぼのした話なのですが、聞いていてなんだか妙に不安になるというか怖い歌だな…と何かが引っかかったので調べてみたら、過去にみんなのうたで流れていた「まっくら森の歌」を作った谷山浩子さんの歌でした。あの歌、数十年たった今でもトラウマになっている人が多いですよね。私は「まっくら森の歌」はそんなに怖くなくて、大貫妙子さんの「メトロポリタン美術館」の方が怖かったですけど。

それでさらに調べてみたら、谷山さんの歌には「あたしの恋人」とか「王国」のような、独特の世界観かつ少し闇を感じる歌詞のものも多いのですよ。

で、花さかニャンコの歌を聴いていると、「指にも花を ピポパポパ」「鼻にも花を ピポパポパ」「仲間がどんどん ふえていく」のあたりから私はこの歌に怖さを感じ始めますよ。子供向けのほのぼのしたファンタジーのはずなのに、地球も宇宙もお花でいっぱいになって良かったねーと単純には思えない何かが潜んでいるこの感じ。お分かりいただけるだろうか。

ネットを見ると同じように感じている人が少なからずいるようなので、私だけじゃなかったということにひとまず安心している今日この頃です。

 

4月9日(火)

娘が産まれてから今日で丸5ヶ月になりました!

1ヶ月前はあんなに寝返りに手こずっていたのに、今では右に左にと自由自在にゴロゴロ転がれるようになりました。ついに歯も生えてきましたよ。

以前はうつぶせで顔を上げると頭が重そうで、30秒もしないうちに力尽きてヘニョッと平べったくなっていたのに、今は首の力が付いたらしく、何分たっても非常にどっしりとした安定感がありますよ。気がつくとスフィンクスのようなポーズでニコニコしながらこっちを見ています(笑)

産まれてすぐの頃の写真を見ると完全にガッツ石松ですが、今はもうガッツ的な要素は ほぼなくなりましたよ。生きるだけで必死だった頃と違って「遊ぶ」という概念が出来てきたり、日に日に表情豊かになっているのが面白いです。

そろそろ離乳食を始めるにあたって勉強せねば…と思ったので、とりあえず本を1冊買ってみました。

はじめてママ&パパの離乳食

食材ごとの調理のポイントや、赤ちゃんの月齢に応じたつぶし具合などが詳しく書かれています。全ページフルカラーですごく読みやすい!さすがamazonでベストセラー1位を獲得しているだけのことはありますね。

離乳食の基本ルールや進め方がわかりやすくまとめられていて、1食分の目安量もこんな風に一覧表になっています。

離乳食レシピも載っているので、具体的にどういうメニューを作ればいいかがわかるのも嬉しいです。

これからまたいろいろ大変になるんだろうな…とは思いますが、なんとか頑張っていきたいと思います!

 

4月8日(月)

2017年に支援した、夜麻みゆき先生の『漫画「刻の大地」塔の戦い編完結プロジェクト』が完結して、今日リターンが届きましたよ。

 

私は「単行本コース」を選んだので、箱の中には単行本1冊とポストカード1枚、ミニポスター1枚、クリアファイル4種類が入っていました。

刻の大地の10巻と並べると、完結編の単行本はサイズが小さいです。紙質も少しザラッとしていますが、まあ許容範囲内ですかね。ページ数は258ページあります。

完結編の単行本には、10巻に収録されていなかった76話から78話(Gファンタジー連載分)と、描き下ろしの79話から90話が収録されています。

絵柄は大幅には変わっていないものの、やはり当時とは少しだけ変わっていますね。描き下ろしの最初の数話は十六夜とイリアの作画が安定していないし、カラーイラストを見ると色の使い方がそれまでと違うので、どうしても違和感を覚えます。でもさすがに連載終了から10年以上たっているので、その辺は変化していて当たり前ですよ。

イールズオーブァやザードの謎、ナドゥのオリジナルの存在、ジェンドの過去など、まだまだ謎のままのものが多いですが、とりあえずこれでひとまず塔の戦い編が完結して、物語的には区切りがいいところで終わりました。2002年からずっと続いていた、未完のままのモヤモヤが解消されてスッキリですよ!

プロジェクトを支援した人にはこうして一足早く単行本が届きましたが、4月24日から一般販売もされます。

刻の大地 塔の戦い完結編

クラウドファンディングで皆で支援して、諦めていた未完のマンガの続きが読めるようになるなんて、本当にいい時代になったなーと思いました。

 

←もっと前の日記を読む