らくがき帳

9月20日(金)

アイロンが突然壊れた今日この頃。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ワイシャツにアイロンがけをしていたら、急になんだかアイロンが滑らなくなりまして。おかしいな?と思った瞬間、焦げ臭いにおいがしてきて、あわててよく見たら、ワイシャツが熱で溶けて縮れていました。

手元の切り替えスイッチは中温+スチームにしていたのですけれど、これは明らかに「高温」の温度すらも通り越して異常発熱している状態ですよ!急いでスイッチを切ってコンセントから抜いたら、それ以降もう電源が入らなくなりました。さようならアイロン…。

裏面のシールを見ると「96年製」と書かれていました。23年前の商品なので、そりゃ壊れるのも当たり前ですね。むしろ今までよく持ったもんだ。

それにしても、アイロンが壊れる時はてっきり『最近なんだか温度が上がらないなー』とか『給水タンクにヒビが』とか『あれ、電源が入らない??』みたいな穏やかな壊れ方をするものとばかり思っていましたが、今回のように数秒前までごく普通に使っていたアイロンが突然異常発熱してぶっ壊れるということもあるんだなーとわかって怖くなりました。

たまに「古い家電から発火して火災が発生し…」みたいなニュースがありますが、こういうことなんだなと理解しましたよ。こっちが想定しているような壊れ方をするとは限らないですね。古い家電をずっと使い続けるのも考え物なのかもしれない。かといって買い換えるお金なんてないけど(汗)

とりあえずアイロンがないと困るので、東芝のコード付きの安いやつを購入しました。程よい大きさと重さだし、給水タンクを外せるし、まあこれでちょうどいい感じ。

唯一の誤算は、底が丸っこいので、アイロン台のアイロンをのせる所に置くと転がり落ちるということなのですけど(汗)

平らな場所に置くと自立するんですが、このタイプの置き場だとうまく立たずに倒れてしまいます。まあアイロン台の隅っこか、畳の上に立てればいいか。

一人暮らしを始めた時に買った家電が、また一つ旅立っていった…と思うとなんだかしんみりしてしまいますが、新しいアイロンも今までのアイロンと同様に大事に使いたいと思います。

-----------------

【スポンサーリンク】

-----------------

9月9日(月)

娘が10ヶ月になりました。あっという間にどんどん大きくなっていくなぁ…(嬉しいような寂しいような複雑な心境)

ついこの間まで必死に寝返りを頑張っていたのに、今ではつかまり立ちをしたり、高速でハイハイしたりと、部屋の中を思うがままに動き回っています。子どもの成長って早いですな。

言葉はまだ話せないですが、「あ」とか「うー」とか「ぶ」とかの発音に抑揚をつけて感情表現をしたり、視線やつかまり立ちや指しゃぶりなどの動作も組み合わせて、きっちり自分の要求を伝えてくるのがすごいです。たぶん私よりもコミュ力がある予感(汗)

今まで手が届かなかった場所に手が届くようになったり、開けられなかった扉を開けるようになってきたので、対応策に追われる毎日ですけれど、なんとか頑張りたいと思います。

 

8月26日(月)

昨日『万SAI堂』に行ったら「マスターソード靴べら」が売っていたので思わず購入してしまいました、そんなりあですこんにちは。

去年10月の「一番くじ ゼルダの伝説 ハイラルライフスタイル2」のA賞だったものです。このくじの1ロットは66個。そのうちA賞は2個なので、当たるのは単純計算で33分の1の確率ですね。

A賞が一番当たりにくい景品なのかと思いきや、いま調べたらB賞の「トライフォース時計」は1個なので66分の1の確率でした。
まあラストワン賞がトライフォース時計の色違いバージョンなので、狙って手に入らないという意味では、このA賞の方がレア度が高いということでしょうか。

外箱の角や持ち手部分が傷んでいましたが、そのおかげなのか お手頃価格になっていましたよ。

中身はこんな感じ。マスターソードの形をした靴べらと、三角形の台座が入っています。

電池は単3電池を2本使用します。スイッチは台座の裏側にありますよ。

電源を入れ、台座に剣(靴べら)を刺してセット完了!

さっそく剣の柄を手に持って台座から抜くと、『シャリン!』という金属音の後、マスターソードを入手した時のあの荘厳なBGMが流れます。
靴べらなのに無駄にかっこいいですよ!長く厳しい冒険の中でようやくマスターソードを入手したリンクの気分が味わえますね。マスターソード折り畳み傘に続いて我が家にまた謎のアイテムが増えてしまったけど気にしない方向性で(遠い目)

よく考えたら私はゼルダの伝説は「時のオカリナ」しかプレイしたことがないので、いつか他のシリーズもプレイしてみたいなーと思いました。

 

←もっと前の日記を読む