らくがき帳

9月16日(日)

今日は山形県山形市で開催された「日本一の芋煮フェスティバル」に行ってきました!

写真が多くなったので別ページにまとめました。読む方はこちらからどうぞ。

-----------------

-----------------

9月8日(土)

秋田市のアゴラ広場で「秋田バスまつり」が開催されたので、見に行ってきました。

路線バスが展示されていたり、横手焼きそばの屋台があったり、ステージイベントがあったり、羽後交通オリジナルグッズが販売されていたりと、いろいろな催し物を楽しめるイベントなのですが、今日は残念ながら雨が降っていたので早めに退散。

バスグッズチャリティバザーのコーナーも見てみましたが、今年はあまりグッと来るものがなかったので、観光バスの廃品のアナログ温湿度計のみ購入してみました。

また我が家に謎のグッズが増えてしまった…という気がしないでもないですが、かっこいいので気にしない方向性で(笑)

-----------------

西武秋田店で9/5~9/11の期間中「全国うまいもの味めぐり」が開催されているので、そっちも見にいってきました。初登場だという『北の菓子 菓風』の「北国のいちご大福(6個入940円)」と「6種のオムレット(1,458円)」が気になったので購入。

とりあえず北国のいちご大福を食べてみることに。箱はこんな感じで、目を閉じた女性の横顔のデザインになっています。

箱を開けるとこんな感じ。

個包装をあけると、中には真っ白な大福が入っています。割と小振りで上品なサイズ。

ナイフで半分に切ってみましたが、柔らかすぎて形が崩れてしまいました。中には生クリームと細かくしたいちごの果肉が入っていましたよ。程よい甘さで美味しかったです。

こちらは『Dining 萬來』の「黒豚角煮弁当(1,296円)」です。その名の通り、黒豚(さつま豚)の角煮がご飯の上にのっていて、半熟煮卵と漬け物が添えられています。別添えでカラシの小袋が付いてきました。

この角煮がすごく柔らかい!口に入れるとホロホロと溶けていくし、脂身部分もよくある角煮のようなしつこさがなくて美味しいですね。

「トリトン弁当(1,080円)」は海のトリトン…ではなく、鶏肉と豚角煮のお弁当です。鶏肉は炭火焼き風味。角煮は黒豚角煮弁当とは豚肉の種類が違う(六白黒豚)そうで、やや硬めの食感ですね。

どちらの角煮も秋田県民的にはやや味付けが甘めなので、カラシを使うとちょうど良い感じかも。どちらも美味しかったです。

-----------------

その後は、秋田駅の1階に新しく『yuwa MILK STAND』というお店ができたというので、行ってみることにしました。ここはテイクアウトスイーツ専門店で、9/1にオープンしたそうです。秋田県産牛乳を使ったソフトクリームやパフェ、スフレサンドなどを購入できますよ。

私の目的はやはりソフトクリーム!というわけで「雪国ミルクソフト」をチョイス。朝一番に搾った秋田産牛乳をソフトクリームにしているそうです。容器は「コルネ(420円)」か「カップ(300円)」を選べるというので、コルネにしてみました。

形はコロネパンなのですが、普通のコロネパンとは生地が違いますね。パンよりもドーナツやクロワッサン寄りな感じで、表面にはシナモンシュガーがまぶされています。これはチェコの伝統的菓子「トゥルデルニーク」をヒントにして作られたオリジナルコルネなのだそうですよ。

ソフト部分は程よい甘さで後味がスッキリしている感じ。コルネ部分はシナモンが結構効いているので好みが分かれそうな気がしますが、生地が厚手で食べ応えがありました。

 

9月7日(金)

秋田市の菓子舗榮太楼で9月1日から「シャイなマスカット(150円)」を発売開始したというので、購入してみました!

一口サイズの小さな大福の皮の中には、シャインマスカットの実が丸ごと1粒入っています。チョコペンで顔が描かれているのですが、1個1個ちょっとずつ顔が違うのがまた愛嬌があってかわいいですね。

美味しいし見た目も面白いので、ちょっとしたお土産などにちょうどよさそうだなーと思いました。

 

9月6日(木)

ようやく台風が去って一安心…と思ったら、北海道で震度7の地震が起こりましたよ。猛暑に豪雨に台風に地震と、今年は災害が多すぎる気がします。いくらなんでも異常気象すぎる。

まだ余震が続いているし、北海道の広範囲で停電が続いているようですが、1日も早く落ち着いた生活を取り戻せるように祈るばかりです。

 

←もっと前の日記を読む