らくがき帳

12月3日(火)

秋田市の『ラ・フランス』のクリスマスケーキのチラシを何気なく見ていたら、10号サイズのものまであってびっくりしました、そんなりあですこんにちは。

一般的なホールケーキはだいたい4号(直径12センチ・2~4人分)か5号(直径15センチ・4~6人分)なので、10号サイズともなると超ビッグサイズですよ!
直径30センチで、約14~16人分もあるホールケーキはかなりのインパクトがありそうです。一度見てみたいし食べてみたい。

調べてみると秋田市内で他にも10号サイズのホールケーキを注文できる店がちらほらあるようです。今まで気が付かなかったですよ。なんてこった。
さすがに大きすぎるし値段が高いので気軽に注文はできませんけど(汗)

「いつかビッグになったら大人数のオシャレパーティーを開いて、10号サイズのケーキを食べてみたい」という謎の野望がまた増えてしまいました(遠い目)

 

11月9日(土)

娘が今日で1歳になりました!

バースデーケーキは私の誕生日の時と同じく、秋田市千秋矢留町の『Pocket』にしましたよ。
今回は白ベースに花の形のクリームが飾られているデザインです。前回はケーキのふちを均等にぐるっと囲むような花の配置でしたが、今回は片側から下に向かって流れるような花の配置にしてもらいました。

-----------------

1歳は子供に「一升餅(誕生餅)」を背負わせてお祝いするようなので、秋田市の『菓匠 美月庵』に予約をして一升餅を作ってもらうことに。

お餅を紅白の二個にしたり、小分けにしたり、文字(名前とか寿とか)を入れたりもできるそうですが、やはりここは昔ながらのスタイルで一升のお餅を丸ごと1個だろう!というわけで、シンプルな白くてデカいお餅にしてもらいました。値段は税込2,800円でしたよ。

箱の中にはお祝いの絵も入っていました。
印刷された絵ではなくて、文字も絵も和紙に全部手書きされていますよ!
娘の干支の戌の絵と名前、そしてメッセージが書いてあります。ありがたいですね。

一升のもち米は約1.8kgで、それに水分が加わるので、出来上がったお餅は2kgほどの重さになります。

ちょうど土曜日だったので、実家に行って風呂敷でお餅を背負わせたのですが、体重9kgほどしかない1歳の子供に2kgのお餅は当然重過ぎるので、ペタッと尻もちをついて泣いてしまいました。撮った写真も泣き顔ばかり。
まあ一升餅のイベントはどの家もだいたいそんな感じのようなので、これで良しという方向性で。

お餅は切り分けてお汁粉などにしましたが、和菓子屋さんのお餅だけあって美味しかったです♪

-----------------

毎月言ってますけど、あっという間に娘が大きくなっていきますよ!
ついこの間産まれたばかりのような気がしますが、もう1歳になりました。

まだ歩くことはできませんが、時々支えなしで30秒以上立ったりしているし、感情表現もだいぶ豊かになってきました。
ボールを片手でつかんだり、プーメリーのボタンを自由自在に押してみたりと、手先も器用になってきましたよ。

日に日に「乳児」から「幼児」に近付いていっているのが嬉しいようなさみしいような感じもしますし、2~3歳で訪れるであろう「イヤイヤ期」も今から心配ですが、頑張って成長を見守っていきたいと思います。

 

←もっと前の日記を読む