らくがき帳
 
クレヨン

TOPページに戻る→

Twitter:@ria_cat

◆Twilogを見る

9月8日(金)

夜の10時過ぎにパソコンをしていたら
いきなり「ズズン!」という縦揺れを感じたので、
「ん?近所を大型トラックでも通った??」と思っていたら、
若干遅れてスマホの緊急地震速報が鳴り出したので
そこでようやく「地震だ!」と気が付きましたよ(汗)

震源地は秋田内陸南部で、大仙市のあたりで震度5強だったようです。
家のあたりは幸いほとんど揺れなかったので何の被害もないですが、
あの『ヴィッ!ヴィッ!ヴィッ!!』という独特の警戒音は
何回聞いてもビクッとするし、心臓に悪いですな。
またミサイルなのかと思って超怖かったですし。

秋田県はここ数ヶ月の間、大雨による水害が2回もあった上に
ミサイルが上空を通過するわ、地震も来るわで
なんとも災難続きですね…。一体どうしたことか。

とりあえず、防災リュックは先日点検して
中の水や食料、電池などを新しいものに入れ替えてあるので、
余震に注意しつつ、何かあったらこれを担いで逃げようと思います。

9月7日(木)

「国道ピック」を購入しました、そんなりあですこんにちは。

これはその名の通り、国道標識の形をしたピックなのです。
私は何も楽器を弾けないのですけれど、
秋田県民になじみの深い「国道7号」と「国道13号」が入荷したとあっては
買いに行かないわけにはまいりますまい。

ちなみにイオンモール秋田の島村楽器で購入しましたよ。
1個108円というお手ごろ価格なので、
気軽に国道気分を味わいたい方にはちょうど良いアイテムかもしれず(謎)

現在2枚ともパソコンの前に飾っています。
私のパソコンの周りにはすでに
「バスの降車ボタン」とか「乗務員名札差」とか「吊り革」とかの
謎なアイテムがてんこ盛りなので
ある意味カオスな事態になっていますけれど、
とりあえず気にしない方向性で(汗)

9月2日(

秋田市のアゴラ広場で「秋田バスまつり」が開催されたので、
見に行ってきましたよ。

会場にはバスの車体が展示され、
出店やステージイベントなども行われていてにぎやかです。

本日の戦利品その1。 行先板とかいろいろ。
親しみのある「大潟村」は見逃すわけにはいかなかった…!

戦利品その2。細々したプレートとか。
「乗務員名札差」はさっそくパソコンの横に飾ってます(笑)

戦利品その3。本物の吊り革です。
去年入手し忘れたので、今回購入できて良かった。
そういえば今年は乗降ボタンが少なかったなー。
バスの廃品を放出している物なので、
ほしい物がその年にあるかどうかは完全に運ですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

その後は、男鹿市で開催された
「秋田国家石油備蓄基地見学会」へ。

普段見ることができない石油備蓄基地の中を、
今日はバスで案内してくれるのですよ。
見学バスは15分おきに出ていて、事前予約等もいらないので、
気軽に参加することが出来ます。

敷地内はかなり広く、様々な設備があるのが見えます。
バスの中では係員の方が、各設備の役割について説明してくれますよ。

あっちにもこっちにもパイプがいっぱい!
複雑極まりない構造です。かっこいい。

車が通る場所は、パイプもこんな風に立体的になっています。

そしてこれが石油タンクを上から見たところ。
写真真ん中の一番下のあたりにある黒い影が人間の大きさです。
これと比べると、このタンクがどれほど大きいのかわかってもらえるかと。

石油の安定供給の為に大切な役割をになっている、
国家にとって重要な施設なのですね。
今回、石油備蓄基地について深く知ることができて良かったです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

「防災船乗船体験」の受付は終了していたので、
出店コーナーやイベントステージなどを見て回ることに。

入り口でもらったアンケート用紙に
ババヘラアイスの引換券とドリンク引換券がついてきたので、
無料でババヘラアイスを食べたり冷たいドリンクを飲んだり。

アンケートに答えたら、クリアファイルとエコバッグをもらいました。
毎回大盤振る舞いで非常にありがたいです。

お腹がすいたので「なまはげバーガー(500円)」を購入。
何度か食べたことがありますが、
秋田錦牛を使ったパティとレタス、トマト、卵を挟み、
テリヤキソースで味付けした一品です。美味。

こちらは「ナンカレー(500円)」です。
秋田市にある「ピーコック」というインドレストランの出店なので、
カレーがスパイシーで本格的でした。こちらも美味。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

お次は同じく男鹿市で開催されている
「男鹿ぐるめマーケット」の会場へ。

途中でこんな看板を発見しました。
来年の7月に男鹿市に複合観光施設ができて、
道の駅にも登録される予定だそうです。

会場には地元グルメの屋台や物販コーナーのテントが色々出ていて、
ステージではちょうど「石焼鍋の調理実演および振舞い」が行われていました。

「石焼鍋」というのは、男鹿の漁師たちが磯のくぼみなどを利用して
食材を調理して食べていたものが始まりだそうです。
今では地元グルメになっており、男鹿半島近辺の旅館や郷土料理屋などで
味わうことができます。

まずはだし汁が入った大きな桶の中に、鯛やネギなどの具材を豪快に投入。

そして、炭火の上でアツアツに熱した大きな石を
桶の中に何個も入れていきます。

だし汁は石の熱によって一瞬でボコボコと激しく沸騰し、具材に火が通っていきます。
この豪快さが「石焼鍋」の魅力なのですよ!

普通の石だと、火で熱したり鍋に投入したりすると
高温や急激な温度差で割れたり砕けたりしてしまうのですが、
男鹿半島で採れる「金石(かないし)」という石は火成岩で、
熱に非常に強い性質があるので、こんな使い方ができるとのこと。

アクを取って味噌で味付けし、完成!
出来立てアツアツの石焼鍋が、会場の皆に振舞われます。

ぶつ切りにされた鯛が豪快に入っていますね。

身がふっくらと柔らかくて美味しかったです。

出店に、秋田産の果物を使った
生ジュース(300円)が売っていたので購入することに。

「秋田県産スイカの生ジュース」は
まさしくスイカそのもの!と言う感じでした。
美味しいのだけど、カットスイカを食べているような感じで、
あまり生ジュース感はないかも知れず(汗)

こちらは「男鹿産ブルーベリーの生ジュース」です。
甘酸っぱくてフレッシュで良い感じ。

そんな感じで、男鹿のイベントを楽しんだ1日でした。

8月29日(火)

朝の6時にすやすや寝ていたら
北朝鮮からのミサイル発射を知らせるJアラートで起こされました、
そんなりあですこんにちは。

最初、枕元に置いていたスマホから
『♪ピンポンパンポンピ〜ン ピンポンパンポンピ〜ン♪』という、
エリアメールを受信した時に流れる
どことなくのんきなチャイムの音が流れたのを聞いた時は、
「先月の時みたいに、また大雨で河川が氾濫しそうになって
避難勧告が出たのかな?」と思ったのですが、
スマホの画面に表示された
「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。
頑丈な建物や地下に避難して下さい。」の文字を見て一気に青ざめましたよ。

とりあえず、同じようにエリアメールの音で目を覚ました夫に
「大変だ!ミサイルが発射された!!」と伝えて、
一体この後どう行動するべきか…と、寝起きでまだ鈍い頭をフル回転。

「頑丈な建物や地下」と言われても、
このアパート周辺はごく普通の住宅地で、
頑丈だったり地下があったりする建物は存在しないのですよ(汗)

以前何かで「北朝鮮からのミサイルが
日本に到達するまでにかかる時間は10分足らず」
「政府がミサイルの発射を確認してその軌道を計算し、
日本に飛来する可能性が高いと判断して、Jアラートを発動するのに数分かかる」と
聞いたことがあるので、もしその通りだとすると、
Jアラートからミサイル着弾までの猶予は5分ほどしかない計算に。

この付近の頑丈な建物で思い当たるのは小学校ぐらいのものですが、
朝6時に入り口が開いているのかどうかは不明。
そしてもし大急ぎでパジャマから普通の服に着替えてダッシュで移動しても、
アパートから小学校までは結構距離があるので、5分以内にたどり付くのは無理…。
一体どうすればいいというのか(汗)

結局、屋外で無防備な状態でミサイルの爆風にさらされるよりは
このままアパートに留まっていた方が生存率が高いのでは…と判断して、
窓から離れて床に伏せて頭から布団をかぶり、生き残りを図ることにしました。
超怖いけど、もう他に方法がないし!(涙)

先月の大雨の後、念のために
Yahoo!防災速報」のアプリをインストールしていたので、
そっちからもスマホに「国民保護情報」の通知が届いたのですが、
そこに書かれた対象地域には秋田県が含まれておりました。
範囲が広すぎるし、いつ落ちてくるかわからないし、
もはや恐怖以外の何者でもないですよ!
ついさっきまでのんびり平和に眠っていたのに、
まさか一瞬にして命の危険にさらされることになろうとは(泣)

現時点での情報が、この2つの通知しかないので、
今一体どうなっているのかを知るために
テレビでNHKを見るべきでは…と思ったものの、
秋田に着弾する可能性がゼロではない以上
下手にリビングに移動するのも危険な気が…。うーむ。

結局、スマホのワンセグでテレビを見たり
2ちゃんねるのスレで情報を確認したりしているうちに、
ミサイルが上空を通過したというエリアメールが入ってきました。
その後のニュースによると、ミサイルは津軽海峡付近を通過し、
襟裳岬の東1,180キロの太平洋上に落下したとのことです。

ミサイル本体は着弾しなくても
上空を通過した時に部品や燃料などが落ちてくる可能性もありますが、
その後のニュースを見る限り
今回は何の被害もなかったようで一安心です。
生きた心地がしなかったし、一時は本当に死を覚悟しました…。おのれ北朝鮮!

−−−−−−−−−−−−−−−−−

朝からこんな事態になってドッと疲れましたよ。
そういえば「国民保護サイレン音」が
家の外から聞こえてこなかった事に後で気が付きました。
このアパートの近くに防災無線の設備がないのかもしれません。
ということは、エリアメールの着信音に気が付かなければ
ミサイル発射にも気が付かない可能性が…。なんてこった。

秋田市の「防災ネットあきたメール」にも登録しているのですが、
こちらはミサイル発射時には何も配信されず、
6時38分にようやく「北海道上空を通過したものと推定されます」という
内容のメールが届いたので、Jアラートとは連動していない模様。

あと、身を守りつつスマホ一つで状況を把握するのは難しいので、
すぐにテレビを付けた方がいいなと思いました。
あらかじめ枕元に、NHKのラジオ第1にプリセットして
電池も入れてあるラジオを用意しておいて、
電源ボタン一つですぐにラジオを聞けるようにする方法もいいかも。

そういえば母方の祖母が昔、
「何かあったときにすぐ服を着て逃げられるように、
次の日に着る服は寝る前に枕元に置いておきなさい」と言っていたっけな…。
最近全然実践できていなかった…(反省)

等々、いろいろ思うところがあったので、
改善できるところは改善していきたいと思います。
でも、できればもう二度とこんな思いはしたくないですな。
何はともあれ、みんな無事で何よりです(涙)

←もっと前の日記を見る

◇秋田の嘘ニュースサイト「欠刊あきた多ウソ情報」の
ニュース記事を担当しています(8月1日更新)

◇欠刊あきた多ウソ情報のFacebookTwitterもよろしくお願いします。

   

最近読んだ本

銀の匙 Silver Spoon 14巻(荒川 弘)

ダンジョン飯 5巻(九井 諒子)

タイムスリップオタガール 2巻(佐々木 陽子)

舞妓さんちのまかないさん 2巻(小山 愛子)

古見さんは、コミュ症です。 5巻(オダトモヒト)


↓昔のらくがき帳
2017年 01 01 02 02 03 03 04 04 05 05 06 06
07 07 08 08
2016年 01 01 02 02 03 04 05 06 07 08 08
09 09 10 10 11 11 12
2015年 01 01 02 02 03 03 04 04 05 05 06 06
07 07 08 12 12
2014年 01 01 02 02 03 03 04 04 05 05 06 06
07 07 08 08 09 09 10 10 11 11 12 12
2013年 01 01 02 02 03 03 04 04 05 05 06 06
07 07 08 08 09 09 10 10 11 11 12 12
2012年 01 01 02 02 03 03 04 04 05 05 06 06
07 07 08 08 09 09 10 10 11 11 12 12
2011年 01 01 02 02 03 03 04 04 05 05 06 06
07 07 08 08 09 09 10 10 11 11 12 12
2010年 01 01 02 02 03 03 04 04 05 05 06 06
07 07 08 08 09 09 10 10 11 11 12 12
2009年 01 01 02 02 03 03 04 04 05 05 06 06
07 07 08 08 09 09 10 10 11 11 12 12
2008年 01 01 02 02 03 03 04 04 05 05 06 06
07 07 08 08 09 09 10 10 11 11 12 12
2007年 01 02 02 03 03 04 04 05 05 06 06
07 07 08 08 09 09 10 10 11 11 12 12
2006年 01 01 02 02 03 03 04 04 05 05 06 06
07 07 08 08 09 09 10 10 11 11 12 12
2005年 01 02 03 04 04 05 05 06 06 07 07
08 08 09 09 10 10 11 11 12 12
2004年 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2003年 01-02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2002年 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11-12
2001年 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2000年 11 12

←TOPページに戻る