らくがき帳

7月20日(金)

今日は土用の丑の日なので、今年も秋田市の『せきや』でうなぎの蒲焼き(2,700円)を購入しました!

活きうなぎをさばいて、50年変わらぬ秘伝のタレを使って店頭でじっくりと炭火焼きされたうなぎは、身が柔らかく、ふっくら焼きあがっていて美味しかったです。

うなぎの骨せんべいも購入。カリッと揚げられていて塩味がついているので、このままポリポリとおつまみ感覚で食べられます。

今年は暑い日が続いていますが、これで精をつけて、この夏の暑さを乗り切っていこうと思います!

 

7月19日(木)

ここ数年さぼっていた我が家のベランダ菜園で、今年はシソと万能ネギを育てているのですが、気温が高くなって日差しも強くなったせいか、急激に成長していますよ。

シソのプランターはこの他に3つある上、摘むと次の日には葉っぱが大きくなるので、毎日食べているのになかなか消費が追いつかない事態になっています。シソの生命力恐るべし。

万能ネギの方は、買ってきた万能ネギの根っこ付近を切って植えているのですが、根の状態が悪かったせいか、いつもよりも再生速度が遅いので、もう1回新しいものを植えなおそうかと思ってます。そんな感じの今日この頃。

 

7月15日(日)

今日は五城目町にある「ネコバリ岩」を見に行ってきました。

写真が多くなったので、別ページにまとめました。読む方はこちらからどうぞ。

 

7月14日(土)

新たなご当地ソフトクリームを求め、今日は男鹿方面に行ってきました。

まず訪れたのは、今月1日にオープンした『道の駅おが』。この中のレストランで「ぶりっこソフト(380円)」なるものが販売されているというのですよ。

こちらがそのPOP。秋田名物の魚「ハタハタ」の卵である「ぶりこ」を、なんとソフトクリームにのせてしまったという、非常にインパクトが強い一品です。

カウンターで注文し、しばしの後にぶりっこソフトが運ばれてきました…が……。

POPの写真よりも、ぶりこの量が明らかに少ない…。

POPの写真と同程度のソフトが来るものだと信じていたので、来た時に思わず「えっ、ぶりこが少ない」とつぶやいてしまいました。一体何なのこれ。

私だけ運が悪くて盛りが異常に少なかったのかな?と思ったのですが、ネットでぶりっこソフト(オープン直後は「ぶりこソフト」という名前で販売していた模様)を食べた人たちの写真を検索してみたら、1人を除いて他の人もみんなこの位のぶりこの量だったので、どうやらこれがデフォルトのぶりこ量のようです。

正直、道の駅おがや、男鹿半島そのものへの印象が悪くなるので、こういう写真詐欺的なことはやめてほしかったです。見本通りのものを出す気がないなら、POPの写真を差し替えるか、「写真はイメージです」とか書いておいてほしかった。

食べる前からそんな感じでちょっとガッカリしてしまいましたが、とりあえず食べてみることに。

ソフトクリーム部分には、バニラソフトの中に、ハタハタから作られる魚醤の「しょっつる」が混ぜ込まれていて、少ししょっぱい味がします。その上には、塩気がある本物のぶりこがトッピングされていますよ。生のぶりこではなくて もちろん加工されていますが、噛むとプチプチとした ぶりこの食感がはっきりと感じられて、なんとも不思議な感じ。

しょっつる+ぶりこなので、ある意味ハタハタの親子丼的な存在のソフトクリームですね。ソフト部分も ぶりこもどっちも塩味が効いているので、後味はちょっとしょっぱかったです。

ちなみにソフト部分だけ食べたい場合は「ぶりっこソフトのぶりっこ抜き(290円)」も注文できるそうですよ。(そうなると、ただのしょっつるソフトのような気がしないでもないですが)

-----------------

次に向かったのは、同じく男鹿市にある『お菓子のゴンタロー』です。今回は船越店に行ってきました。

目的は、ここで販売されている「フローズンキャンディ」です。アイスキャンディの中に果物の果肉がゴロゴロ入っていて、見た目も涼しげで華やかなアイスなのですよ。

地元男鹿の若美メロンや男鹿梨が入ったアイスの他、様々な果物や、紅茶や抹茶、黒糖、セル(なまはげの塩)が入ったものなどなど、種類がとにかく豊富!全部で20種類以上のアイスキャンディがケース内にずらりと並んでいます。見ているだけでワクワクするし、どれにしようか本気で悩みますね。

今回は「フルーツミックス(345円)」をチョイス。リンゴ風味のアイスキャンディの中に、イチゴ、キウイ、オレンジ、ブルーベリーの果肉がゴロゴロと入っています。美味。

こちらは男鹿の若美メロンを使った「メロンメロン(367円)」です。ミルク風味のアイスキャンディの中に、オレンジ色と緑色の2種類の大きなメロンの果肉がゴロンと入っています。こちらも美味。

他の種類も気になるので、男鹿に来たらぜひまた立ち寄りたいと思います!

-----------------

最後は潟上市の『小玉醸造』へ。ここは日本酒や醤油、味噌などを作っている会社なのですが、蔵の見学(要予約)なども行っていて、売店では商品を購入することもできるのです。

私の目的はもちろんご当地ソフト!秋田県が開発したオリジナル麹の「あめこうじ」を使った「あめこうじソフトクリーム(300円)」です。

小玉醸造があめこうじを使って作った甘酒が入っていて、ほのかに甘酒の風味がします。口どけもなめらかで美味しかったですよ。

そんな感じで、ご当地ソフトを食べ歩いた1日でした。

 

7月10日(火)

1日に男鹿市のオガーレ(道の駅おが)と猫岩を見に行ってきた時の日記を書き上げました!

写真が多くなったので、別ページにまとめました。読む方はこちらからどうぞ。

 

←もっと前の日記を読む