←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る

アイスの名前 ソフトクリーム
お店の名前 マルカンデパート(岩手県花巻市上町6-2)
値段 140円

 
「花巻市にすごいソフトクリームがある」と言う噂を聞き、
それ以来ずっと「機会があったら食べに行ってみたい」と
ひそかに思い続けていたのですが、
ようやくそのチャンスがやってきました!

かなり有名なソフトクリームなので
聞いたことや食べたことのある方も多いと思いますが、
生まれて初めてマルカンに来て、その実物を見た私には
強烈なインパクトがありましたよ。
 

まずは、何も言わずに下の写真を見ていただきたい。
 

 
もう、思わず笑ってしまうぐらい大きいです(笑)

コーンの上にソフトがきれいな渦を描きながら
垂直にそびえ立っていますよ。
その量は、普通のソフトクリームの軽く2、3個分はあります。

さらに信じられないのは、これでたったの「140円」だということ。
デカイだけでもびっくりなのに、値段の安さでまたびっくり。

驚きつつ、ふと店内に目をやると、
『襟と袖口だけが白い、紺色の制服+真っ白いエプロン。
そして頭にはメイドっぽいひらひらした飾り(←名前がわからない)をつけた、
まさにウエイトレス(というよりメイド?)という格好』の
店員さんたちが普通に歩き回っているし。
(↑もちろん、かなり年配の店員さんも全く同じ格好)

なんだかもう、信じられないことばかりですよ。
一体どうなっているんだ、マルカンデパート!?

撮影しつつソフトの巻きを数えてみたら、ちょうど10回転。(←9回転半かも?)
話によると、傾いたりゆがんだりしていない
このような見事な形のソフトクリームを作れるのは、
熟練した技を持ったおばちゃんだけなのだとか。

ソフトクリームを作り続けて30年のおばちゃんが
テレビで紹介されたこともあるらしいですよ。
こうなると、もはや職人というか芸術品ですね。

ちなみに中はきれいな空洞になっています。まさに匠の技。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

撮影している間にソフトが溶けかけてきたので、
おいしいうちにさっそくいただきます♪
 

しかし、時間がたつにつれて表面が溶けてくる上に、
うかつに持ち上げたら倒壊する可能性が高い
この巨大なソフトクリームを一体どうやって食べるかというと…。
 

◆ウエイトレスさんが持ってくるのは、
 ソフトクリームスタンドに立てられたソフトクリームのみ。

◆スプーン等はついてこない。

◆そもそも、スプーンなんか使って食べたら
 ソフトが倒壊するのは目に見えている。

◆横を見ると、箸立てに立てられた割り箸が…。
 

→正解は「割り箸で食べる」でした。(実話)
 

(←この箸立てもまたレトロな感じですな)

 
周りを見ると、みんな当然のように割り箸で食べていますし、
むしろこうやって食べるのが普通だそうです。

スプーンのように一か所に力が集中しないから
倒壊の危険も避けられるし、
箸だと素早くたくさん食べられるし。考えてみたらなかなか合理的。

とはいえ、食べているうちに倒れやしないかと
ちょっと冷や冷やしましたけどね(^^;
味の方はごく普通のバニラソフトです。
ただし量が半端じゃないのでご注意を(笑)

−−−−−−−−−−−−−−−−−

ちなみにこれは、入り口脇のショーケースです。
サンプルもちゃんと縦長なのが面白いですね。


(↑クリックで大きな写真へ)

3段巻きの「ミニソフト」が100円なのに、
この巨大なソフトが140円というのは
なんとも不思議な値段設定。お得感満載です。

この他のパフェ類やアラモード類も 盛りがいい上に安いし、
普通のお食事メニューもかなり充実しているので、
機会があったらぜひ一度訪れてみてください。
 

個人的には、「古きよき時代」の雰囲気がそのまま残っている
マルカンデパート&大食堂そのものが一番のおすすめです。
昭和のまま時が止まっているかのような、
そんな懐かしい気持ちにさせてくれるデパートでした。

(05/05/21)

←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る