←前へ

次へ→
 
←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る

 
アイスの名前 さくらソフトクリーム
お店の名前 モンマート 地酒のふじた(仙北市角館町中菅沢94)
値段 250円

角館駅のすぐ近くにある酒屋さんで
販売しているソフトクリーム。

薄い綺麗なピンク色で、食べてみると
桜の味と香りがはっきりとしますよ。
ソフト自体の味も濃厚で、
まさに「さくらソフト」といった感じです。

角館にはあちこちのお店で
「さくらソフト」と名のつくソフトが販売されていますが、
それぞれ見た目や風味が違うので
食べ比べてみると面白いかもしれません。

(06/11/07)

 
アイスの名前 栗渋皮煮ソフト
お店の名前 むらっこ物産館(仙北市西木町西明寺字潟尻119)
値段 250円

田沢湖から少し離れた場所に建つ物産館で
販売しているソフトクリーム。

この地域では、日本一大きいという
「西明寺栗」がとれるのですが、
その栗の渋皮煮を使って作られていますよ。
よく見ると、薄い茶色のソフトの中に
渋皮と思われる黒い粒が見えます。

食べてみると程よい甘さと栗の風味がして、
いくらでも食べられる感じでした。
「ホーレン草ソフト(250円)」もあったので、
そのうち食べに行きたいと思います。

(06/11/07)

 
アイスの名前 もろこしソフト
お店の名前 くら吉(仙北市角館町小人町38-25)
値段 300円

もろこしなどの和菓子や土産物を販売している
甘味茶房で購入できるソフトクリーム。
ちなみに「もろこし」とは、小豆粉を使った
秋田の伝統和菓子です。

色は薄く茶色みがかった白色で、
食べてみるともろこし独特の風味と甘さ、
そしてあの粉っぽさまでしっかりと感じますよ。
焼きもろこしの味がしっかり再現されている、
なかなか面白いソフトクリームでした。

(06/10/22)

 
アイスの名前 アップルシャーベット
お店の名前 トーニチ株式会社(福島市瀬上町字新田中通1-3)
値段 105円

学校給食のデザートで人気だった
アップルシャーベットですが、
『秋田まるごと市場』で売っているのを見かけたので
思わず買ってしまいました。

袋を開けるとこんな感じ。
芯をくりぬいた、皮付きの半分のりんごが
ごろんと入っていますよ。
使われているりんごは東北産の紅玉だそうです。

半解凍して食べましたが、昔と変わらない
懐かしい味がしました。おいしかったです。

(06/10/18)

 
アイスの名前 コーヒーゼリーソフト
お店の名前 花立牧場(由利本荘市矢島町城内字花立60)
値段 350円

鳥海山麓にある牧場で食べることができるソフト。
もちろんこの牧場でとれた
ジャージー牛のミルクを使っています。

カップの底にはコーヒーゼリーが入っており、
その上にソフトクリームがのっていますよ。

普通のコーンに入った「ジャージーソフト」は300円ですし、
コーンアイス(200円)のうち
抹茶、バニラ、チョコレートの3種類は
ジャージー牛のミルクを使っているそうです。

(06/10/14)

 
アイスの名前 栗駒高原搾り(ヨーグルト味)
お店の名前 栗駒フーズ(湯沢市皆瀬桂沢81-1)
値段 210円

栗駒フーズで製造・販売しているカップアイス。
「バニラ」「あずき」「ヨーグルト」「ラムレーズン」
「いちご」「ココア」「ミルク」「ごま」「抹茶」の
9種類があるようです。

今回はその中からヨーグルト味をチョイス。
さっぱりとした酸味があり、
しっかりとヨーグルトの風味がしました。
ちなみにスーパーや道の駅等でも、
全種類ではないのですが
このアイスを売っているのを見かけますよ。

(06/10/10)

 
アイスの名前 栗駒高原搾り(ごま味)
お店の名前 栗駒フーズ(湯沢市皆瀬桂沢81-1)
値段 210円

上と同じく、栗駒フーズで
製造・販売しているアイスクリーム。
こちらはモナカの中にアイスが詰められています。

食べてみると、濃厚な牛乳の風味とともに
ごまの香りがしました。
こうしてモナカと一緒に食べるとまた
食感が変わって面白いと思いました。

(06/10/10)

 
アイスの名前 牛乳屋さんのソフトクリーム
お店の名前 栗駒フーズ(湯沢市皆瀬桂沢81-1)
値段 300円

栗駒山麓の「皆瀬牧場」の牛乳を
地熱エネルギーを利用して加工しているという、
栗駒フーズの工場脇の売店で
食べることができるソフトクリーム。

秋田ふるさと村』内のお店や、
湯沢市大町の直営ショップ『カウベル』でも
同じソフトを食べることができますけれど、
山の中で自然を眺めながら食べるソフトはまた
一味違ったものがありますね。

手焼きのワッフルソフト」と同じく、
牛乳の濃厚な風味を味わえるソフトでした。

(06/10/10)

 
アイスの名前 ソフトもなか
お店の名前 Happiness Dairy(ハッピネスデーリィ)
値段 263円

西武で開催していた『秋の北海道うまいものまつり』で
購入したソフトモナカ。
パッケージを開けてみると、
リアルな牛の顔がモナカに刻まれています(笑)

よくあるようなモナカ「アイス」なのかと思いきや、
米粉で作られたモナカの中には
ちゃんとなめらかな食感の
「ソフトクリーム」が入っていますよ。

ソフトの上にはあんこがのっており、
その甘さがバニラソフトと合いますね。
大きめで食べごたえのあるソフトもなかでした。

(06/10/05)

 
アイスの名前 ソフトクリーム
お店の名前 DEAR PORK(ディアポーク)(秋田市御野場2丁目1-9)
値段 200円

八幡平ポークの直売所であり、
お昼にはランチも楽しむことができるこのお店で
食べることができるソフトクリーム。
写真はランチのデザートとして出されたものです。

ミルクの味が濃厚で、甘いのにさっぱりしているので
肉料理の後にちょうどいい感じですね。
単品では200円で食べることができますし、
持ち帰り用は小(2〜3人分)が400円、
大(4〜5人分)が600円です。

(06/09/25)

09/08/13追記:現在は直売のみで、店内の飲食スペースはない模様。

 
アイスの名前 たこやき風シューアイス
お店の名前 花みずき(潟上市天王字江川上谷地109番地2)
値段 200円

『道の駅てんのう』の敷地内にある
売店で販売されているアイス。
その名の通り、「たこ焼き」を模したアイスです。

ちょうどたこ焼きぐらいの大きさのシューアイスの上に、
ソースに見立てたチョコレートソースと
青のりに見立てた抹茶がかけられていて
一見本物のたこ焼きのように見えますよ。

つまようじが刺さっているのもまた
より「たこ焼きらしさ」を演出していますね。

見た目のインパクトだけでも楽しいのですが、
味もちゃんと美味しくまとまっているアイスでした。

(06/09/21)

←前へ

次へ→


←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る