←前へ

次へ→
 
←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る

 
アイスの名前 アイスミルクキャンディー
お店の名前 Villaフローラ(秋田市雄和妙法糠塚1-1)
値段 90円

『秋田国際ダリア園』を望む高台に建つレストランの
1階の売店で販売している商品。

棒状のアイスキャンディで、食べてみると
ミルク風味の昔懐かしい感じがしますね。

製造元の欄には「雄和振興公社」と書かれているので、
おそらく『Villaフローラ』や『味工房』を運営している
この会社で製造・販売しているアイスだと思います。

(07/08/27)

 
アイスの名前 プレミアムソフトプリン
お店の名前 チーズ館トールケーゼ(秋田市雄和妙法字糠塚9)
値段 350円

1日限定20個のソフトプリン。
なんとプリンの上に、バニラソフトがのっていますよ!
プリンとソフトの夢のコラボレーションですな。

上にのっているソフトは
「モーさんのソフトクリーム(260円)」と
同じものだと思いますが、
程よい甘味&なめらかな食感でいい感じ。
プリンもトロトロの柔らかいタイプで美味しかったです。

(07/08/27)

 
アイスの名前 庄内柿氷
お店の名前 Zuisin門(山形県鶴岡市羽黒町手向5)
値段 400円

羽黒山の登り口近くにある
直売所で食べることができるかき氷。

「柿」の実を使った「かき氷」というと
なんだかダジャレっぽいですが(笑)
山形名産の庄内柿を使ったかき氷なのです。

凍らせてスライスした柿の実を氷の上にのせてあり、
氷の下にも同じくスライスした柿の実が入っています。
程よい柿の甘さとシャリシャリ感があって
美味しいしなんだか面白いですね。

このあたりはブルーベリーの産地でもあるので、
他には「ぶるーべりーこおり(350円)」や
「ブルーベリージェラート(350円)」などもありました。

(07/08/26)

 
アイスの名前 冷奴
お店の名前 ジェラートモアレ(山形県酒田市中町1-7-20)
値段 220円

月替わり(商品によっては10日替わり)で
いろんな種類のジェラートを楽しむことができるお店。
私が行った時は19種類(そのうち定番は6種類)が
販売されていました。

これは京都の南禅寺豆腐を使ったもので、
食べると豆腐というよりは豆乳っぽい味がしますよ。

値段はシングルが220円、ダブルが260円、
トリプルが310円。
持ち帰り用のカップ入りは270円です。

(07/08/26)

 
アイスの名前 赤しそ+クリームいちご
お店の名前 ジェラートモアレ(山形県酒田市中町1-7-20)
値段 260円

上と同じく、モアレで購入できるジェラート。
左が「赤しそ」で、右が「クリームいちご」です。

赤しそは甘酸っぱいしその風味がして、
夏にちょうどいい感じですね。
なんだか健康にも良さそうです。

クリームいちごにはところどころに
凍ったイチゴのかけらが入っていました。
ちなみにコーンはワッフルコーンです。

(07/08/26)

 
アイスの名前 ブルーベリーソフトクリーム
お店の名前 愛菜ファーム ブルーベリーハウス
 (岩手県一関市厳美町字若井原159-3)
値段 315円

ブルーベリー園のそばにある直売所で
食べることができるソフトクリーム。

ガラスの器に入ったバニラソフトの上に、
ブルーベリージャムがかけられていますよ。
もちろんこのジャムはこの農園で栽培・製造されたもので、
直売所で販売もしています。

ちなみに入場料を払ってブルーベリー園に入れば、
ブルーベリーの摘み取り体験も行うことができますよ。

(07/08/21)

 
アイスの名前 ナッツチョコ+キャラメルアーモンド
お店の名前 ポラーノ(岩手県一関市厳美町字入道178-3)
値段 315円

常に20種類ほどの手作りジェラートが並び、
季節限定のものや珍しいものもいろいろあるお店。
それゆえに人気があり、
お店の前に行列ができることもしばしばあります。

これは定番メニューの中の
「ナッツチョコ」と「キャラメルアーモンド」のダブルです。
甘すぎることなく、口どけが柔らかいし、
それぞれ素材の風味がちゃんと生きていて
美味しかったです♪

ちなみにシングルは262円、ダブルは315円です。

(07/08/21)

 
アイスの名前 シソサワー+とうもろこし
お店の名前 ポラーノ(岩手県一関市厳美町字入道178-3)
値段 315円

上と同じく、ポラーノで購入できるソフト。
これはどちらも季節限定のジェラートで、
左が「シソサワー」、右が「とうもろこし」です。

しそサワーの方は、
赤しそ独特の甘酸っぱい風味がはっきりと感じられます。
夏にちょうどいい感じの爽やかな酸味ですね。

とうもろこしは、これまたとうもろこしの味が
きちんと再現されていましたよ。
キワモノかと思いきや、普通にすごく美味しい!
人気があるのもうなずけるお店でした。

(07/08/21)

 
アイスの名前 アイスだんご
お店の名前 いつくしだんご館(岩手県一関市厳美町鴻ノ巣132)
値段 400円

岩手県の観光地である『厳美渓』内の
団子屋さんで食べることができるアイスクリーム。

陶器の器の中に団子とあんこが入っており、
その上にバニラアイスと
抹茶、栗、粒あんがのっています。
和風のパフェといった感じですね。
ちなみに持ち帰りもできるそうです。

(07/08/21)

 
アイスの名前 自家製あくらビールのアイスクリーム
お店の名前 レストラン PLATZ(秋田市大町1-2-40)
値段 500円

地ビール醸造所の直営店であるこのレストランで
食べることができるアイスクリーム。

もちろんこの醸造所で作られたビールを使っており、
ビール風味のアイスクリームの上に
これまたビール風味のほろ苦いソースが
かけられていますよ。

黒ビールのソフトクリームよりも
ビールの風味が強くてワイルドな感じですね。
まさに大人の味といったアイスでした。

(07/08/11)

←前へ

次へ→


←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る