←前へ

次へ→
 
←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る

 
アイスの名前 豆乳ソフトクリーム
お店の名前 とうふ屋 丸木橋六兵衛(秋田市山内字丸木橋174-1)
値段 250円

豆腐や大豆製品を販売しているお店で
購入できるソフトクリーム。
シャリシャリした食感で、ちゃんと豆乳の風味がします。
程よい甘さでさっぱりしているので、
夏にちょうどいい感じですね。

ちなみにこのお店の商品は、
宮城県の『はらから福祉会』の方に技術を学んだという
杉の木園』の方たちが作っているそうですよ。

(08/06/23)

 
アイスの名前 ソフトクリーム
お店の名前 デイリーヤマザキ(柳田川崎店:秋田市柳田川崎132)
値段 198円

コンビニエンスストアのデイリーヤマザキで
購入できるソフトクリーム。

入れ物はコーン、カップ、ワッフルコーンの
3種類から選べるというので、
今回はワッフルコーンをチョイスしてみました。

よくあるソフトクリームのように
ぐるぐると渦を巻いているのではなく、
まるで雪だるまのような鏡餅のような、
ぽこぽこっとした不思議な形をしていますよ。

さっそく食べてみましたが、滑らかな食感で美味しいですね。
甘さも程よくて、ミルクの風味がいい感じでした。

ちなみにコーンとカップが168円で、
ワッフルコーンは198円です。

(08/06/23)

 
アイスの名前 ランポーネ(ベリーミックス)
お店の名前 ナガハマコーヒー(秋田駅前店:秋田市千秋久保田町4-2)
値段 336円

秋田県内で店舗展開している
コーヒーショップで購入できるジェラート。

種類は30種ほどあるのですが、
店先に並んでいるジェラートは
その日や季節によって変わるようです。
私が行ったときには12種類のジェラートが
ガラスケースの中に並んでいました。

今回はその中からこちらをチョイス。
コーンかカップかを選べるので、カップにしてみました。
小さな紙カップの中にジェラートが入っていて、
その上にコーンのしっぽ部分がのっていますよ。

ラズベリー・ブルーベリー・ブラックベリー・グロゼイロの
4種のベリーが入っているそうで、
甘酸っぱくて美味しかったです。

(08/06/09)

 
アイスの名前 メンタ チョコラッティーノ(チョコミント)
お店の名前 ナガハマコーヒー(秋田駅前店:秋田市千秋久保田町4-2)
値段 336円

上と同じく、コーヒーショップで購入できるジェラート。
こちらは生のミントの葉を使って作っているそうです。

ちなみにこれらのジェラートは
どれもナガハマコーヒーの自家製ですよ。
小玉醸造で販売している
しょうゆアイス」「秋田味噌アイス」「吟醸アイス天功」や
オガルベで販売している「くろもジェラード」も、
ナガハマコーヒーが製造を請け負っている模様です。

(08/06/09)

 
アイスの名前 BI・KE・RAソフト
お店の名前 J PLUS FACTORY(秋田市御所野元町1-1-1 フレスポ御所野1F)
値段 330円

フレッシュジュースとソフトクリームのお店で
購入できるソフトクリーム。
色は真っ白で、カップ型のコーンの中に入っています。

バニラソフトに、植物から抽出したエキスである
「オラブリアン」を混ぜたものだそうですよ。


 

そのまま食べても良いのですが、
テーブルの上に置かれた各種オラブリアンを
ソフトにかけて楽しむこともできます。

薔薇、梅、トックリ苺、花梨、五味子の5種類があったので
今回は「薔薇」を上からかけてみましたが、
ソフトはミルクの風味が濃厚で、
薔薇のオラブリアンは花の香りがして
甘酸っぱい味がしました。

(08/05/27)

 
アイスの名前 二色アイスの天ぷら(2ヶ)
お店の名前 バブハウス(大館市館下42-1)
値段 450円

大館市にあるレストランで食べることができます。
天ぷらにするアイスは
「バニラ」と「抹茶」の2種類がありますよ。

食パンのような生地を2枚組み合わせて
球状にした物の中に、
アイスを入れて油で揚げてあります。

半分に切ってみるとこんな感じ。


 

見た目は「天ぷら」というよりも「フライ」に近いですな。
衣部分はサクサクしていて熱いですが、
中のアイスは溶けずに冷たいままで美味しかったです。

(08/05/23)

 
アイスの名前 マルメロソフト
お店の名前 道の駅いかりがせき(青森県平川市碇ヶ関碇石13番地1)
値段 250円

「カリン」に似た果物の一種である
「マルメロ」の実を使ったソフトクリーム。

このソフトもマルメロの実の色に似た
薄い黄色をしており、
食べると甘酸っぱい独特の風味がしますよ。

ちなみにマルメロは碇ヶ関の特産品なので、
道の駅内の売店を見てみると
「まるめろケーキ」や「まるめろようかん」などのお菓子や、
「マルメロジャム」「マルメロ鶏カレー」などの
様々な加工品が販売されていました。

(08/05/23)

 
アイスの名前 たけのこソフト(季節限定)
お店の名前 道の駅いかりがせき(青森県平川市碇ヶ関碇石13番地1)
値段 250円

その名の通り「たけのこ」を使った
季節限定のソフトクリーム。
きれいな薄緑色をしています。

ちなみに、この「たけのこ」は
「孟宗竹」のような大きな物ではなく、
碇ヶ関特産の「根まがりたけ(チシマザサ)」のことです。

食べると植物独特の青くさい風味というか
どこか豆っぽいような風味がしますよ。
繊維が少し口に残る感じもあって、
後味はさっぱりしています。
まさしくこれは「たけのこソフト」ですね。
一風変わった面白いソフトだと思いました。

(08/05/23)

 
アイスの名前 ソフトクリーム
お店の名前 道の駅やたて峠(大館市長走字陣場311)
値段 200円

秋田県と青森県の県境にある道の駅で
食べることができるソフトクリーム。
ワッフルコーンの中に
バニラソフトが入っています。

ちなみにこのソフトクリームは、
宿泊施設である『大館矢立ハイツ』で
購入することができます。
日帰り入浴できる温泉もあるようですよ。

(08/05/23)

 
アイスの名前 ソフトクリーム
お店の名前 三沢ソフト(北秋田市綴子前野208-1)
値段 200円

国道7号線沿いに建っているお店で購入できるソフト。
小さな建物なので、斜め向かいのネッツトヨタを
目印にするとわかりやすいかと。

ミルクとバニラの風味が濃厚で美味しいですし、
甘さも程よい感じですね。
このソフトクリームの他には、
シェークやフランクフルトなども販売されていました。

(08/05/23)

←前へ

次へ→


←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る