←前へ

次へ→
 
←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る

 
アイスの名前 ル・レクチェシャーベット
お店の名前 絵日記(新潟県新潟市西区山田2307 新潟ふるさと村1階)
値段 270円

新潟ふるさと村』の中にあるお店で
購入できるジェラートアイス。

ちなみに「ル・レクチェ」とは洋梨の一種で、
新潟の特産品なのだそうです。
このジェラートも、もちろんル・レクチェを使っていて、
洋梨の風味とほんのりした甘さがありますよ。

この日は全部で14種類のジェラートが販売されていて、
値段はシングルが270円、ダブルが300円でした。

(08/10/10)

 
アイスの名前 モナカアイス
お店の名前 豆八(新潟県新潟市中央区古町通5番町627)
値段 115円

「水島新司マンガストリート」こと「古町通」沿いにある
お店で販売しているモナカアイス。

白い薄皮のモナカの中に、
ミルク風味のジェラートが入っています。
昔ながらの素朴なアイスといった感じで、
食感がどことなく「ババヘラ」に似ているなーと思いました。

この他には、カップに入った「小倉アイス(230円)」や
「バニラアイス(230円)」もありますよ。

(08/10/10)

 
アイスの名前 木いちご大福+マスカルポーネ
お店の名前 ジェラテリアPopolo(新潟県新潟市中央区水道町1丁目5939-37)
値段 330円(ダブル)

マリンピア日本海』の近くにある
手作りジェラート専門店。

果物を使った物や牛乳を使った物など
今日は12種類のジェラートが並んでいたので、
その中から「木いちご大福」と「マスカルポーネ」を
チョイスしてみました。

「木いちご大福」は木いちご風味のジェラートの中に
あずきが入っていますよ。
「マスカルポーネ」にはココアがかかっていて、
ティラミスっぽい風味ですね。
どちらも美味しかったです。

(08/10/10)

 
アイスの名前 牧場ミルク+いちじくシャーベット
お店の名前 ジェラテリア・レガーロ(Lovela万代店)
(新潟県新潟市中央区万代一丁目5番1 ラブラ万代地下1階)
値段 350円(ダブル)

いろんな種類のイタリアンジェラートを販売しているお店。

この日は14種類のジェラートが並んでいたので、
その中から「当店人気No.1」と書かれていた「牧場ミルク」と
なんとなく気になった「いちじくシャーベット」の
ダブルをチョイスしました。

牧場ミルクはくちどけが柔らかく、
牛乳の風味たっぷりでおいしいですね。甘さも控えめです。
いちじくシャーベットの方は牛乳を使っていないそうで、
ジェラートの中に果肉のつぶつぶが入っています。
いちじく独特の酸味と甘さがあって、
これまたいい感じでした。

(08/10/10)

 
アイスの名前 くるみカラメル+杏仁ミルク
お店の名前 ジェラテリア・レガーロ(Lovela万代店)
(新潟県新潟市中央区万代一丁目5番1 ラブラ万代地下1階)
値段 350円(ダブル)

上と同じく、ジェラテリア・レガーロで購入できるジェラート。

くるみカラメルは、その名の通りキャラメル風味で
中にはくるみがゴロゴロ入っています。
杏仁ミルクは杏の実とクコの実が入っていて、
杏仁豆腐のような風味がしました。

ちなみに容器はコーンとカップから選ぶことができ、
シングルが280円、ダブルが350円です。

(08/10/10)

 
アイスの名前 あずきアイス
お店の名前 みかづき(万代店)(新潟市中央区万代1-6-1 バスセンタービル2F )
値段 170円

ここは新潟のご当地グルメである「イタリアン」で
有名なチェーン店なのですが、
あずきを使ったアイスも販売しています。

コーンの上に、あずき風味のアイスが
2段重ねになっていますよ。
細かく砕いたあずきと
粒のままのあずきの両方が入っており、
食感はシャリシャリしていて、シャーベットに近いです。
あずきバーを思い出す素朴な味ですね。

メニュー表に「50年間変わらぬ美味しさ!」と
書かれているように、
新潟で長年愛され続けているアイスの模様です。

(08/10/10)

 
アイスの名前 コシヒカリモナカ
お店の名前 道の駅朝日(新潟県岩船郡朝日村大字猿沢1212)
値段 262円
 

道の駅で販売している個包装アイス。
製造元は新潟県長岡市にある『さかたや』です。

金色に光るパッケージの中には、
このような形のモナカアイスが入っています。
真ん中から2つに折ることができますよ。

中には真っ白いバニラアイスが詰まっています。

アイスの中のところどころに
凍った米粒が入っていますよ。
これは新潟産のコシヒカリだそうです。

以前食べた「しとぎあいすくりん」や
イタリアンジェラート(あきたこまち)」に
入っている米粒よりも、
ちょっとだけ柔らかい食感でした。

(08/10/09)

 
アイスの名前 かやの実アイス
お店の名前 道の駅あつみ(山形県鶴岡市温海早田字戸ノ浦606)
値段 200円

アーモンドに似た「かやの実」を使ったソフトで、
色はアイボリーがかった薄いピンク色。
細かくなったかやの実が
アイスの中に混ぜ込まれています。

ナッツに近い風味がして、
違和感なく美味しく食べられますよ。

他にはだだちゃ豆、バニラ、ラ・フランス、
チョコレート、ごまがありました。

(08/10/09)

 
アイスの名前 あおさアイス
お店の名前 道の駅あつみ(山形県鶴岡市温海早田字戸ノ浦606)
値段 200円

上と同じく、道の駅あつみで販売しているアイス。
この道の駅が海のすぐそばにあるためか、
海草である「あおさ」をアイスに混ぜ込んでありますよ。

薄い緑色のアイスの中に、濃い緑色の粒が
たくさん入っているのが見えます。

食べてみると完全に「青ノリ」の味がしますよ!
磯の風味とバニラの風味が
どうにもミスマッチというか何というか(汗)
これは人によってかなり
好みが分かれるアイスだと思います。

(08/10/09)

←前へ

次へ→


←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る