←前へ

次へ→

←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る

 
アイスの名前 ウベ&ブルーウェーブ
お店の名前 ブルーシール
値段 シングル300円、ダブル500円

秋田県立スケート場で開催された
「ABSグルメフェア2010」に出店が出ていたので購入。

沖縄の会社なので、沖縄特産品を使ったアイスや
南国の果物を使ったアイスが多いです。
12種類の中から今回は「ウベ」と「ブルーウェーブ」を
チョイスしました。

ウベは紫山芋を使ったアイスで、
食べると少しもったりした食感がして
芋の甘みを感じます。

ブルーウェーブは、パイナップルアイスの中に
ソーダシャーベットが混ぜ込まれています。
パイナップルの酸味と
ソーダの味が良いコラボレーションで、
夏にぴったりですね。
所々にパイナップルの果肉の粒が入っているのも
良い感じでした。

(10/04/24)

 
アイスの名前 塩ちんすこう&マンゴタンゴ
お店の名前 ブルーシール
値段 シングル300円、ダブル500円

上と同じく、ABSグルメフェアで購入したアイス。

塩ちんすこうには、バニラアイスの中に
沖縄特産のちんすこうを細かくした物が入っています。
使われている塩は、沖縄の北谷(ちゃたん)の
海の塩なのだそうですよ。

マンゴタンゴは、マンゴーとバニラを混ぜたもので、
食べるとマンゴーの甘酸っぱい味がしました。

(10/04/24)

 
アイスの名前 シークヮーサー&バナパコ
お店の名前 ブルーシール
値段 シングル300円、ダブル500円

上と同じく、ABSグルメフェアで購入したアイス。

シークヮーサーには
沖縄特産のシークヮーサーという柑橘類が使われていて、
食べるとオレンジやレモンに似た酸味があって
さっぱりしています。

バナパコにはバナナとパイナップルとココナッツの
3種類が入っています。
色は薄い黄色で、
どことなく芳香剤っぽい香りがしました(笑)

(10/04/24)

 
アイスの名前 まろみそソフト
お店の名前 道の駅てんのう(潟上市天王字江川上谷地109番地2)
値段 260円

道の駅の売店で購入できるソフトクリーム。
天王産大豆を使った味噌を練りこんであるそうですよ。

色は真っ白ですが、
食べると醤油っぽいような味噌っぽいような、
独特のしょっぱい風味がします。

同じく味噌を使ったソフトといえば
『道の駅 みねはま』の「焼きみそソフト」がありましたが、
まろみそソフトは、よりまろやかな感じです。
とはいえ、ちゃんとはっきり味噌の味がするソフトでした。

(10/03/30)

 
アイスの名前 たいやきパフェ
お店の名前 さかい屋(仙北市角館町中菅沢92-81)
値段 500円
 

季節ごとに様々なパフェを販売しているこのお店。
今の時期はその名の通り、パフェの上に
たい焼きが1匹どーんとのっている
豪快なパフェを販売しておりました(笑)

たい焼きの裏側には、
新鮮な赤りんごと青りんご、柿、イチゴが
これまた豪快にのっています。
さすがは果物屋さんですね。

果物の横にはミニシュークリームと
チョコレート味のうまい棒、
グラスの中にはバニラソフトとりんごソフト、
コーンフレークが入っていますよ。

上に乗せるたい焼きは
「林檎あんこ」と「林檎クリーム」の
2種類から選べるというので、
今回は林檎あんこをチョイス。
たい焼きの中に、コンポート状になった柔らかいりんごと
あんこが入っていました。

たい焼きも果物もアイスも美味しいし、
ボリュームがあって満足です♪

ちなみにたい焼きを2匹にした
「ダブルたいやきパフェ」は650円です。
3匹以上に増やすことも可能だそうですよ。

(09/11/21)

 
アイスの名前 ゾウノハナソフトクリーム
お店の名前 象の鼻カフェ(横浜市中区海岸通1丁目)
値段 350円

横浜の『象の鼻テラス』の中にあるカフェで
購入できるソフトクリーム。

ちなみになぜこの場所に
「象の鼻」という名前が付いているかというと、
この近くにある防波堤の形が
上から見ると象の鼻の形に
似ているからなのだそうですよ。

このソフトクリームも
そんな「象の鼻」にちなんだ物になっています。

バニラソフトの横に添えられた
チョコレートの目とワッフルでできた丸い耳、
そしてにょろんと伸びたバニラソフトの鼻が、
ちょうど象の顔のように見えますね。

見た目がかわいいし、もちろん普通に美味しい
面白いソフトクリームでした。

(09/11/18)

 
アイスの名前 真っ赤なりんごソフト
お店の名前 さかい屋(仙北市角館町中菅沢92-81)
値段 200円

果物屋さんで販売しているソフト。
旬の新鮮な果物を使っているので
毎月のようにメニューが変わるのですが、
今の時期はりんごを使ったソフトを販売していました。

淡いピンク色のりんごソフトに、
薄く切った皮付きのりんごが
1切れ添えられています。

ソフトは甘さ控えめでさっぱりしており、
自然なりんごの風味がして美味しいですね。
りんごもシャキシャキしていて
これまた美味しかったです。

(09/11/13)

 
アイスの名前 りんごだらけパフェ
お店の名前 さかい屋(仙北市角館町中菅沢92-81)
値段 400円

上と同じく、さかい屋で食べることができるパフェ。

大きなグラスの中に
コーンフレークとミニシュークリーム、
その上にはりんごソフトとバニラソフト、
一番上には生のりんごとコンポートにしたりんご、
さらにチョコレート味のうまい棒と
生クリームがのせられています。

まさにその名の通り「りんごだらけ」だし、
ボリュームもあって美味しいパフェでした。

(09/11/13)

 
アイスの名前 牛乳ソフトクリーム
お店の名前 北海道うまいものまつり(西武秋田店:09/10/20〜26)
値段 300円

西武秋田店で開催されていた、
「北海道うまいものまつり」で販売していたソフト。

北海道の駒ヶ岳牧場で育てられた牛の生乳である
駒ケ岳牛乳』を使って作られています。
どこかシャリシャリした食感がありながらも
口どけはなめらかで、ややさっぱりした風味でした。

(09/10/22)

  
アイスの名前 メガソフト
お店の名前 道の駅 雁の里せんなん(仙北郡美郷町金沢字下舘124番地)
値段 700円
 

道の駅の売店で購入できる巨大なソフトクリーム。
「メガソフト」という名前の通り、
なんと通常のバニラソフトの3倍の量がありますよ!

とにかくデカイ!長い!そしてズシリと重い!!
数えてみたら、ソフトの巻きは12回転ありました。

同じく巨大なソフトというと
マルカンのソフトクリームがありますが、
あちらはソフトクリームスタンドに立っていて
箸を使ってスムーズに食べることができた事を思えば、
難易度はメガソフトの方が高いかもしれません。

量がすごいし、食べている端からどんどん溶けていくので、
食べるのが結構大変でした(笑)

(09/10/01)

←前へ

次へ→


←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る