←前へ

次へ→
 
←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る

 
アイスの名前 黒ビールのソフトクリーム
お店の名前 キリンビール仙台工場 『ビアポート仙台』
(宮城県仙台市宮城野区港2-2-1)
値段 370円

キリンビール仙台工場内のレストランで
食べることができるソフトクリームです。
私はビール工場見学のついでに食べました。

その名の通り、キリンの黒ビールを使った
ソフトクリームで、色は褐色。
コーンが上に帽子のように乗っかっています。
食べるとほのかにビールの風味がしますよ。

このソフトはもちろんここでしか食べられないですし、
「麒麟伝説」というここでしか飲めない
限定ビールもあったりするので、
機会があったら行ってみると楽しいかも。

(05/11/16)

 
アイスの名前 パンプキンソフトクリーム
お店の名前 道の駅象潟(にかほ市象潟町字大塩越73-1)
値段 200円

ねむの花ソフト」「巨峰ソフト」と共に
『ねむの丘三姉妹』と名づけられたソフトの一つ。
このソフトだけは建物の中にある
軽食コーナーで売っているので、
場所を間違えないように注意です。

色鮮やかな黄色のソフト。
食べてみると、かぼちゃの優しい甘さがしました。
ちなみにこのソフト、βカロチンが豊富なので
美容と健康にいいそうですよ。

(05/11/07)

 
アイスの名前 完熟バナナソフトクリーム(期間限定)
お店の名前 道の駅にしめ(由利本荘市西目町沼田字新道下1112-2)
値段 250円

その名の通り、バナナを使ったソフトクリーム。
おそらくこの季節限定商品だと思います。

色は淡い黄色で、まさしくバナナという感じ。
食べてみると、バナナの甘い香りが
はっきりと感じられます。
甘すぎず、さっぱりしているので
最後までおいしくいただきました。

(05/11/07)

 
アイスの名前 あんソフト
お店の名前 えさし藤原の郷(岩手県江刺市岩谷堂字小名丸86-1)
値段 350円

『えさし藤原の郷』内のレストランで食べられます。
ソフトと言うよりもパフェに近いですね。

ガラスの容器に入ったバニラ味のソフトの上に
あんこがのっていて、
付属のスプーンで混ぜつついただきます。
程よい甘さでおいしくいただきました。

イチゴソースがかかった『いちごソフト(350円)』も
同じお店で食べる事ができます。

(05/10/27)

 
アイスの名前 杏仁ソフト
お店の名前 横浜中華街展中三秋田店 05/10/20〜25)
値段 315円

横浜中華街にある『招福門』のソフト。
以前出店されていた時には
マンゴーソフト』の方を買いましたが、
今回は杏仁ソフトを購入しましたよ。

白色で、杏仁の風味がはっきりとしますね。
さっぱりしているけれども
コクがある感じのソフトでした。

(05/10/21)

 
アイスの名前 そばアイス
お店の名前 松くら(大館市幸町3-32)
値段 260円

手打ちそばで有名なお店なのですが、
そばを使ったアイスクリームも売っていたので
注文してみました。

色はややグレーがかった白。
ちょうどソフトとアイスの中間のような
柔らかいのに粘りがある独特の食感です。

食べてみると、ほんのりと香ばしく
そばの風味が感じられるアイスで、
口当たりもよくて美味しかったです。

(05/10/17)

 
アイスの名前 比内地鶏 たまごとんぶりあいすくりーむ
お店の名前 道の駅ひない(大館市比内町扇田字新大堤下93-11)
値段 315円

「畑のキャビア」と呼ばれる、秋田名産の「とんぶり」。
このプチプチした食感の小さな粒の正体は、
じつは「ほうき草の実」なのです。

そのとんぶりが入ったアイスと聞いては
買わぬわけにはいきますまい!てなわけで、
思わず購入してみました。

ふたを開けるとこんな感じ。
クリーム色のアイスの中に黒い粒々が見えます。
とんぶりの量は多めで、まさに名前に偽りなし。

パッケージに「白ゴマ風味」と書かれている通り、
ゴマ風味のアイスの中に
とんぶりが粒のまま混ぜられていました。

とんぶり自体にはもともと味もクセもないので、
違和感なくアイスになじんでいますね。
プチプチした食感がなんだか楽しい♪

一風変わった、面白いアイスクリームでした。

(05/10/17)

 
アイスの名前 トマトソフトクリーム
お店の名前 道の駅雫石あねっこ(岩手県岩手郡雫石町橋場坂本118番地10)
値段 250円

道の駅雫石あねっこ内の
軽食コーナーで売っています。

雫石の特産品であるトマトを使ったソフトで、
色は淡いピンク色。

ベースとなっているのはバニラソフトですが、
その名の通り、トマトの風味と酸味がある
さっぱりとしたソフトクリームでした。

(05/10/14)

 
アイスの名前 栗ソフトクリーム
お店の名前 道の駅 種山ヶ原(岩手県気仙郡住田町世田米字子飼沢30-39)
値段 200円

道の駅 種山ヶ原内の休憩施設である
『ぽらん』で売っています。
バニラ、栗、ミックスの3種類がありました。

食べてみると、しっかりと栗の味がします。
錦秋湖のマロンソフトと比べると
こちらは甘さがあり、バニラの風味がして
後味はまったりした感じ。

食べ比べてみると、同じ栗ソフトなのに
それぞれ風味が違って面白いと思いました。

(05/10/06)

 
アイスの名前 マロンソフトクリーム
お店の名前 錦秋湖サービスエリア(岩手県和賀郡西和賀町)
値段 280円

秋田自動車道にある錦秋湖サービスエリアの
食堂で売っているソフトクリーム。

ここのサービスエリア内には
栗の木がたくさん植えられた遊歩道があるので、
ソフトを食べながら散策するのも面白いかもしれません。

栗の実を裏ごしして使っているこのソフトは
しっかりと栗の風味がして美味しいです。
『道の駅 種山ヶ原』の栗ソフトと比べると
こちらはややさっぱりした感じにまとまっています。

(05/10/06)

←前へ

次へ→


←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る