←前へ

次へ→
 
←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る

 
アイスの名前 さくらソフトクリーム(期間限定)
お店の名前 武家屋敷の茶屋(仙北市角館町表町下丁)
値段 250円

バニラ、抹茶、ゴマソフトもありましたが、
今回は「期間限定」と書かれた
さくらソフトを食べてみました。

色はピンク色で、ワッフルコーンに入っています。
食べるとほのかにさくらんぼの味がしますよ。
こうして食べ比べると、同じ桜ソフトでも
お店によって全然味が違って面白いですね。

抹茶ソフトやゴマソフトもおいしいようなので、
今度はそちらも食べてみたいです。

(06/05/04)

  
アイスの名前 桜ソフト
お店の名前 ファーストフード角館 善(仙北市角館町横町46 角館プラザ内)
値段 300円

このソフトは武家屋敷の近くにある
「角館プラザ」の1階にあるお店で食べられます。
お店の前には「ファースト・フード角館 ZEN」と書かれた
木の看板がありました。

ワッフルコーンに入っており、
色はオレンジ色がかったピンク色。
上に塩漬けの桜の花がのっていました。

(06/05/04)

 
アイスの名前 さくらソフトアイス(期間限定)
お店の名前 ア・ドゥマン(秋田市雄和石田字中大部30)
値段 200円

このソフトは「期間限定」と書かれていたので、
おそらく春先のみの販売ではないかと。

淡いピンク色のソフトで、
食べてみると、ほんのりとした優しい甘さと
桜餅のようなほのかな桜の風味がして
美味しかったです。

(06/05/02)

 
アイスの名前 梅ソフトアイス(期間限定)
お店の名前 ア・ドゥマン(秋田市雄和石田字中大部30)
値段 200円

洋菓子店で販売しているソフトクリームです。
私が行った時は全部で12種類のソフトがあり、
その中でもちょっと気になった
梅のソフトを食べてみました。

色は濃い目のピンク色。
このソフトはかなり酸っぱかったですよ。
梅干しや梅ガムを思い出す味で、
さくらソフトと違って梅の味が前面に出ている感じです。

後で気がついたのですが、このお店のソフトは
すべてスジャータのものだと思います。

(06/05/02)

 
アイスの名前 アジアンフルーツ(期間限定)
お店の名前 道の駅にしめ(由利本荘市西目町沼田字新道下1112-2)
値段 200円

桃とマンゴー、ライチの3種類の果物を使った
「アジアンフルーツ味」のソフトが売っていたので
買ってみました。

食感はやや固め。
マンゴーの酸味とライチの風味は
食べるとはっきりとわかりますが、
桃の味はこれらに比べるとやや控えめな感じですな。

ほど良い甘さの、フルーティーなソフトでした。

(06/04/25)

 
アイスの名前 抹茶ソフトクリーム
お店の名前 勝泉堂湊屋(秋田市卸町四丁目6-43)
値段 250円

豊富な種類のどらやきが名物の和菓子屋さんで
購入できるソフトクリーム。

バニラやごまもありますが、
今回は抹茶をチョイスしてみました。

上品な甘さの中に、抹茶独特の苦味がありますよ。
そのバランスがちょうどいい感じ。
よくある抹茶ソフトとは一味違う、
本格的な美味しい抹茶ソフトでした。

(06/03/31)

 
アイスの名前 紅烏龍茶アイスクリーム
お店の名前 大阪城(秋田市桜2-17-35)
値段 210円

お好み焼きと鉄板焼きのお店である
『大阪城』のメニューにあったアイスクリーム。
紅烏龍茶のアイスは初めて見たので
思わず注文してしまいました。

アイスの中にお茶の葉が練りこまれており、
食べるとお茶の香りがします。
お好み焼きや鉄板焼きの後に食べると
口の中がさっぱりするのでいいと思いました。

(06/03/15)

08/08/12追記:閉店してしまった模様。

 
アイスの名前 手焼きのワッフルソフト
お店の名前 栗駒フーズ(横手市赤坂字富ケ沢62-46 秋田ふるさと村1階)
値段 300円

秋田ふるさと村のフードコートにある
栗駒フーズ直営店で食べられるソフトです。

食べると牛乳の香りがふわっと鼻に抜けます。
よくあるバニラソフトや牛乳ソフトとはまた
一味違った印象を受けますね。美味しいですよ。

ワッフルではなく普通のコーンを使った
「牛乳屋さんのソフト」は250円なのですが、
手焼きのワッフル生地はサクサクで香ばしいので
私はこちらの方が好きですな。
一番底にボーロが入っているのもうれしい配慮です。

(06/03/03)

 
アイスの名前 ひとくちバニラアイス
お店の名前 お茶の間食堂(秋田市土崎港中央1-20-19)
値段 50円

鶏からあげ定食が人気の定食屋さんで食べられる、
一口サイズの手作りアイス。

よくあるバニラアイスよりも色が濃くて、
コクのある風味です。
食事の後にちょっとだけ甘いものが食べたいと
いう時にピッタリですな。お値段もリーズナブル。

もっといっぱい食べたいという人は、
通常サイズの『手づくりバニラアイス(300円)』を
注文するのがいいと思われます。

(06/02/03)

 
アイスの名前 栗のソフト(期間限定)
お店の名前 ゴンタロー製菓(株)(船越店)(男鹿市船越字内子224)
値段 250円

季節ごとに種類が変わる
ゴンタローのソフトクリーム。
この秋は渋皮栗を使ったソフトです。

薄い茶色(栗色)をしており
食べてみると、さっぱりしている中に
栗の甘さとコクがありますね。
程よい風味で、今回も美味しくいただきました。

(05/11/26)

 
アイスの名前 しろくまソフト
お店の名前 男鹿水族館GAO(男鹿市戸賀塩浜)
値段 280円

男鹿水族館内のミュージアムショップで
販売されているソフトクリーム。

レストランとミュージアムショップは
入館料なしで利用できるので、
水族館を見ずにソフトだけを食べることもできます。

しろくまという名の通り、真っ白な色をしていて
食べるとバニラの味とともに塩の味がします。
使っている塩は、男鹿の塩らしいですよ。

(05/11/26)

 
アイスの名前 うふふ豆乳ソフト
お店の名前 三越仙台店 『京とうふ藤野』
(宮城県仙台市青葉区一番町四丁目8-15 地下1階)
値段 368円

豆乳ソフトにごま麩とよもぎ麩、粒あんを
トッピングしたソフトクリームです。
なんだか面白い名前ですな(笑)

食べてみると、さっぱりとしていて、
後味が豆というか豆腐というか、そんな感じ。
使われているお麩は京の生麩だそうで、
食感はもちもちしています。

粒あんの甘さと豆乳ソフトの味が
程よくマッチしているソフトクリームでした。
他には「豆乳ソフトクリーム(210円)」もありましたよ。

(05/11/16)

←前へ

次へ→


←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る