←サイトTOPに戻る

クインテットデータ館ゲーム一覧>アクトレイザー

 アクトレイザー

タイトル アクトレイザー
ハード SFC
ジャンル ACT+SLG
発売日 1990/12/26
容量 8M
定価 8,000円(税別)
開発元 (株)クインテット
発売元 (株)エニックス

Amazonで探す

 

ネットで探す

ネットオフ  / 楽天市場

天使

●STORY

遥か昔。人々は魔王の影におびえつつも
神の守護のもとで平穏に暮らしていた。

しかしあるとき、地上の侵略と破壊をもくろむ魔王が
六匹の邪悪なしもべとともに
神の住む天空城を襲った。

魔王の侵攻に神は勇敢にも戦ったが、
一週間にも渡る戦いの末
魔王とそのしもべの前に力つきた神は、
最後の力を振り絞って天空城に結界を張り、
そこで長い眠りについた。

それから数百年後。

眠りから目覚めた神は
天空城の結界をとき、戦いへとおもむく。

人間が絶滅し、
悪魔の支配する世界へと変わりはてた地上に
平和を取り戻すために。

●感想

アクションゲーム+シミュレーションゲームという
一見すると異色の組み合わせのゲームなのですが、
遊んでみるとまったく違和感は感じません。

基本的なゲームの流れとしては、ACT1で魔物を倒す
→クリエイションモードで人々を導いて町を発展させる
→ACT2でボスに挑む→次のエリアのACT1となります。

移動中にマップ画面の拡大・縮小ができたり、
ACTステージに突入するときに画面がくるくると回転するところなんかは
当時としては画期的だったように思います。

アクションモードの難易度は高めですが、
クリエイションモードで町の人口を増やせばHPやSPが増えるので、
エリアのすみずみまで開拓していけば、戦いは楽になります。
ちなみに私はクリエイションモードが好きで、
すみっこまで開拓していました(笑)

今見ると、雰囲気といいテーマといい、
クインテット作品の原点だな、とあらためて思います。
古代祐三氏作曲の、美しい音楽も必聴です。
 

(2001/01/27)

●追記

スクウェア・エニックスのゲームアプリサイト「ポケットアクション」で、
クリエイションモードはなく、完全にアクション面のみの
ゲーム構成にリメイクした
『アクトレイザー』が配信されていましたが、
2007年8月1日で配信終了したそうです。

『アクトレイザー』2003年11月12日配信開始。
『アクトレイザーchapter2』2004年2月18日配信開始。

2007年8月1日で両方とも配信終了。


(2008/03/17)

戻る