←サイトTOPに戻る

クインテットデータ館ゲーム一覧>ガイア幻想紀

ガイア幻想紀

タイトル ガイア幻想紀
ハード SFC
ジャンル A・RPG
発売日 1993/11/27
容量 16M
定価 9,800円(税別)
開発元 (株)クインテット
発売元 (株)エニックス

Amazonで探す

ネットで探す

ネットオフ  / 楽天市場

テム    カレン

●STORY

大陸南端にあるサウスケープの町。
幼いころ、冒険者である父とともに
伝説の遺跡・バベルの塔におもむき、
たった一人だけ生還したという過去を持つテムは
この町で祖父母と友人とともに暮らしていた。

そんなある日、テムは
エドワード城を抜け出してきた王女カレンに出会うが、
カレンはあっという間に城に連れ戻されてしまう。

その翌日、テムはエドワード城の王から
「水晶の指輪を持って城までくるように」との
召集を受けて、城に向かう。

しかし、その「水晶の指輪」に心当たりのないテムは、
謁見するうちに王の怒りをかい
わけがわからないまま牢獄にとじこめられてしまう。
そのとき、彼の心に父オールマンの声が響いた。

●感想

私がスーパーファミコンを買ったときに、
本体と一緒に買って帰ったゲームです。
数あるゲームの中から『ガイア幻想紀』を選ぶとは、すごいぞ自分!

(ちなみにそのとき一緒に買ったもう一本のゲームは『すーぱーぷよぷよ』。
そしてそのどちらにも、ものすごくはまった(笑)
今にして思うと、ゲーム見る目あったのかも。うーん。)

そんな個人的な思い出はともかくとして、
このゲームは、まさに心に残る「名作」です。
古代遺跡を舞台にしたストーリーは、時に楽しく、時に切なく、
一つ一つのセリフが哲学的ながらも説教っぽくなることなく、
全体を通して独特の雰囲気を持っています。
これは、クインテットのゲーム全てに共通して言えることですが。

アクションRPGながら操作は難しくなく、
割とすんなり思った通りに行動することができます。
更に「経験値制ではない」ので、ストーリーを追っていけば
自然な流れでレベルアップしていきます。

主人公であるテム自身と、
変身後の姿であるフリーダン、シャドウの能力を使い分けて
様々な謎を解いていくわけですが、
この謎解きも難しすぎず、かといって簡単すぎない
絶妙なバランスなので、ストレスなく さくさくと進みます。
風になびく髪や炎、聞こえてくる音楽や水の流れる音をヒントに、
五感をフルに活用しながらの謎解きは、
頭を使いますがすごく楽しいです。

クリアした後も、赤い宝石を全部探してみたりと、
ついついやりこみたくなるゲームです。
ぜひ一度、このシナリオを体感してください。おすすめです。
 

(01/01/29)

●追記

よくゲームタイトルを「ガイア幻想記」と
書き間違えられている姿を見かけますが、
正しくはガイア幻想「紀」ですのでお間違えなく。

「グランストリーム伝紀」もよく「伝記」と書かれてしまうという、
ある意味仲間と呼んでもいいくらい
タイトルを間違われやすいゲームですな。
字面的には「紀」の字は好きなんですが、確かに紛らわしいのかも。

 戻る