←サイトTOPに戻る

クインテットデータ館ゲーム一覧>グランストリーム伝紀

グランストリーム伝紀

タイトル グランストリーム伝紀
ハード PlayStation
ジャンル A・RPG
発売日 1997/11/06
定価 5,800円(税別)
発売元 (株)シェード
販売元 (株)ソニー・コンピュータエンタテイメント

Amazonで探す

ネットで探す

ネットオフ  / 楽天市場

リューン

●STORY

今よりも歳月をさかのぼること百年。
魔導帝国軍と精霊同盟軍との間で争いがまきおこり、
いつしか戦禍は、双方とも引き返すことも
戦局を決することもできないままに拡大していった。

その戦いの中、魔導帝国軍は
禁断とされた「超・魔導兵器」の封印を解き放ち、
精霊同盟軍を地脈もろとも壊滅させた。

しかしそれは、地殻の大変動を誘発することとなる。
地軸は傾き、極点の氷は融解。
世界はすべて海の底へと沈んだ。

しかし、この滅亡の危機を
あらかじめ予見していた四人の賢者がいた。
彼らは魔法制御塔「エアリム」の力を借りて、
シルフ、アクアス、バーニン、ガイナードの四大陸を空へと浮上させた。

それから百年。
生き残った人々はその大陸で生活をし、
年に一度、賢者の血を引く者による儀式で
エアリムから力を引き出すことによって、
四大陸の浮上力は維持されていた。

しかし、魔導帝国軍の再興がうわさされはじめ、
それと時を同じくして
賢者の子孫たちが次々と失踪。
浮上する力を得る方法を失った四大陸は
次第に降下をはじめ、
世界は再び終末の危機にさらされることとなるのであった…。

●感想

グランストリーム伝紀は(株)シェードとの共同制作ですが、
シナリオはあの『天地創造』などでおなじみの宮崎友好さん。
伝説の魔導器である『セプター』を持つ
主人公のリューンを中心に、過酷な運命が展開されていきます。

基本画面は主人公を真上から見下ろした視点、という
ちょっと変わったスタイルです。

戦闘システムは、敵と接触すると
その場所に対応した3Dのバトルフィールドで1対1で戦う、
リアルタイムアクションです。

操作感も違和感がないのでストレスなく戦えますし、
ストーリーのところどころでは
完成度の高い2Dフルアニメーションも見ることができます。

またこのゲームには『セプターフォースシステム』という
特殊なシステムがあり、
戦闘中に『ノーダメージで敵を倒す』『アイテムや魔法を使わない』などの
条件を満たすと、戦闘終了時に『セプターフォース』がもらえます。

このセプターフォース、すぐに開封すると
微額のお金やアイテムが入っているのですが、
開封せずに、引き続き条件を満たした戦い方を繰り返すことで
セプターフォースのレベルが最大8段階まで上昇し、
開封すると、そのレベルに応じたアイテムやお金がもらえます。

もちろん普通に戦ってもいいのですが、
セプターフォースでしか入手できないレアアイテムもあるので、
条件を満たすのは難しいにも関わらず、思わずチャレンジしてしまいます。
 

(02/01/08)

戻る