←サイトTOPに戻る

クインテットデータ館ゲーム一覧>ソウルブレイダー

ソウルブレイダー

タイトル ソウルブレイダー
ハード SFC
ジャンル A・RPG
発売日 1992/01/31
容量 8M
定価 8,800円(税別)
開発元 (株)クインテット
発売元 (株)エニックス

Amazonで探す

ネットで探す

ネットオフ  / 楽天市場

主人公&ソウル

●STORY

フレイル王国を統治するマグリッド王は
世界を手に入れられるほどの富を欲していた。

あるとき、天才発明家レオの噂を耳にした王は
彼を監禁し、悪魔を召還する機械を作らせた。
機械は完成し、悪魔デストールが召還された。

マグリッド王はデストールに、
世界を手にするほどの富を手にしたいと願い出た。
それに対し、デストールはこう答えた。

「生き物の命一つにつき、黄金一つを交換しよう」

その日から、一本の花、一羽の鳥というように
世界から命が一つずつ消えていき、
次々と黄金に引き換えられていった。

いつしかすべての生き物が消えたフレイル王国は
魔物の住みかとなり、
荒れ果てるがままの廃墟と化した。

その様子を見た神は
デストールによって封印された生き物の魂を解放するために、
天空の少年を地上につかわすのであった。

●感想

後のガイア幻想紀、天地創造と共に
「クインテット三部作」と評されることになる、ソウルブレイダー。

正統派アクションRPGで
剣と魔法で魔物を倒し、
悪魔にとらえられた魂を解放していくわけですが、
その復興のしかたがちょっとおもしろいです。

魔物を倒し、魔物の巣を封印していくごとに、
生命の気配も建物も何もなかった廃墟に
にょきにょきと建物がたち、
とらえられていた生き物たちが 次々と復活していきます。

そして、主人公と話をし、力を貸してくれる生き物は
なんと人間だけではないのです。

犬やネコといった動物のほか、
モグラやかたつむり、イルカ、人魚、花、人形、
はてはイスやタンスまで。
みんな個性豊かに動き、話し、主人公を導いてくれます。

今プレイしてみても、
名作は時がたっても名作なんだなあ、と思わせてくれる作品。
ゴダイゴのタケカワユキヒデ氏作曲の、
世界観にぴったり合ったBGMも必聴です。

(01/01/27)

戻る