←サイトTOPに戻る

クインテットデータ館ゲーム一覧>天地創造

天地創造

タイトル 天地創造
ハード SFC
ジャンル A・RPG
発売日 1995/10/20
容量 32M
定価 11,800円(税別)
開発元 (株)クインテット
発売元 (株)エニックス

Amazonで探す

ネットで探す

ネットオフ  / 楽天市場

アーク    ヨミ

●STORY

その星は、生まれて46億年という年月の間、
大いなる2つの意思によって進化と衰退をくり返していた。

表の顔、ライトサイドの意思で道具を使う生命が生まれ、
新たな技術が作られていく。
また裏の顔、ダークサイドの意思でひずみが生まれ、
その犠牲者が出る。

人類は2つの意思それぞれを
「神」と「悪魔」という名で呼んだ…。

●感想

SFCでは最後のクインテット作品となる天地創造。
いまだに根強いファンがついていることが物語っているように、
壮大で重厚なシナリオは、プレイした人に確実に「何か」を残してくれます。

アクションRPGですが難易度は高くなく、操作も単純明快。
謎解きもバランスがうまく取れているので、
安心してストーリーを楽しむことができます。

物語は、主人公の少年「アーク」が
ちょっとした好奇心から地下室の箱を開けてしまい、
不思議な生物の「ヨミ」と出会ったことから始まります。

滅びた地表を少しずつ復活させ、生命を導いていくうちに
次第に明らかになっていく真実。
今まで関係ないと思っていたそれまでの出来事が
複雑につながっていく終盤の展開。そしてエンディング。
このシナリオには、はっきりいって衝撃を受けました。
 

運が悪いことに、まったく同じ時期に一足早く
あの「聖剣伝説3」が発売されてしまったために
販売数、話題性共につぶされてしまった感がありますが、
天地創造はそこらのRPGとは確実に一線を画しているので、
プレイしないでいるのはもったいないです。

地表復興シーンのきれいなCGムービーと、心に残る音楽。
そして、純粋に感動できるシナリオと世界観。
他に類を見ない、完成度の高い作品です。

(01/01/27)

戻る