←サイトTOPに戻る

クインテットデータ館>クインテットとは

クインテットとは? 

(株)クインテットは1989年4月に設立されたソフト開発メーカーです。

当時『イース』シリーズを開発していた橋本昌哉さん、宮崎友好さんらが
日本ファルコムを退社し、設立。
その後、『アクトレイザー』『ソウルブレイダー』
『ガイア幻想紀』『天地創造』等々、
SFCで現在でも名作と評されるゲームを次々と開発しました。
(これらのゲームの発売元はエニックスですが、開発元はクインテットです)

そのほか、エニックスのゲームの下請けのような仕事も
行っていたようです。

SSでは『ソロ・クライシス』『Code R』を発売し、
PSでは他社と共同で『PLANET LAIKA』『グランストリーム伝紀』
をそれぞれ開発。

DCの『GODZILLA GENERATIONS』、
PSの『SIMPLE1500シリーズVol.78「THE ゼロヨン」』
『マジカル封神』の開発に関わった頃から
公式サイトの更新がぱったりと途絶え、
現在では何をしているのかの情報は伝わってきていません。

完成度が高く、深いテーマを内包したシナリオと
A・RPGに代表されるゲームシステムは共に評価が高く、
いまだに根強いファンが多いメーカーです。

2004/03/15

2010/11/01追記

現在ではクインテットの公式サイトもなくなり、
以前使用されていたドメインは
今は同名の違う会社が所有している模様です。

訂正や追加情報等がありましたら、ご連絡お願いいたします。
なお、当サイトはクインテットとはなんの関わりもない
ただのファンサイトですので、ご了承ください。

戻る