昔のらくがき帳
(2015年8月上旬分)
←7月下旬へ    12月上旬へ→

8月2日(

今日は三種町と能代市方面に行ってきました。

まずは三種町の釜谷浜海水浴場へ。
ここで7/25と26に「サンドクラフト2015 in みたね」というイベントが
開催されたのですが、
そのイベントで製作された砂像はイベント終了後も
そのまま8月31日まで展示されているのですよ。

こちらは進撃の巨人を模した作品。
「最優秀賞」の札が付けられています。

こちらはアーティストによって製作された特別砂像。
台湾の丁 元茜氏の「子どもの頃の夢」という作品です。
つぶらな瞳の猫がなんかかわいい(笑)

こちらは台湾の陳 怡静氏の「夏の冒険」

台湾の王 松冠氏の「自在観音」

そして保坂 俊彦氏の「阿修羅」

どれも砂で作られているとは思えないほどの迫力がある
見事な作品でした。

砂像は時間と共に少しずつ崩れていってしまうので、
なるべく早めに見に行くことをおすすめします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

その後は能代市へ移動。
今日は「子ども七夕」という行事をやっていて、
地域の子供たちがお囃子を演奏しながら、
アニメキャラクターなどを形どった「小若燈篭」を曳いて
大通りを練り歩くのですよ。

今年はその「子ども七夕」と一緒に、
明日から開催される「天空の不夜城」の城郭型燈篭も
運行されるとのこと。

町はもうお祭りムード一色になっていて、
お店では天空の不夜城の模型が置いてあったり、
天空の不夜城にちなんだ商品が販売されていたりします。

道路のマンホールも、よく見ると灯篭のシャチが描かれています。

能代市西通町の『シャトー赤坂』で
「不夜城フルーツサンデー(800円)」を期間限定販売しているというので
さっそく注文してみました。

グラスの中にはバニラと抹茶とイチゴのアイス、
そしてコーンフレークと生クリームが入っていて、
一番上には台湾かき氷のような
ミルク味のフワフワしたかき氷がのっています。
そこにオレンジとメロンが添えられ、
不夜城の灯篭のシャチを模したチョコレートがのっていますよ。

高さは30センチほどあり、店員さんが
「大きいパフェで二人分あるので、お二人で分けて食べるのが良いです」と
言っていました。

たしかにボリュームがあるので、小食女子の場合は
シェアすればちょうど良い量になるのかも。
私はさかい屋の大きなパフェを食べ慣れてるので
多分1人で余裕で完食できると思います(汗)

−−−−−−−−−−−−−−−−−

そしてけやき公園へ。
公園の横には、天空の不夜城の城郭型燈篭がスタンバイしていました。

一番大きいこの燈篭は「愛季(ちかすえ)」という名前が付いていて、
高さはなんと24.1メートルもあります。
とにかく大きい上にド派手な色使いで、
城郭を模した、菱形のような不思議な形をしていますよ。

これは青森県の「五所川原立佞武多」よりも大きい、
日本一の大きさを誇る燈篭なのだそうです。

右奥に見える燈篭は高さ17.6メートルの「嘉六(かろく)」で、
こちらも城郭を模したものになっています。
両方とも間近で見ると本当に圧倒される大きさですね。

余談ですが、愛季に描かれている模様を見ていたら
秋田県のマスコットキャラの「スギッチ」がいるのを発見しました(笑)

−−−−−−−−−−−−−−−−−

けやき公園の屋台で鶴形そばなどを食べたりしていると、
子ども七夕の開始時刻が近づいてきました。
会場となる道路に、各町内で製作した小若燈篭が入場してきます。

これはガンダム。かなり本格的な造形で本物そっくりです。

ベイマックスもいました。

賑やかなお囃子とともに、たくさんの小若燈篭が
一列になって道路を進んでいきます。
今年は3,000人以上の子供たちが23機の燈篭を曳いているとのこと。

次第に日が暮れてきました。燈篭の灯かりが綺麗に光っています。

子ども七夕に続いて、城郭型の灯篭の「能代若」がやってきました。
その後ろには天空の不夜城の「嘉六」と「愛季」が続いています。

「子ども七夕」と「天空の不夜城」は元々別の行事で、
天空の不夜城の正式な運行は明日とあさってなのですが、
今年はこども七夕に天空の不夜城が加勢するという形で
一緒に練り歩くことになったそうです。

灯かりがともった天空の不夜城は、
昼間の派手な色使いとは印象が全然違う、華やかで荘厳な雰囲気!

間近で見上げると本当に巨大で迫力があって、
とにかく圧倒されます。すごい。

そんな感じで、芸術的な光景を楽しんだ1日でした。

 

らくがき帳に戻る

TOPページに戻る

←7月下旬へ    12月上旬へ→