らくがき帳

←前のページへ ・ 次のページへ→

8月27日(日)

秋田県のモスバーガーで、8/29の「秋田県の記念日」に合わせて8/26~8/29の期間中「ぜいたくモスバーガー630円)」と「ぜいたくモスチーズバーガー(690円)」という限定メニューが販売されるというので、さっそく食べに行ってきました。

こちらがその「ぜいたくモスチーズバーガー」です。通常のモスチーズバーガーと違ってパティが2枚にチーズが2枚、ミートソースの量も2倍という贅沢仕様なチーズバーガーですよっ。

ぜいたくモスチーズバーガー

分厚い上にミートソースがたっぷりなので若干食べづらい感はありましたが、食べ応えがあって味ももちろん美味しかったです♪

 

8月29日(火)

朝の6時にすやすや寝ていたら、北朝鮮からのミサイル発射を知らせるJアラートで起こされました、そんなりあですこんにちは。

最初、枕元に置いていたスマホから『♪ピンポンパンポンピ~ン ピンポンパンポンピ~ン♪』という、エリアメールを受信した時に流れる、どことなくのんきなチャイムの音が流れたのを聞いた時は、「先月の時みたいに、また大雨で河川が氾濫しそうになって
避難勧告が出たのかな?」と思ったのですが、スマホの画面に表示された「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい。」の文字を見て一気に青ざめましたよ。

Jアラート

とりあえず、同じようにエリアメールの音で目を覚ました夫に「大変だ!ミサイルが発射された!!」と伝えて、一体この後どう行動するべきか…と、寝起きでまだ鈍い頭をフル回転。

「頑丈な建物や地下」と言われても、このアパート周辺はごく普通の住宅地で、頑丈だったり地下があったりする建物は存在しないのですよ(汗)

以前何かで「北朝鮮からのミサイルが日本に到達するまでにかかる時間は10分足らず」「政府がミサイルの発射を確認してその軌道を計算し、日本に飛来する可能性が高いと判断して、Jアラートを発動するのに数分かかる」と聞いたことがあるので、もしその通りだとすると、Jアラートからミサイル着弾までの猶予は5分ほどしかない計算に。

この付近の頑丈な建物で思い当たるのは小学校ぐらいのものですが、朝6時に入り口が開いているのかどうかは不明。そしてもし大急ぎでパジャマから普通の服に着替えてダッシュで移動しても、アパートから小学校までは結構距離があるので、5分以内にたどり付くのは無理…。一体どうすればいいというのか(汗)

結局、屋外で無防備な状態でミサイルの爆風にさらされるよりは、このままアパートに留まっていた方が生存率が高いのでは…と判断して、窓から離れて床に伏せて頭から布団をかぶり、生き残りを図ることにしました。超怖いけど、もう他に方法がないし!(涙)

先月の大雨の後、念のために「Yahoo!防災速報」のアプリをインストールしていたので、そっちからもスマホに「国民保護情報」の通知が届いたのですが、そこに書かれた対象地域には秋田県が含まれておりました。範囲が広すぎるし、いつ落ちてくるかわからないし、もはや恐怖以外の何者でもないですよ!ついさっきまでのんびり平和に眠っていたのに、まさか一瞬にして命の危険にさらされることになろうとは(泣)

国民保護情報

現時点での情報が、この2つの通知しかないので、今一体どうなっているのかを知るためにテレビでNHKを見るべきでは…と思ったものの、秋田に着弾する可能性がゼロではない以上、下手にリビングに移動するのも危険な気が…。うーむ。

結局、スマホのワンセグでテレビを見たり2ちゃんねるのスレで情報を確認したりしているうちに、ミサイルが上空を通過したというエリアメールが入ってきました。その後のニュースによると、ミサイルは津軽海峡付近を通過し、襟裳岬の東1,180キロの太平洋上に落下したとのことです。

エリアメール

ミサイル本体は着弾しなくても上空を通過した時に部品や燃料などが落ちてくる可能性もありますが、その後のニュースを見る限り今回は何の被害もなかったようで一安心です。生きた心地がしなかったし、一時は本当に死を覚悟しました…。おのれ北朝鮮!

-----------------

朝からこんな事態になってドッと疲れましたよ。そういえば「国民保護サイレン音」が家の外から聞こえてこなかった事に後で気が付きました。このアパートの近くに防災無線の設備がないのかもしれません。ということは、エリアメールの着信音に気が付かなければミサイル発射にも気が付かない可能性が…。なんてこった。

秋田市の「防災ネットあきたメール」にも登録しているのですが、こちらはミサイル発射時には何も配信されず、6時38分にようやく「北海道上空を通過したものと推定されます」という内容のメールが届いたので、Jアラートとは連動していない模様。

あと、身を守りつつスマホ一つで状況を把握するのは難しいので、すぐにテレビを付けた方がいいなと思いました。あらかじめ枕元に、NHKのラジオ第1にプリセットして電池も入れてあるラジオを用意しておいて、電源ボタン一つですぐにラジオを聞けるようにする方法もいいかも。

そういえば母方の祖母が昔、「何かあったときにすぐ服を着て逃げられるように、次の日に着る服は寝る前に枕元に置いておきなさい」と言っていたっけな…。最近全然実践できていなかった…(反省)

等々、いろいろ思うところがあったので、改善できるところは改善していきたいと思います。でも、できればもう二度とこんな思いはしたくないですな。何はともあれ、みんな無事で何よりです(涙)

-----------------

 

←前のページへ ・ 次のページへ→