次へ→
 
←ご当地ソフトのページに戻る
TOPページに戻る
 
アイスの名前 生グレープフルーツソフトクリーム
お店の名前 広栄堂(秋田市南通みその町6-21)
値段 400円

夏場は店の前に行列ができるほど人気な
広栄堂のかき氷。かなりの種類があります。
このように、上にソフトクリームが乗ったものも。

何がすごいって、とにかく氷の盛りがいい!
そして、氷自体が美味しい。これは衝撃でした。
下のシロップ部分には、生のグレープフルーツの
果肉がごろごろ入ってます。
そこにたどり着くまでに氷をこぼしちゃうんですけど、
それもまた一興。
人気があるのも納得のおいしさです。

ちなみに『生イチゴソフトクリーム』を頼むと
伝票に略称で『生イソ』と書かれ、
この『生グレープフルーツソフトクリーム』を頼むと…
(以下自主規制)という実話が有名です(笑)

(04/08/09)


 
アイスの名前 小岩井チーズソフトクリーム(期間限定)
お店の名前 道の駅雫石あねっこ(岩手県岩手郡雫石町橋場坂本118番地10)
値段 250円
写真なし

道の駅雫石あねっこ内の
「こびるコーナー」で売っています。
「ひとめぼれソフトクリーム」と同じお店ですな。

一見普通のバニラソフトですが、
食べてみるとほのかにチーズの風味がして
かなり美味しいです。
期間限定商品なのが切ないところ。

(04/07/30)


 
アイスの名前 ほおずきソフト
お店の名前 道の駅かみこあに(北秋田郡上小阿仁村小沢田字向川原66-1)
値段 280円

道の駅で購入できるソフトクリーム。
「初恋の味」というキャッチコピーで、
その名の通り、甘い中にほのかな酸味があって
おいしいです。

ちなみにこのソフトに使っているのは
みなさまおなじみの観賞用のほおずきではなく、
「食用ほおずき」という別の品種です。

観賞用よりもふた周りほど小さく、
色も薄い黄色のほおずきは
ミニトマトのような食感とほのかに甘酸っぱい味で、
私は割と好きだったり。
(↑季節になると、たまに特産品センターあたりに
売っているのです)

(04/07/12)


 
アイスの名前 塩ソフト(小) (期間限定)
お店の名前 道の駅かみこあに(北秋田郡上小阿仁村小沢田字向川原66-1)
値段 210円
写真なし

名前のインパクトがとにかく強いこのソフト。
通常サイズと小サイズの2種類あります。
色は爽やかなミントブルー。海のイメージか?

私は「ほんのり塩の味がするぐらいで、
ちょっと変わったバニラソフトみたい」という感覚で
小サイズを完食したのですが、
同行者は「しょっぱすぎてとても食べられない」と
途中で食べるのを断念していました。
味の好みが思いっきり分かれるソフトだと思います。
挑戦しがいはあるかも(笑)

(04/07/12)


 
アイスの名前 木いちごソフトクリーム
お店の名前 道の駅五城目(南秋田郡五城目町富津内下山内宇上広ヶ野76-1)
値段 280円

ほんのりピンク色のソフトクリーム。
もったりした感じの、不思議な食感です。
トルコアイスのもったり感が近いかな?

甘めのソフトで、木いちごの甘酸っぱい味と
牛乳の味がしますよ。
素材の関係なのか、他のソフトよりも
硬めのしっかりした食感で、
いつ作ってもらってもツノがピンと立っている
ソフトクリームです。

(04/07/12)


 
アイスの名前 ひとめぼれソフトクリーム
お店の名前 道の駅雫石あねっこ(岩手県岩手郡雫石町橋場坂本118番地10)
値段 250円

岩手産のお米、「ひとめぼれ」を使ったソフト。
写真は光源の関係で黄色っぽく写っていますが、
実物は真っ白な色をしています。

その名の通り、食べてみるとお米の味がします。
『ドン』という名の米菓子(地域によって
『爆弾あられ』や『ポン菓子』など、
呼び名はさまざまなようです)がありますが、
あれにかなり近い、香ばしい風味。
私は好きな味ですね。ちなみにドンも好きです(笑)

(04/06/17)


 
アイスの名前 こはぢゃソフト
お店の名前 道の駅ことおか(山本郡三種町鹿渡字高石野126-1)
値段 250円

道の駅ことおか内のレストランで食べられます。

「こはぢゃ(こはじゃ)」というのは
正式には「ナツハゼ」という名の植物で、
ブルーベリーの仲間です。
味もブルーベリーに似て甘酸っぱい感じ。

割と酸味が強いソフトなので、
「酸っぱいのはどうも苦手でして」という人は
バニラとのミックスソフトにした方が無難かも。

(04/06/11)


 
アイスの名前 ソフトジャップ
お店の名前 三国統也商店(二ツ井町比井野99)
値段 190円

元は隣店で販売していたアイスですが、
製作者が亡くなった後、長い間販売中止に
なっていた所を、三国統也商店さんが
復活させたそうです。

普通のジャップ(105円)のほか、ミルク入りのものや、
写真のようなソフトクリーム入りのものもあります。

食感はというと、シャーベットっぽいのですが
それとはまた別物ですね。おいしいです。
「ババヘラアイスをもっときめ細やかにした感じ」
というと、秋田県人だけはなんとなく
イメージがつかめるかと(笑)

お店のおばちゃんが気さくな人だった事と
古いホーローの看板が印象深いです。

(04/06/03)

 
アイスの名前 しょうゆソフトクリーム
お店の名前 安藤醸造元仙北郡角館町雲然字山崎42-1北浦本館
値段 250円

醤油や味噌で有名な安藤醸造元の中にある
お菓子のくらた 角館店」で販売しているソフトクリーム。
写真ではわかりづらいのですが、
色は薄いコーヒー色(醤油色?)です。

「醤油」と「ソフトクリーム」という
かなり謎な組み合わせなのですが、
食べてみて納得!かなりおいしいですこれ。

ほんのり醤油の風味がするのにもかかわらず
味がケンカすることなく、うまくまとまってますよ。
一見キワモノっぽいのに、正統派においしい不思議。
これは一度食べてみる価値はあります。

(04/05/14)


 
アイスの名前 はちみつアイス
お店の名前 山のはちみつ屋(仙北市田沢湖生保内字石神163-1)
値段 210円

好きなフローズンフルーツを3種類選ぶと、
それをその場でバニラアイスにミックスしてくれます。
その上に好きな風味のはちみつをかけて
食べることができますよ。

フルーツは「原型をまったくとどめないほど粉々にし、
完全にアイスに混ぜ込まれた状態」で出てくるので
その辺注意が必要です。
(「トッピングを選んでください」と書かれているので、
ある程度形が残った状態で出てくるのかと思っていた私は、
フルーツの選択に失敗した感がなきにしもあらず)

いろんな組み合わせを試してみると面白いかも。
ちなみにここのお店では、いろんな種類の
はちみつやジャム、コンポート等を売っています。

(04/05/14)

07/11/08追記:値段が210円から250円に変わっていました。


 
アイスの名前 比内地鶏たまごソフトクリーム
お店の名前 道の駅ひない(大館市比内町扇田字新大堤下93-11)
値段 280円

日本三大美味鶏として有名な、
比内町の名産「比内地鶏」の卵を使ったソフト。

色は鮮やかな黄色です。
卵の味がかなり濃厚で、カスタード風の味わい。
甘さもほどよいので、私はこのソフトが好きだったり。

余談ですが、ここで売っている
「とっとぷりん」もかなりおいしいです。
もし機会があったらご賞味ください。

(04/05/09)

 
アイスの名前 かぼちゃソフトクリーム
お店の名前 道の駅てんのう(潟上市天王字江川上谷地109番地2)
値段 250円
写真なし

天王スカイタワーがどどんとそびえる、
道の駅てんのうで売っているソフトクリームです。

ペーストにしたかぼちゃを使っていて、
甘さはひかえめ。色は濃いかぼちゃ色です。
食べると、かぼちゃの味がはっきりとして
おいしかったです。

(04/05/02)

 
アイスの名前 トマピーソフト
お店の名前 道の駅おおがた(南秋田郡大潟村字西5丁目2番地)
値段 300円

トマピーという野菜を使った、
薄いオレンジ色のソフトクリーム。
食べるとほのかにトマピーの風味がします。

ちなみに「トマピー」というのはピーマンの一種で、
トマトとピーマンの中間のような形をしています。
色は真っ赤で、果肉はピーマンのような感じ。
私はトマピーを実際に食べたことがあるんですけれど、
味は「甘味の少なめなパプリカ(ジャンボピーマン)」と
いった感じですね。

全国的にもかなり珍しいソフトなので、
近くを通った時に食べてみると面白いかも。

(02/05/17)

08/07/14追記:元は「産直センター潟の店」でしたが、
6月1日に「道の駅おおがた」に認定されたので
表記を変更しました。

 

次へ→

←ご当地ソフトのページに戻る
TOPページに戻る