←前へ

次へ→
 
←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る

 
アイスの名前 紅ほっぺソフト
お店の名前 道の駅十文字
値段 350円

静岡で生まれた「紅ほっぺ」という品種の
いちごを使ったソフトクリーム。
薄いピンク色をしていて、
食べると甘酸っぱいイチゴの風味がしますよ。

コーンは普通のコーンとワッフルコーンの
2種類から選ぶことができ、
普通のコーンは300円、ワッフルコーンは350円で
購入することができます。

(07/12/25)

 
アイスの名前 ブルーメッセバラアイス
お店の名前 道の駅しょうわ (=ブルーメッセあきた
値段 120円

ブルーメッセ内の物産販売コーナーで
販売されているアイスキャンディー。

全体に紫色の小さな粒のようなものが混ぜ込まれていて、
一部が先端部分に密集しているのが見えます。
原材料欄に「ばらのはな」と書かれているので、
おそらくこれがバラの花で間違いないかと。

味はミルク風味のアイスキャンディーで、
花の香りはほとんど感じないので
違和感なく食べられると思います。

ちなみに製造元は「アイスミルクキャンディー」や
へそアイス」と同じ「雄和振興公社」でした。

他には「絞りたてミルク味(120円)」と
「レモンシャーベット(120円)」のアイスキャンディーも
販売されていますよ。

(07/12/15)

 
アイスの名前 蕎麦の実アイス
お店の名前 渓鶏庵(鹿角市十和田大湯字荒瀬10-1)
値段 300円

鹿角にあるそばと比内地鶏料理のお店に
蕎麦の実アイスがあったので食べてみました。

そばが入っているせいか
そば粉っぽいような独特の食感があり、
ほんのりとそばの良い香りがしますよ。
ところどころにそばの実らしきものも入っています。
他には「胡麻アイス」もありました。

(07/10/25)

 
アイスの名前 はちみつのアイスクリーム
お店の名前 La Fuga(ラ・フーガ)(仙北市角館町小館34-8)
値段 320円

角館にあるイタリア料理のお店で
食べることができるアイスクリーム。

その名のとおりハチミツを使ったアイスで、
食べてみるとはちみつ独特の風味が
はっきりと感じられますよ。
ちなみに使用しているのは
秋田産のアカシアのはちみつだそうです。

この「はちみつのアイスクリーム」に
エスプレッソの最初の数滴をかけたという
「セミフレッド・アル・カフェ(530円)」もありました。

(07/10/05)

 
アイスの名前 さくらソフト
お店の名前 唐土庵(もろこしあん)(秋田市東通2丁目14-3:秋田東通店)
値段 250円

もろこしアイス」と同じく
唐土庵で購入できるソフトクリーム。

なんと秋田の伝統和菓子である「もろこし」が
2本もソフトに添えられていますよ!
これは唐土庵ならではですし、
食感や味がアクセントになっていて面白いですね。

ソフトにはジャージー牛の牛乳を使っているそうで、
そのミルクのコクが桜の風味と合わさって
ちょうど桜餅のような味わいのソフトになっています。

(07/09/13)

 
アイスの名前 へそアイス
お店の名前 フレッシュランドまごころ(秋田市河辺和田字和田197-5)
値段 120円

和田駅の隣にある直売所で販売しているアイスクリーム。

ちなみになぜ「へそ」なのかというと、
和田駅がある旧・河辺町(現在は秋田市と合併)が
ちょうど秋田県のど真ん中(へそ)に
位置しているからなのですよ。

ちなみにパッケージには
「秋田の中心地 KAWABE」と書かれています(笑)

 
アイス本体はというと、のっぺりした丸いモナカの中に
ごま風味のアイスが入っていますよ。


 

なんでごま風味なのかは最初気にしていなかったのですが、
後に「へそ」=「へそのごま」という衝撃の事実が判明(笑)
河辺らしい面白いアイスでした。

(07/09/13)

 
アイスの名前 栗ソフトクリーム
お店の名前 全国味百撰中三秋田店 07/09/13〜24)
値段 280円

「全国味百選」に出店していた、
北海道の『あいすの家』のソフトクリーム。

「バニラ」「栗」「ミックス」の3種類があったので、
「栗」をチョイスしてみました。
色は薄い黄色で、食べると栗の風味がします。
あっさりした甘さの、秋らしいソフトですね。

味百選で販売していたのはソフトクリームだけでしたが、
店舗やネットショップではアイスクリームも
販売しているそうです。

(07/09/13)

 
アイスの名前 モロヘイヤアイスクリーム
お店の名前 ゆう菜家(秋田市雄和向野字前開45)
値段 315円

自家栽培の無農薬野菜を使った料理を
楽しむことができるレストラン。
このアイスクリームも、自家製のモロヘイヤを
使って作られています。

チーズケーキみたいな形をしている
白いアイスの中に、モロヘイヤと思われる
緑色のつぶが混ぜ込まれていますよ。

食べてみると、ほんのりとモロヘイヤの後味を感じますが
青臭さもまったくなくて食べやすかったです。

(07/09/10)

 
アイスの名前 マンゴーソフト
お店の名前 まめまめハウス(秋田市東通仲町4番1号 アルヴェB棟1階
値段 300円

下と同じく、まめまめハウスで
食べることができるアイスクリーム。
こちらはバニラソフトの上に
マンゴーソースがたっぷりとかけられています。

ちなみに「ソフトクリーム(250円)」は
カップかコーンかを選ぶことができますが、
マンゴーソフトやアールグレイソフトなどは
コーンだとシロップがこぼれてしまうため、
紙カップのみの販売となるそうです。

(07/09/05)

 
アイスの名前 アールグレイソフト
お店の名前 まめまめハウス(秋田市東通仲町4番1号 アルヴェB棟1階
値段 260円

アルヴェの1階にある珈琲紅茶専門店で
食べることができるアイスクリーム。

紙カップの中にバニラソフトが入っており、
その上から甘みのある
アールグレイシロップをかけてあります。
専門店だけあって、紅茶の濃厚な風味が良い感じ♪

他には「キャラメルソフト(300円)」や
「ブルーベリーソフト(300円)」、
ソフトクリームをのせたコーヒーや紅茶なども
販売されていました。

(07/09/05)

←前へ

次へ→


←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る