←前へ

次へ→
 
←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る

 
アイスの名前 だだっこソフト
お店の名前 清川屋(鶴岡インター店)(山形県鶴岡市美咲町33-21)
値段 250円

山形名産の「だだちゃ豆」を使ったお菓子を始め、
様々な和洋菓子、果物、地酒等を販売しているお店で
購入できるソフトクリーム。

これは鶴岡産の「だだちゃ豆」を使っており、
食べてみるとさっぱりとしたミルク風味の中に
だだちゃ豆の風味があっておいしいです。

ちなみに容器はコーンと紙カップの
2種類から選ぶことができますよ。

(08/10/09)

  
アイスの名前 イカスミソフト
お店の名前 海鮮どんや とびしま
(山形県酒田市船場町2-5-10 さかた海鮮市場内2階)
値段 270円

酒田港のすぐそばにある『さかた海鮮市場』の
2階にある定食屋さんで食べられるソフト。

その名の通り、イカスミが入っていて
グレーの色をしているソフトですよ。
見た目はインパクトありますが、
味は普通のバニラソフトに近くて
クセ等はまったくなかったです。

他には、イカスミを使った
「いかすみピッツァ(700円)」もありました。

(08/10/09)

 
アイスの名前 黒ぶんどうソフト(期間限定)
お店の名前 さかい屋(仙北市角館町中菅沢92-81)
値段 200円

このお店は果物屋さんなので
新鮮な果物を使ったソフトやパフェを食べることができ、
毎月のようにそのラインナップが変わるのですが、
今の時期は「黒ぶんどうソフト」が販売されていました。

「黒ぶどう」ではなく「黒ぶんどう」という
表記なのが面白いです(笑)

色はきれいな紫色で、シャーベットに近いやや固めの食感。
食べるとさっぱりしていて、
ぶどうのさわやかな風味がしますよ。
ピックに刺さったぶどうの果肉が3粒ついてきますが、
これもまたみずみずしくて甘くて美味しかったです。

(08/09/26)

 
アイスの名前 子持ちソフト
お店の名前 さかい屋(仙北市角館町中菅沢92-81)
値段 200円

ソフトクリームの形をした小さなお菓子が
バニラソフトの上にちょこんとのっていて、
その姿がまるで親子のようですよ。
確かにこれは子持ちソフトですな。

お菓子は小さなコーンとマシュマロでできていて、
マシュマロの下には
グミゼリーのようなものが入っています。
これに似た駄菓子が市販されているので、
おそらくこれも駄菓子の一種ではないかと。
バニラソフトの上には
カラースプレーがかけられていました。

(08/09/26)

 
アイスの名前 青大豆みそソフト
お店の名前 道の駅五城目(南秋田郡五城目町富津内下山内宇上広ヶ野76-1)
値段 280円

五城目産の「青大豆みそ」を使ったソフトで、
色はきれいな薄緑色をしています。

食べるとほのかに豆の風味がしますよ。
後味がちょっと味噌っぽい感じなのですが
控えめな味なので、違和感なく食べられました。

もう少し青大豆味噌っぽさがあっても
面白いかなーと思ったのですが、
かといって「焼きみそソフト」や
豆板醤ソフト」レベルになると
評価が結構分かれそうなので、
むしろこのぐらいでちょうどいいのかもしれません。

(08/09/16)

 
アイスの名前 巨峰フラッペ
お店の名前 シュガーキッチン(秋田市広面字樋ノ沖17-2)
値段 400円

洋菓子店の中にある喫茶コーナーで
夏に食べることができるかき氷。

その名の通り、氷の下には
巨峰を使ったシロップが入っています。
甘さもちょうど良いし、
果汁の風味たっぷりで美味しいですね。

ちなみに各50円増しで
ミルク入りやアイスクリームのせにすることもできますよ。

(08/09/10)

 
アイスの名前 パインフラッペ
お店の名前 シュガーキッチン(秋田市広面字樋ノ沖17-2)
値段 400円

上と同じく、シュガーキッチンで
食べることができるかき氷。
こちらはパインを使ったシロップが入っていて、
食べると甘酸っぱい果汁の風味が味わえます。

この他には「いちご(400円)」と
「抹茶あずき(450円)」がありました。

(08/09/10)

 
アイスの名前 陳麻アイス
お店の名前 陳麻家(秋田外旭川店)(秋田市外旭川字八幡田121-1)
値段 180円
 

「陳麻飯」や「担々麺」などを食べることができるお店で
食べたアイスクリーム。
2個のバニラアイスの上に
ゴマソースと黒蜜がかけられています。

辛いものを食べた後にちょうどいい甘さだと思いました。

(08/09/03)

 
アイスの名前 ソフトクレープ
お店の名前 小松屋本店(横手市田中町9-17)
値段 480円
 

ここは、アイスキャンディーの「アイスドリアン」や
「かぶと虫の幼虫チョコレート」などで有名な
和洋菓子販売のお店なのですけれど、
店内が喫茶店にもなっていて
パフェやあんみつ、ドリンク等を楽しむことができます。

その中で人気No.1だという
この「ソフトクレープ」を注文してみたところ…。

運ばれてきた容器の中から
勢いよく吹き出す真っ白い煙!
ピンクの液体はボコボコと怪しげに泡立ち、
冷気がこちらに向かってぶわーっと!
一体これは何事なのか!?


 

実はこれ、ドライアイスの煙なのです。
ブランデーグラスっぽい形のガラス容器の中に
色が付いた液体が入っており、
その中に入っているドライアイスが溶けることで
白い煙がもくもくと吹き出しているわけなのですよ。

その上に、ちょうどふたをするように
ソフトクリームが入ったガラスの小皿が乗せられています。
ガラス容器の中のドライアイスや液体が
ソフトクリームに直接触れることはないので、
安心して食べることができますね。

ちなみに液体の色は青や緑など何種類かあり、
ランダムで運ばれてくる模様です。

そして肝心のソフトクリームですが、
小さく巻いて輪切りにしたクレープが
バニラソフトの中にごろごろと入っていますよ。
なかなか面白い組み合わせだし、
結構食べごたえがあって美味しかったです。

(08/08/28)

 
アイスの名前 ソフトアイス
お店の名前 味一番(横手市十文字町字西上42-5)
値段 200円

焼きそばと中華そばのお店で販売しているソフト。
使っているのはスジャータ
「バニラ&ストロベリー」です。

紙カップに入っていて、スプーンが添えられていますよ。
バニラとストロベリーがミックスされていて
甘酸っぱい風味のソフトでした。

(08/08/28)

 
アイスの名前 ブレンダー(あずき)
お店の名前 道の駅 十文字(横手市十文字町字海道下21番地4)
値段 350円

道の駅内の『いっぷく処 いもや』で販売しているソフト。
カップ型のワッフルコーンの上に
ソフトクリームがのっています。

ごま、あずき、マンゴー、ブルーベリー、ストロベリーの
5種類があったので、今回はあずきをチョイス。
ソフトの上から抹茶やきな粉、黒蜜等を
かけることもできるというので、黒蜜をかけてみました。

「ブレンダー」という名前の通り、
ソフトの中に小豆が混ぜ込まれていますよ。
小豆の皮も大き目の形で残っているので
その食感を味わうことができます。

(08/08/28)

←前へ

次へ→


←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る