←前へ

次へ→
 
←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る

 
アイスの名前 青大豆アイス
お店の名前 ハーブワールドAKITA(由利本荘市西目町沼田字新道下490-5)
値段 180円

ハーブ園内のレストランで購入できるカップアイス。
ふたを開けるとこんな感じです。

その名の通り、バニラアイスの中に
細かく砕いた青大豆が入っていますよ。
程よく凍った大豆の食感と、ほのかな大豆の風味が
さっぱりした感じで美味しかったです。

(09/04/30)

 
アイスの名前 さくらソフトクリーム
お店の名前 かつ吉(秋田市外旭川八幡田1-1-36)
値段 200円

秋田市にあるとんかつ屋さんで、
レディースデーのサービス品として
定食に付いてきたソフトクリーム。
薄いピンク色で、食べると桜の風味がします。

ちなみに単品で買うと200円です。
使っているのはNISSEIのソフトクリームミックスでした。

(09/04/29)

 
アイスの名前 きりたんぽアイス
お店の名前 株式会社ドリームリンク(秋田市山王2丁目9-1)
値段 420円

秋田まるごと市場』に売っていたので購入しました。
その名の通り、秋田名物の「きりたんぽ鍋」を
イメージして作ったカップアイスです。

ベースはミルクアイスなのですが、
食べると醤油の風味がして、
後味が甘じょっぱい感じがします。
使っているのは秋田醤油だそうですよ。

食べ進めると、アイスの中に
大きな米粒のようなものがいくつも混ぜ込まれています。
これはあきたこまちで作ったきりたんぽを
小さく刻んだもので、食べると柔らかい食感です。

ちなみに、原材料欄にもちゃんと
「きりたんぽ」と書いてありました(笑)

(09/04/24)

 
アイスの名前 セリオンパフェ
お店の名前 ラウンジスカイブルー(秋田市土崎港西1丁目9番1号 セリオン4階)
値段 500円

セリオン』の4階にあるレストランで
食べることができるパフェ。

その名の通り、セリオンのタワーをイメージしており、
てっぺんにはチョコ味でサクサクした
円筒型のお菓子がそびえ立っています。
うまい棒のチョコレート味(通常のものより
2周りほど小さいやつ)に似ている気がしますが、
同じものかどうかは不明。
その上からチョコレートソースをかけ、
アラザンを散らしてあります。

グラスの中にはコーンフレークと生クリーム、
マンゴーソースとストロベリーソースが入っています。
その上にはバニラアイスと生クリーム、
バナナ、さくらんぼ、カラーチョコスプレーが
飾り付けられていますよ。

セリオンっぽくて面白いパフェなのですが、
コーンフレークの割合が高いので、
意識的にアイスを残しながら食べるのが
無難ではないかと思われます。

(09/02/06)

 
アイスの名前 ももソフトクリーム
お店の名前 道の駅かみこあに(北秋田郡上小阿仁村小沢田字向川原66-1)
値段 290円

由利本荘市にある『花立牧場』の
ジャージー乳を使っているというソフト。
薄いオレンジ色をしていて、桃の風味がします。

通常サイズのほかに「ミニソフト(230円)」もあり、
他にはごまソフト(260円)、バニラソフト(260円)もありました。

(09/01/25)

 
アイスの名前 ソルティソフト
お店の名前 道の駅ふかうら
(青森県西津軽郡深浦町大字風合瀬字上砂子川144-1)
値段 250円

自然塩を使った白いソフトクリームの中に、
青のりのような緑色の粉が混ぜ込まれています。
この緑色の粉は、わかめの粉末だそうですよ。

食べてみると普通のバニラソフトのように感じますが、
後味がほんのり塩っぽい感じがしますね。
それほどクセはないので食べやすいと思います。

(08/11/12)

 
アイスの名前 ソフト栗夢(くりーむ)
お店の名前 れすとらん五千年の里(青森市三内字丸山305 縄文時遊館内)
値段 330円

縄文時代の集落跡である『三内丸山遺跡』内の
レストランで購入できるソフトクリーム。

普通のソフトクリームとは形が違い、
モンブランのような姿をしていますよ!
栗は縄文時代から食されていたということから、
このソフトも栗を使ったものになっています。

形は完全にモンブランケーキですが、
コーンにのっているのは「マロンクリーム」ではなく
栗を使った「ソフトクリーム」なので、
見た目よりもさっぱりしているソフトだと思いました。

(08/11/01)

 
アイスの名前 青森ほたてソフトクリーム
お店の名前 青森県漁連アスパム直営店
(青森県青森市安方一丁目1番40号 アスパム1階)
値段 200円

青森県観光物産館アスパム』の1階にあるお店で
購入できるソフトクリーム。

青森県はほたての水揚げ量が
北海道に次いで全国2位ということもあってか、
ほたてのエキスを使ったソフトを販売していますよ。

色は真っ白で、生臭さ等はないですね。
ほんのり塩味で、ホタテの風味をほのかに感じますが、
違和感なく普通に食べられます。

他には「バニラ(200円)」と「ミックス(200円)」も
販売されていました。

(08/11/01)

 
アイスの名前 黒房すぐりソフトクリーム
お店の名前 道の駅 浅虫温泉(青森県青森市浅虫字蛍谷341-19)
値段 300円

道の駅1階の物販コーナーで購入できるソフトクリーム。

青森市特産の「黒房すぐり」を使っており、
色は薄い赤紫色。
柑橘系にも似た甘酸っぱい味とともに
ミルクっぽい風味を感じます。

他にはバニラソフト(280円)と焼きいもソフト(320円)
ダブル苺ソフトクリーム(320円)
ロイヤルセレクトバニラソフトクリーム(350円)
販売されていました。

(08/11/01)

←前へ

次へ→


←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る