←前へ

次へ→

←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る

 
アイスの名前 まるごとメロンパフェ
お店の名前 あいすの家
値段 370円
 

『秋田まるごと市場』で11/19〜28に開催されていた
「大北海道展」で販売されていたパフェ。

プラスチックカップに入った夕張メロンソフトの上に、
メロンの果肉が3個のっています。

「パフェ」と呼ぶにはサイズが小さめですが、
ゴロンと入っている夕張メロンの生の果肉が
なかなか良い感じでした。

(2010/11/26)

 
アイスの名前 コロネソフトクリーム
お店の名前 あいすの家
値段 370円

上と同じく、大北海道展で販売していたソフト。
なんと、コロネパンの中にソフトクリームが入っています!

パン部分は「ホット」か「コールド」かを選ぶことができ、
中に入れるソフトは「こいミルク」と「夕張メロン」、
上にかけるソースは「生キャラメル」「いちご」
「チョコレート」からそれぞれ選ぶことができます。

今回は「ホット」+「こいミルク」+「生キャラメル」の
組み合わせにしました。
ちなみに「こいミルク」とは
マオイ丘陵で育った牛のミルクで作った
バニラソフトだそうですよ。

コーンと違ってパンは柔らかいので、
かぶりつくとパンがふにゅっと斜めになってしまい、
気をつけないとソフトがたれてくるので注意。
熱々のパンと、程よく溶けたソフトという組み合わせが
面白い一品でした。

(2010/11/26

 
アイスの名前 モンブランソフト
お店の名前 喜久水庵(大曲店)
(大仙市和合字坪立177番地 イオン大曲ショッピングセンター1階)
値段 200円

喜久水庵の飲食コーナーで
秋期限定で販売していたソフトクリーム。
カップとコーンの2種類がありますが、
今回はコーンをチョイス。

食べるとまろやかな栗の風味がする、
秋らしいソフトクリームですよ。
甘さは控えめで食べやすかったです。

(2010/10/24)

 
アイスの名前 アイスドリアン(あずき味)
お店の名前 小松屋本店(横手市田中町9-17)
値段 140円

横手市の和洋菓子のお店で販売しているアイス。
秋田ふるさと村」の土産物コーナーでも
販売しておりました。
ミルク味とあずき味の2種類があります。

「ドリアン」と言っても
果物のドリアンが入っているわけではなく、
2代目の店主が太平洋戦争中に南国で食べた
ドリアンの食感をイメージして作ったものなのだそうです。

空気を含ませながら凍らせることにより、
普通のアイスよりもトロリとした食感になるとのこと。

あずき味には、砕いたあずきがたくさん入っています。
牛乳の風味とあずきの風味がどちらも良い感じで、
甘くて美味しかったです。

(2010/10/24)

 
アイスの名前 イチジクソフト
お店の名前 道の駅象潟(にかほ市象潟町字大塩越73-1)
値段 300円

にかほ市金浦大竹産のイチジクの実と
花立牧場のジャージー牛乳で作ったソフト。

クリーム色のソフトの中に
イチジクの粒々が入っています。
食べるとイチジク独特の風味がしますね。
後味はなんとなくあずきアイスっぽかったです。

(2010/10/19)

 
アイスの名前 にんじんソフトクリーム
お店の名前 ゆりちゃん市場(由利本荘市森子字明法下152)
値段 250円

国道108号線沿いにある直売所で
販売しているソフトクリーム。

特産品であるにんじんを使ったソフトクリームで、
薄いオレンジ色をしていますよ。
この他にはバニラとミックスもあります。

食べてみると、にんじんの風味がふわっと感じられます。
それほど「にんじん臭さ」はないので一安心。
ソフトはシャリシャリ感があり、甘さは程よい感じでした。

(2010/10/19)

 
アイスの名前 うめぇ〜ソフト
お店の名前 康楽館(鹿角郡小坂町小坂鉱山字松ノ下2)
値段 300円

小坂町にある日本最古の芝居小屋である
『康楽館』の売店で食べることができるソフトクリーム。
「梅」と「旨ぇ」をかけたネーミングになっています。

食べると梅の味がして甘酸っぱいですね。
色は真っ白で、なめらかな食感がします。

小坂町にはアカシアの木が群生していて、
「アカシアの蜂蜜」が特産品になっているのですが、
このソフトにも「アカシアの蜂蜜」が
使われているそうですよ。

(2010/10/15)

 
アイスの名前 やまぶどうソフトクリーム
お店の名前 道の駅こさか七滝(鹿角郡小坂町上向藤原35-3)
値段 250円

道の駅内の『滝の茶屋 孫左衛門』で
食べることができるソフトクリーム。
その名の通り、やまぶどうが入っています。

よくあるぶどうソフトは
食べると人工的なぶどう味がするものですが、
このソフトは自然なぶどうの風味がしますね。
甘すぎずさっぱりした味わいで、美味しかったです。

(2010/10/15)

 
アイスの名前 秋田ふきソフト
お店の名前 道の駅かづの(鹿角市花輪字新田町11番地4)
値段 300円

背丈よりも大きく育ち、
雨が降ったら傘になるぐらい巨大な
「秋田蕗」が生えることで有名な鹿角ですが、
そんな蕗がソフトクリームに入っています(笑)

ソフトの色は、蕗の色と同じ緑色。
食べてみると、ほろ苦い風味がします。
これが秋田蕗の味なのでしょうか。

ちょうど濃厚な抹茶ソフトのような味で、
違和感なく食べることができました。

(2010/10/15)

 
アイスの名前 無添加ソフトクリーム
お店の名前 大鳳堂(大館市部垂町37-5)
値段 250円

大館市にある和菓子屋さんで購入できるソフト。
その名の通り、合成添加物無添加の
ソフトクリームです。

普通のソフトと冷凍ソフトがありましたが、
今回は普通のソフトを購入しました。

食べると、牛乳ソフトによくあるような、
ほのかにシャリシャリとした食感があります。
さっぱりしていて牛乳の自然な甘みがあって
美味しかったです。

(2010/10/15)

 
アイスの名前 ソフトクリーム
お店の名前 アマリリスしんこや(大館市常盤木町2-4)
値段 300円

大館市の大町商店街にある和洋菓子のお店で
購入できるソフトクリーム。
バニラ、チョコ、ミックスの3種類があります。

普通のソフトもありますが、冷凍ケースの中で
冷凍状態のソフトも販売していたので、
こちらを購入してみました。

カチカチに凍っているわけではないので、
買ってすぐに食べ始めることができます。
ちなみにワッフルコーンは300円で
普通のコーンは250円でした。

(2010/10/15)

←前へ
次へ→


←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る