←前へ

次へ→
 
←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る

 
アイスの名前 オレンジのパルフェ(期間限定)
お店の名前 パティスリーストーブ(秋田市広面近藤堰越21-2)
値段 450円

夏季限定でソフトを販売している洋菓子屋さん。
今年の7月の月替わりパルフェがこちらです。

紙カップの一番底にはナッツの入った
オレンジアイスケーキが入っており、
その上に大きめにカットされたオレンジの果肉、
そしてその上にバニラソフトがのっています。

一番上でとぐろを巻いているオレンジ色のものは、
リボン状の薄いクッキー(?)です。
パリパリしていて面白い食感なのですが、
触れただけでポキポキ折れて落っこちてくるので
食べるのにちょっと てこずりますね(汗)

値段は450円とやや高めですけれど、
アイスもソフトも甘さ控えめで美味しかったです。

(05/07/22)

 
アイスの名前 鯛焼きソフトクリーム
お店の名前 銀の甕(東京駅地下1階 銀の鈴待ち合わせ場所前)
値段 300円

東京駅の地下にある『銀の鈴待ち合わせ場所』の
すぐ目の前にあるお店で購入できます。

「鯛焼き」という名前の通り、
ワッフルコーンに入ったソフトクリームの上に
小さな鯛焼きがどーんと乗っています(笑)
ソフトはバニラ、抹茶、ミックスの3種類から選べます。

上に乗せるミニ鯛焼きは
好きな種類を選べるというので、
私は期間限定の「抹茶味」にしてみました。
この鯛焼きをよく見ると、首のところにちゃんと
銀の鈴をぶらさげたデザインになっていますよ。
ちなみにこのミニ鯛焼きは、単品だと1個40円です。

鯛焼きを落とさないように注意しながら
食べる必要がありますが(←落としそうになった人)
ほんのり暖かい鯛焼きと冷たいソフトの組み合わせが
なかなか面白い一品だと思います。

(05/07/13)

追記:その後の東京駅改装の際にお店が撤退してしまった模様。

 
アイスの名前 しとぎあいすくりん
お店の名前 一乃穂(本店)(秋田市中通2丁目4-15)
値段 210円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銘菓の『しとぎ豆がき』で有名なお店ですが、
こんなアイスも売っていました。

白地に金色で縁取りされた、
ちょっと高級そうな雰囲気の紙カップに入っています。
ふたを開けるとこんな感じ。

柔らかくて口どけのいい、
真っ白で素朴なミルク風味のジェラートです。

食べてみると、直径2〜3ミリぐらいの
白くて半透明の粒々が
アイスの中に混ざっているのに気がつきます。

「一体これは何だろう?」と思ってよく見たら、
なんと「米粒そのもの」でしたよ!
もちろん加工されているので柔らかくなっていますが、
米粒本来の味と硬さをしっかり保っているので
お米のつぶつぶした食感を楽しめます。

『しとぎ(=神前に供える、米粉で作った餅)あいすくりん』
という名前に思わず納得してしまう、
ちょっと不思議で面白いアイスでした。

(05/07/08)

 
アイスの名前 シルキージェラート
お店の名前 アンティパスタ(秋田フォーラス店)
(秋田市千秋久保田町4-2秋田フォーラス8F)
値段 260円

このジェラートは店内でも食べられますが、
レジ前のカウンターでテイクアウトを頼むと
写真のようなプラカップで持ち帰りができます。

私が行った時には、バニラ・杏仁豆腐・キャラメル・
ブルーベリーヨーグルトの4種類がありました。
今回はその中から「杏仁豆腐」をチョイス。

カップに入れられたコーンフレークの上に、
コクのある杏仁風味のジェラートが乗せられています。
ところどころに混ざっている小さなオレンジ色の果肉が
いい感じでアクセントになっていますね。
「杏仁豆腐」という名前に偽りなしといった感じでした。

(05/07/07)

 
アイスの名前 抹茶ソフトクリーム
お店の名前 辻吟(長崎屋店)(秋田市旭北錦町4-58)
値段 210円

長崎屋の1階にあるお茶屋さんで売っています。
食べると抹茶の香りがする、
甘さが控えめでさっぱりした風味のソフト。
ほろ苦さが少なめなので、
子供でも安心して食べられるかと。

宇治の抹茶を使用しているそうですが、
味的にはごく一般的な抹茶ソフトといった感じ。
もちろん普通においしかったです。

(05/06/30)

 
アイスの名前 マンゴーフラッペ(期間限定)
お店の名前 カリフォルニア(秋田市川尻御休町1-19)
値段 300円

かき氷の上に、大き目にカットされた
生マンゴーの果肉がごろごろと乗っかり、
甘酸っぱい風味のマンゴーゼリーがかけられています。
そしてその上には、ソフトクリームがどーんと。

かなりボリュームのあるフラッペですが、
ゼリーと混ぜたりソフトクリームと混ぜたり
マンゴーの果肉の食感を楽しんだりと、
いろんな味を楽しめるので
最後まで飽きることなく食べられます。

(05/06/30)

 
アイスの名前 あ・ぜりーそふと
お店の名前 ジロー洋菓子店(山王店)(秋田市山王2丁目2-17)
値段 294円

店内のポスターに「人気No.1」と書かれていたソフト。
自家製のコーヒーゼリーの上に、
きめの細かい食感のバニラソフトが乗っています。

ソフトもコーヒーゼリーもどちらも美味しいし、
混ぜて食べると、ほろ苦いコーヒーの風味と
さっぱりしたソフトの風味が組み合わさって
これまたいい感じです。

(05/06/30)

 
アイスの名前 フルーツソフトパフェ
お店の名前 ジロー洋菓子店(山王店)(秋田市山王2丁目2-17)
値段 315円

プラカップの一番下にはコーンフレークがしかれ、
その上にバニラソフトとチョコレートソース、
そして一番上にはいちごとバナナ、そして生クリームが
トッピングされています。

ソフトは甘すぎず、さっぱりしていて美味しいです。
食べていくうちに溶けて液体状になってしまった部分も、
底面に配置されたコーンフレークのおかげで
最後まで美味しく食べられるという
さり気ない配慮が嬉しいところ。

(05/06/30)

←前へ

次へ→


←ご当地ソフトのページに戻る

TOPページに戻る