昔のらくがき帳
(2010年9月下旬分)

←9月上旬へ

10月上旬へ→

9月16日(木)

今日の昼ご飯は、秋田市東通に7月にオープンした
『ふじや からあげ店』に行ってきました。

その名の通り、ここはから揚げ専門店で、
持ち帰りの「から揚げ(単品)」や「から揚げ弁当」が主なのですが、
店内で「定食」を食べることもできるのですよ。
ただし店内にテーブルは2つしかないので、
混雑時は難しいかもしれません。

今回はちょうど席が空いていたので、難なく座ることができました。
ふと何気なく店内の壁を見ると、
『天空の城ラピュタ』のフランス語版の大きなポスターが
どーんと貼られておりましたよ。
から揚げ店とラピュタとフランスに
一体どのような繋がりがあるのだろうか。なかなかミステリーですな。

 
それはさておき、さっそく「定食(680円)」を注文。
から揚げの味は「和風」「レモン塩」「にんにく」「ピリ辛」の
4種類から選べるので、今回は「和風」をチョイスしました。

から揚げの横にキャベツやポテトなどが添えられており、
それにご飯、味噌汁が付いてきますよ。
ご飯と味噌汁はおかわり自由です。

こちらは「ピリ辛」です。
その名の通り、衣に唐辛子がまぶしてあってピリ辛風味ですね。

このお店では
「揚げたての美味しいから揚げをお客様に提供したい」ということで、
注文を受けてから1品ずつ揚げるというスタイルを取っているそうです。

米粉をブレンドした自家製からあげ粉を使い、
香味野菜や自家製ねぎ油を配合した特製ダレに漬け込んだ肉を
二度揚げすることで、外側はカリッと、中はジューシーという
美味しいから揚げになるというわけですな。
ちなみにご飯はあきたこまちをガスで炊いているとのこと。

私が訪れたのはお昼を少し過ぎた時間帯でしたが、
お店には「弁当(480円)」を買い求める人が
途切れることなく訪れておりました。

このお店の割と近くには、
蓋が閉まらないほど大盛りのから揚げ弁当を販売している
『たいあん弁当』があるので、
気づけばここは「から揚げ弁当激戦区」になっておりますよ。

『ふじや』のから揚げは大きめで結構ボリュームがあるので、
食べたらお腹がいっぱいになりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

夕ご飯は、秋田市広面の『奥羽寿司製作所』へ。
大学病院の通りで、以前『平禄寿司』があった場所にある
回転寿司のお店ですよ。

以前にもここを訪れたことがあるのですが、
いつの間にかタッチパネル方式になっていました。
レーンに回っていないお寿司が食べたい時に
気軽に注文できるようになったのはありがたいですね。

 
そんなわけで、おすすめ限定メニューの欄にあった
「活け締めブリ」や「戻りカツオ」等を好きなように食べてみたり。

 

 
このあたりの地域は回転寿司激戦区で
1皿90円や95円のお店が林立しております。
そんな中でこのお店は1皿100円(税込105円)なのですが、
ネタがどれも美味しいので個人的に好きですな。

 

 
「とんこつラーメン寿司」や「秋田量産型百式」「ファイナルトマト」などの
変り種寿司がちらほらあるのも面白いです。

とんこつラーメン寿司は前回食べたので、
今回は秋田量産型百式を注文。

軍艦の上には納豆、とんぶり、いぶりがっこが
大胆に乗せられておりました(笑)

「百式」はガンダムに出てくる金色のモビルスーツの名で、
この寿司の配色も言われてみれば金色っぽい。
納豆、とんぶり、いぶりがっこはどれも秋田名物だし、
寿司屋で大量に生産されているこの寿司は
まさしく「秋田量産型百式」の名にふさわしいと言えましょう。

ちなみに味は、納豆巻きといぶりがっこを
一緒に食べた感じでした。(←要するに見た目そのまんま)
箸休めや話のネタにはいいけれど、
「寿司」ではなく「別の料理」と考えるべきかと(笑)

 
その他のお寿司も美味しかったです。満足。

 

そんな感じの1日でした。

9月19日(

秋田市雄和の『Villaフローラ』で
9/18〜20に「バイキングフェア」をやるというので
食べに行ってきました。

料金は大人1,200円、小学生以下600円。
プラス200円でドリンクバー&アイスバーも利用できます。

 
料理はパスタやフライなどの洋食系がメインですね。
そばやカレーなどのメニューもあります。

 

 

 
好きなものを好きなように食べて帰ってきました。

9月21日(火)

今日の夕ご飯は、秋田市山手台の
ステーキハンバーグ&サラダバー けん(秋田店)』に行ってきました。

何にしようかメニューを見ていたら
限定メニューの「煮込みステーキ(150g 1,280円)」なるものを発見!
ステーキなのに煮込みって、一体どういうことだ!?(汗)

手描き感あふれまくりのこのメニューからは
「コトコトじっくり煮込んだ」という情報しか得られなかったので、
一体どうしたものかと数秒悩んでみたり。

しかし、もしここで注文しなかったら、
煮込みステーキの正体は永遠に謎のまま…。
そんな謎を抱えたまま、この先の人生を歩んでいけるというのか!
これはもう、思い切って注文してみるしかあるまい!(←謎使命感)

 
そんなわけで、注文してみました(笑)
鉄板の上に牛肉がのっており、
その横にコーンやポテトなどの付け合わせが添えられています。

牛肉はステーキ肉ではなく、
煮込まれていてホロホロと崩れる柔らかい牛肉でした。
これが上にかけられているデミグラスソースと合わさって、
ちょうどビーフシチューのような料理になっていますよ。

「ステーキ」のイメージとはちょっと違いましたが、
煮込みステーキの謎が解けて良かったです。
無料で付いてくるサラダバーやスープバーとともに
美味しくいただきました。

9月22日(水)

今日の昼ご飯は、秋田市千秋矢留町の
ホテルはくと』へ行ってきました。

このホテルの1階には『レストラン稲穂』があり、
ワンコインランチを食べることができるのですよ。
もちろんホテルの宿泊客でなくても自由に利用できます。

 
ランチはどれも500円。
生姜焼き定食や焼肉定食、ハンバーグ、ヒレかつ等々
何種類もあるので迷いましたが、
今回はその中から「はくとランチ(おまかせ)」をチョイス。

レストランの入り口横にあるホテルのフロントで注文すると、
2枚組の番号札を渡されます。
これが食券の代わりになるわけですね。

レストランの厨房で番号札を渡し、しばし待っていると、
ランチが出来上がりました。
ちなみに料理の受け取りや食器の返却は
セルフサービス方式になっております。

 
真四角のお皿に4種類のおかずが盛り付けられ、
それにご飯、味噌汁、漬け物が付いてきます。
今日は焼き魚、白身魚のフライ、鶏肉の煮物、ハンバーグでした。
いろいろな物をちょっとずつ味わえるのが楽しいし、美味しいですね。

 
ランチを注文した人は、コーヒー1杯を無料で飲むことが出来ます。
500円でコーヒーまで飲めるなんて、なんとリーズナブル!

 
こちらは「ミックスフライ定食」です。
3種類のフライにキャベツの千切りが添えられ、
それにご飯、味噌汁、漬け物が付いてきますよ。

美味しかったし、他のメニューも気になるので、
ぜひまた訪れたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

その後、コンビニに立ち寄ったら
「ガンダム総集編 赤い彗星スペシャルウェファーチョコ(105円)
なるものが売っておりましたよ(笑)

真っ赤なパッケージの真ん中に
どーんとジオン軍のマークが入っているという、
とにかく目立つデザインですな。非常にわかりやすい。

後で知ったのですが、どうやら昨日発売の新商品らしいです。
ウェハースでチョコを挟んだお菓子
(要するにビックリマンチョコみたいなの)に
トレーディングカードが1枚付いてきますよ。

カードは全18種類で、その名の通り
全て「赤い彗星のシャア」にまつわる絵柄になっている模様。

 
何個買うか悩みましたが、とりあえず3個買ってみました。
そう!通常の3倍だけにっ!(←関係ありそうで全然関係ない)

 
1個開けてみると、「坊やだからさ」のカードが入っていました。
ギレンの演説のシーンでシャアがつぶやく、有名なセリフですな。
ちなみにカードはプラスチック製で、半透明になっていますよ。

 
ちなみに残りの2枚は
「諸君らの力を私に貸していただきたい」と
「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを」
のシーンでした。

私が当てたのは全部劇中のシーンでしたが、
この他にも書き下ろしの絵柄や
モビルスーツの絵柄のカードがあるようです。
箱買いすれば多分全種類揃うと思いますけど、
別にそこまでシャアが好きでもないので、この3枚で良いかと(汗)

 
そんな感じの今日この頃です。

9月24日(金)

仕事中、手元の冊子を何気なく見たら
世界遺産の『石見銀山遺跡』の写真が載っていたので、
近くにいた同僚Oさん(20代半ば・女性)に
「石見銀山ってどこだっけ?」と聞いたところ、

「えーと、あれよ、あれ。
長州!毛利家のところ!」という予想外の答えが返ってきました、
そんなりあですこんにちは。

 
「長州」とか言われてもますますわからないよ!
それは一体何県なの!?と聞いたのですが、
石見銀山にまつわる歴史はあれこれ思い出してくれるものの、
現在そこが何県なのかは
まったく思い出せぬまま終わりました(汗)
Oさんがオカルトと時代劇大好きなのは前から知っていましたが、
いくらなんでも知識が偏りすぎのような気がしないでもない。

 
とりあえず冊子の隅っこをよく見たら、
石見銀山は島根県大田市と書かれておりました(謎)

9月26日(

秋田市茨島の『ヤマト(茨島店)』で
9/25〜10/3まで恒例の「冷麺まつり」をやっているというので、
食べに行ってきましたよ。

まずは冷麺。通常の半額で350円です。
辛さは中辛にしてみました。

 
冷麺まつり期間限定で
500円の限定メニューも販売しているので、
その中から「炙(あぶ)りカルビ」と「豚カルビ1.5人前」を注文。

 

炙りカルビは薄切りの牛バラ肉で、下味がついています。
一緒に運ばれてくる生玉子にからめて食べると、
ちょうどすき焼きのような風味になりますよ。美味。
豚カルビも柔らかくて美味しいですね。

他には通常メニューの「並タン(480円)」や
「ヤマトサラダ(380円)」などを食べました。

 

 
ちなみに10/4〜22には
「石焼和牛丼フェア」を開催する模様です。

9月29日(水)

西武秋田店で9/28〜10/11の期間
「横浜グルメ&全国うまいもの味めぐり」を開催するというので
さっそく行ってきましたよ。

イベントは前半(9/28〜10/4)と後半(10/5〜10/11)に分けられていて、
前半と後半では出店するお店が入れ替わるとのこと。
もちろん、期間中連続で出店しているお店もあります。

 
まず気になったのが、名古屋の『ぴかいち本舗』のとり手羽先揚げ。
試食してみたら美味しかったので、
「甘辛手羽」「ピリ辛手羽」「のり塩手羽」「チリトマト手羽」を
2個ずつ購入しました。
100g399円の量り売りなので、これで1,000円ちょっとになります。

手羽先は程よくカリッと揚げられていて、それぞれ味がついていますよ。
甘辛手羽とピリ辛手羽にはごまがまぶされています。
時間がたつとややしっとりしてしまうので、
美味しさを存分に味わいたいのならば
なるべく早めに食べるのがおすすめですな。
どれも美味しかったです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

北海道の『とろサーモンの喜速久』では
サーモンとカニの身や入った弁当やウニ入りの物など
色々な種類のお弁当が販売されていました。

今回はその中から「サーモン中落ち弁当(1,050円)」を購入。
ご飯の上にサーモンがたっぷりのっていて、
その上にいくらが散らしてありますよ。
その横には錦糸玉子や漬け物などが添えられています。

「中落ち」という名の通り、サーモンの形や厚みはバラバラですけれど、
これだけたっぷり入って1,050円なのは嬉しいですね。
サーモンも柔らかく、クセがなくて美味しいです♪

よくある海鮮弁当は上げ底の容器の物が多く、
過去には「容器の高さの半分が上げ底」という
なんともひどい物もありましたが、
ここのお弁当はちゃんと見た目通りの量が入っています!
このご時世になんと良心的なことか!(←感涙)

今回初出店らしいですが、
ぜひまた来ていただきたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

神奈川の『マサラダ ワゴン』では
ハワイのドーナツだという「マサラダ(150円)」が販売されていました。

シュガー、シナモンシュガー、チョコレートシュガー、
レモンティーシュガー、ココナッツシュガー、ブラウンシュガーの
6種類の味があったので、その中から
ブラウンシュガーとレモンティーシュガーを買ってみました。

ブラウンシュガーはドーナツの表面ににきび砂糖をまぶしており、
レモンティーシュガーはレモンティーパウダーとシュガーをまぶしていて
ほんのりレモンの風味がしますね。
これも時間がたつと油でしっとりしてしまうので、
買ってすぐに食べるのが一番美味しいかと。

 
京都の『まざあぐうす』の「醍醐」も購入したのですが、
お腹いっぱいなのでこれは明日食べてみたいと思います。

9月30日(木)

昨日買った京都の『まざあぐうす』の「醍醐(4個入り630円)」を
食べてみましたよ。

「醍醐」というのは平安時代に作られていた乳製品の一種で、
今で言うところのチーズのような物だったようです。
これはその名前を冠したお菓子なのですよ。

箱の中には、楕円形のミニチーズケーキが4個入っていました。

レアチーズケーキのようにしっとりなめらかで、
一番底の部分はスポンジ状になっています。
その風味はレアチーズケーキのようでもあり、
ベイクドチーズケーキのようでもあり。
お茶と一緒に美味しくいただきました。

らくがき帳に戻る

TOPページに戻る

←9月上旬へ

10月上旬へ→