昔のらくがき帳
(2015年1月下旬分)
←1月上旬へ    2月上旬へ→

1月20日(水)

水曜日でレディースデーなので
映画館に「ベイマックス」を見に行ってきました、
そんなりあですこんにちは。

CMやポスターを見ただけでは
「兄を亡くした少年がモチっぽい形のロボと交流する癒し系物語」としか
思えなかったので、気にせずずっとスルーしていたのですが、
実際は日本っぽい要素とアメコミ要素満載かつ迫力満点の
「ヒーローアクション映画」だという話と、
エンドロールに竿燈が出てくるという話を聞いて
「それは見に行かねばなりますまい!」となって見に行ってきました。
絶対に宣伝方法を間違えているよなぁ、この映画…。

そんなベイマックスですが、改めて見てみると
3Dの造形やカメラワークが見事ですし、
練り込まれている脚本や
親しみやすくわかりやすいキャラクター設定等々、
完成度が高い映画だなーと思います。
世間の評価が高いのもうなずけますね。
これは映画館の大画面&臨場感あふれるサラウンド環境で見るべき!


ただ、個人的な感想ですけど、
ピクサーの映画って大抵、見終わった後の印象が
なぜかあっさりしているんですよね。

見ている最中は面白くてワクワクドキドキするんですが、
見終わった後の「感動」とか「余韻」とか「うっとり感」が、
映画が終わったとたんに、あっという間にスーッと引いていく感じがします。

自分だけなのかなーと思っていたら、
ネットに同じようなことを書いている人がちらほらいるので、
私だけではない模様。なぜなのだろうか。不思議。
とりあえず面白かったので良かったです。

 

らくがき帳に戻る

TOPページに戻る

←1月上旬へ    2月上旬へ→