昔のらくがき帳
(2016年6月下旬分)
←5月下旬へ    7月下旬へ→
  6月25日(

美郷町のラベンダー園で6/10〜7/20の期間中
「美郷町ラベンダーまつり」をやっているというので
今年も見に行ってきましたよ。

ラベンダー園はまさに今が見頃!
2ヘクタールの広い畑に2万株のラベンダーが植えられていて、
紫色の花が風でふわふわと揺れています。

遠くにそびえ立つ奥羽山脈の山並みの緑色と、
手前に広がるラベンダー色のコントラストが良い感じですね。

このラベンダー園のオリジナル品種である、
白いラベンダー「美郷雪華」も咲いています。

白くて可憐でふわふわ。
ミツバチが花の間を飛び回って、一生懸命ミツを集めています。
売店では美郷雪華の苗も売られていました。

ラベンダーの横には説明書きの看板が設置されていますよ。

北海道の中富良野町から贈られたラベンダーを
植えてあるコーナーもありました。

土日はラベンダー園を一周する「こぐまちゃん号」が走っています。
ラベンダーの摘み取り体験(1回300円)もやっていました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

会場内に屋台が出ていたので見て回っていたら、
アイスクリームの店を発見。

そこには「いぶりがっこ風味 ミルキーアイス」の文字が!
何だそれは!ぜひとも食べてみねばなりますまい!!(←謎使命感)

「手盛り(250円)」と「カップ(300円)」の2種類があるというので、
カップの方をチョイス。
由利本荘市の花立牧場工房ミルジーとコラボして製作した商品だそうです。

蓋を開けるとこんな感じ。
色は真っ白で、一見普通のバニラアイスのように見えます。

食べてみると、本当にいぶりがっこの味がしますよ!
「どことなーくいぶりがっこの風味がするような…?」とかいうレベルじゃなくて、
一口で「おおっ、確かにこれはいぶりがっこの味だ」となります(笑)
秋田県民も納得の再現度ですな。

原材料欄にもちゃんと
「たくあん(大根、玄米、糀、食塩)」と書かれています。
生乳はもちろん花立牧場のジャージー牛乳100%ですよ。

面白いなーと思っていたら、お店のお兄さんに
「まだこのアイスの知名度がないので、
もしよければネットで宣伝してください」と
チラシを手渡されました。
お兄さんの顔をよく見てみると、このイラストのキャラの絵とそっくり。
ということはこの人が「おっくん」こと奥山さんなのか。気づかなかった。

大仙市で開催された第3回特産品開発コンクールで
審査員特別賞を受賞して販売されたアイスだそうですよ。
地元愛が詰まったこの一品。
ご当地ソフト&ご当地アイス好きとしては応援せねばなりますまい。

そんなわけで、みなさまも見かけたらぜひ一度食べてみてください!

 

らくがき帳に戻る

TOPページに戻る

←5月下旬へ    7月下旬へ→