昔のらくがき帳
(2018年2月上旬分)
←1月下旬へ    2月下旬へ

2月11日(

今日は大館市で開催された「大館アメッコ市」に行ってきました!

枝いっぱいに色とりどりのアメ玉を飾り付けられたミズキの木が、
通り沿いにずらりと並んでいます。

大館では「この日にアメを食べると風邪をひかない」という言い伝えがあり、
山に住む「白ひげ大神」もアメを買いに来ると言われています。
袋入りアメや水あめ、枝アメ、りんごあめやベッコウアメなどなど、
アメッコ市の会場にはアメを売る屋台がたくさん並んでいますよ。

アメの屋台の他にも、ご当地グルメの屋台や
お祭り会場によくある普通の屋台、
地元の野菜や海産物を販売している屋台などなど、
いろんなお店が軒を連ねています。

いつもは比内とりの市でしか買えない「比内地鶏千羽焼き」も
アメッコ市会場で販売されていました。

とりあえずアメッコ市に来たからには
アメを買わねばなりますまい、というわけで、屋台を色々散策。

小さめのアメが詰め合わせになったもの(500円)と、
水あめ(200円)を購入してみました。
枝アメは人気商品なので、どの屋台でも既に売り切れておりましたよ。残念。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

ステージではイベントも行われています。
これは大館在住の「ダックスムーン」のコンサート。
相変わらず素晴らしい歌声ですなー。

パーカッションをノリノリで演奏しながら
観客の間を歩き回る(通称:巡業)高砂親方を激写してみたり。

アンコール曲の「With your smile」では
観客も一体になってライブを楽しむことができました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

こちらは「丸髷行列」です。
丸髷を結い、黒留袖を着た女性たちが通りを歩いて行きます。

昔はこの地域の既婚の女性が33歳の年祝いを迎える時に
丸髷と黒留袖姿でお祝いしたそうなのですが、
時代の流れでその風習が失われつつあることを危惧した
大館の美容同業組合の方々が、
未婚・既婚・年齢問わずに参加者を募集して、
平成23年からアメッコ市で「丸髷行列」を行うことにしたそうですよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

そしてこちらは「からみアメ」。
昔の行商人の格好をした男性が、
棒の先に水あめをからめた物を無料で振舞ってくれるのです。

これは手で受け取ってはダメで、
もらう人は口を開けて、その中に素早く放り込んでもらうという
決まりになっておりますよ。

長い行列ができていましたが、
水あめは程よい甘さで美味しかったです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

アメッコ市会場の一番奥には神殿が設置されています。

ここでお参りをすると、お守り札が添えられたアメを
もらうことができますよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

神殿の横に「枝アメ作り体験コーナー」がありました。
なんとここでは、300円で枝アメを作ることができるそうなのですよ。

係員の人から、ミズキの枝1本とアメや札などを渡されました。
これが枝アメの材料になるわけですよ。

これらをミズキの枝に1個1個結び付けていけば…。

ジャーン!「枝アメ」が完成しましたーーー!

屋台では枝アメを買い損ねましたが、
何とか無事にこうして手作りの枝アメをゲットできました。良かった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

「桂城鶏めし弁当(600円)」も購入。
鶏めし弁当で有名な「花善」と、大館市の桂城小学校がコラボした、
アメッコ市限定販売のお弁当ですよ。

大館産の枝豆を使ったかぼちゃのおやきと、
大館名産のりんごソースをかけた唐揚げがおかずに入っています。
ご飯の部分は鶏めし弁当と同じ鶏めしですよ。
どちらも美味しかったです。

そんな感じで、アメッコ市を楽しんだ1日でした。

2月12日(

先日の強風で『万sai堂秋田店』の恐竜のオブジェの首が折れたというので、
通ったついでに見てみたら、ものの見事にボッキリと折れていましたよ。
道路沿いで一番目立つ場所にあるというのになんてこった。

まるで何かの巨大怪獣と戦って倒されたかのような事態になっております。
通常の状態だと角度的に口の中を見ることはできないので、
ある意味レアな光景ですな。

鉄骨っぽいものが飛び出していて危ないし、なんだか切ない姿なので、
早く直してあげてほしいなーと思いました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

夕飯は、秋田市山王にある
パキスタン・アラビアン・インド料理店の
ハラールレストラン デラ』に行ってみることに。

このレストランは「ハラール」原料のみを使用しているそうなので、
イスラム教徒の人も安心ですな。
そしてイスラム教に則り、お酒は一切置いていません。

店の内装は妙にゴージャスで、
イスは立派だわシャンデリアがぶら下がっているわ、
厨房の方はLEDが壁一面にギラギラ輝いているわで、
高貴なんだか異国情緒漂う怪しげな雰囲気なんだか
よく分からない事態になってますが、まあこれはこれで面白いです。

単品メニューやセットメニューなど色々あり、
ベジタリアンセット(1,900円)などもありましたよ。

今回は「デラカップルセット(3,950円)」を注文。
サービスでスープが付いてきました。

カレーは「ビーフマサラ」と「プロンカリー」の2種類が運ばれてきて、
これを2人で分け合う形になります。
辛さは5段階から選べますよ。

ビーフマサラは牛肉がゴロゴロ入っていて食べ応えありますね。
辛さはあるけどスパイシーな感じではなく、素朴な風味のカレーです。
今回は「普通」の辛さにしたけど、もう1段階辛くしても良かったかも。

プロンカリーはエビのカレー。
写真だとわかりづらいですが、こちらもエビがゴロゴロ入っています。

サラダは、りんごやグリーンピースがたっぷり入ったラシアンサラダ。

シシケバブとドラムスティック、シャミケバブ。

ナンは2人分だけあってかなり大きいです(笑)
真ん中に切れ目が入っているので、半分に分けやすいですな。
ちなみにナンはおかわり自由ですよ。

これはタンドーリ ロティ。パキスタンの小麦麦芽を使用したパンだそうです。
ナンよりも薄くてやや硬めの食感ですね。

ソフトドリンクはアイスチャイを選んでみました。

デザートはグラーブジャーマン。
牛乳と小麦粉で作った、甘いお団子です。

このお店のオープンのために
パキスタンの1つ星ホテルで腕を振るっていたシェフを招き寄せたそうで、
秋田にいながらにして本場パキスタンの味が楽しめる模様。

ランチメニューは750円からいろいろあるようなので、
次はランチタイムに来てみたいと思いました。

 

らくがき帳に戻る

TOPページに戻る

←1月下旬へ    2月下旬へ