昔のらくがき帳
(2018年3月上旬分)
←2月下旬へ    3月下旬へ→
 3月3日(

アルヴェで「DINO-A-LIVE in ALVE」という
イベントが開催されるというので、
見に行ってきました!

2016年にもアルヴェでDINO-A-LIVEが開催されたのですが、
その時は仕事で見に行くことができなかったんですよ。
今回はちょうど休みなので見に行くことができます♪

このイベントの目玉は、やはりこの「リアル恐竜ライブショー」です。
会場1階のイベントホールにステージが設けられ、
そこでなんと無料でショーを見ることができます。

このショーがどんなものかと言いますと。
DINO-A-LIVEの公式サイトに詳しく書かれていますが、
株式会社ON-ARTが製作した、全長5メートル以上もある、
リアルな「世界初の自立二足歩行する恐竜」を見ることができるのですよ!

ショー開始まではまだ時間があるので、
まずは2階の多目的ホールの「巨大恐竜との撮影コーナー」へ。
これはショーに登場する恐竜と違って、空気で膨らんでいるものですが、
高さ2メートル以上あって迫力がありました。

他には、キーホルダーや貯金箱などを作れる
子供向けの体験コーナーなどがありましたよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

1階のイベントホールで待っていると、
いよいよリアル恐竜ライブショーが始まりました!
「恐竜くん」というお兄さんと司会のお姉さん、恐竜飼育員の方々が、
いろんな模型を使いながら恐竜について説明したり、
クイズを出したりしてくれます。

そして、何やら長いものが運ばれてきたと思ったら…。

あっという間に首長竜に!
確かプレシオサウルスだったかな?(←名前を言っていたけど忘れた)

そして客席に向かってニューッと。

建物の2階にも超余裕で届く首の長さ!

真上に来た!間近で見ると結構迫力がありますな!!(汗)

そしていよいよお待ちかね。
白いスモークと迫力あるBGMと共に、
巨大肉食恐竜の「アロサウルス」が登場です!

大きい!そして尻尾もすごく長い!!

このアロサウルス、本当にすごいんですよ!
造形や体の質感はもちろんのこと、
歩き方も仕草もリアルで、本物の恐竜だとしか思えないです。

まばたきをしたり、目を閉じたりもするし、
尻尾も体の動きに合わせてごく自然にクネクネと動いていて、
まるで本当に生きているかのよう!すごい臨場感です!!

時には天に向かって大きく吠えたり。

観客に向かって急にダッシュしたり。
これがまた思いのほか足が速くて、大人でも一瞬ひるみますw

観客席に顔をニュッと突っ込んだり、頭にカプッと噛み付いたり。
見ていると、アロサウルスは適当に動いているわけではなく、
ちゃんとステージや観客の位置を正確に把握して動いています。

実は、中のパイロットは小型カメラや無線で
外の状況をほぼ100%認識できているので、
その場に応じて臨機応変に行動することができるのですよ。
そして恐竜の近くには常に飼育員の方が何人かいて、
観客が危なくないように気を配っています。

怖がって母親に抱きつく子どもはいるものの、
司会のお姉さんの柔らかい話し方もあってか
会場全体がいい感じにほんわかした雰囲気を保っているので、
子どもが皆ギャン泣きして阿鼻叫喚ということはなかったです。
恐竜があちこちでカプカプ噛み付いている様子も、
なんだか獅子舞のような縁起物に見えてきますな(笑)

観客の間の通路を通っていく恐竜。

よくあるショーって、運よく最前列に座れた人だけが楽しくて、
後ろの方の人たちはそうでもなかったりするものですが、
このショーはアロサウルスが途中でステージを離れて
後ろや横で立ち見している人の近くを歩き回るので、
どこで見ていても楽しめるのがポイント高いですね。

アロサウルスの顔も、こんなドアップで見ることができます(笑)

ステージに戻った後に機嫌が悪くなり、
恐竜くんに噛み付くアロサウルス。

そして、飼育員さんの持つ緑色のライトを見て、
暴れるのをやめておとなしくなるアロサウルス。

クオリティが高くて、大人も子供も楽しめる良いショーでした!
これはぜひまた秋田で公演してもらいたいと思います。

3月4日(

昨日食べたモロゾフの「ひなまつり いちごのおひなさまケーキ」。
3/1〜3/3の期間限定販売です。

スポンジと生クリームがピンクと白と緑色の層になっていて、
四角い形がまるで菱餅のようです。
さらには上から金粉が散らしてあるという、ゴージャスな一品ですよ。
台紙が金色なのもポイント高いですな。

程よい甘さで美味しかったです。

3月5日(月)

秋田市の『T-Comfort』の中にある『クレアシオン』で
「おのばバーガー」を販売しているというので、
買いに行ってきました!

こちらが「おのばバーガー」のPOP。
チキン竜田、チーズハンバーグ、エビカツの3種類があり、
価格はどれも231円。
その他に「おのばあんぱん」もあります。

バンズの真ん中に、地名が書かれた大きな焼印が
ドーンと押してあるこのパンは、
デイリーヤマザキの工業団地店や天王鶴沼台店などでも
見覚えがあるような…?と思って調べてみたら、
クレアシオンはたけや製パンの直営店で、
デイリーヤマザキとたけや製パンはフランチャイズ契約を結んでいるので、
どっちのパンもたけや製パンが製造していることが判明しました。なるほど。

そんなこんなで、こちらがその「おのばバーガー」です。
あんぱんも欲しかったですが、遅い時間に行ったせいか
エビカツしか残っていなかったので、これだけゲットしてきました。

バンズの間にはエビカツが挟んであります。

このご当地焼印シリーズ、今まで秋田県内のあちこちで購入したので、
そのうちに一度情報をまとめたいなーと思います。

3月11日(

秋田市の『セリオンリスタ』の紅梅がついに満開になりました!

2/18に一分咲きだったこの梅の木の様子を
毎週見に来ていましたが、ついに見頃を迎えてくれましたよ!
建物の中には梅の香りがほんのりと漂っています。

昨日の「サタナビっ!」で
満開の梅の木と、この道の駅が紹介されたこともあってか、
人の数が先週よりもかなり多かったです。
うどん・そば自販機にも長い行列ができていました。

建物内なので、2階から梅の木を見ることができるのも良いですね。
みんな花を楽しみつつ、カメラやスマホで写真を撮っていました。

白梅は三分咲きになっていて、こちらも綺麗!

シダレウメはまだ咲いていないかと思いきや、
一輪だけ咲いていました!
他のつぼみも丸く膨らんできているので、間もなく咲くと思われます。

お昼ごはんは『セリオンキッチン』へ。
今回は「鶏唐のいぶりタルタル(980円)」にしてみました。

タルタルソースに「いぶりがっこ」が混ぜ込まれているので、
食べるといぶりがっこの風味がしますよ。
香り付け程度の感じなので、普通に食べやすいです。

お惣菜ビュッフェはこんな感じ。
相変わらずインスタ映えとかは気にしないで
好きなものを好きなように盛り付ける方向性で。
ちなみにご飯は潟上市産のあきたこまちだそうです。

その後は『クレアシオン』へ行って
前回売り切れていた「おのばあんぱん」を購入。

そんな感じの1日でした。

 

らくがき帳に戻る

TOPページに戻る

←2月下旬へ    3月下旬へ→