らくがき帳

←前のページへ ・ 次のページへ→

8月1日(水)

ここ最近、どのスーパーに行ってもポカリスエットが品薄だし、アクエリアスも妙に少ないな?と思ったら、どうやら全国的に品薄になってしまっているようです。

今年の異常な暑さで需要が大幅に増加した上に、西日本にある工場や物流拠点が先日の豪雨で被害を受けてしまい、商品供給が遅れているのが原因だそうで。いつもなら商品がびっしり並んでいるはずのスーパーの陳列棚が、ガラーンとしてしまってますよ。

暑くて水分を取った端からどんどん汗になっていくので、ポカリを気軽に飲めないのは切ないですが、熱中症にならないように気を付けたいと思います。

 

8月3日(金)

秋田港に「帆船みらいへ」が停泊していて、今日は一般公開をしているというので、見に行ってきましたよ。

本当は4日にセイリングデイズ(体験航海)というイベントも開催予定だったそうですが、参加人数が最少催行人員(30人)に達しなかったので中止になってしまったそうです。普段秋田県内のイベント情報をこまめに見て回っている私もこのイベントに気が付かなかったので、同じように気が付かなかった人が多かったのでは…と思ってみたり。Twitterで『知っていたら参加したかった』と残念がっている方が何人かいたので、事前に告知をしっかりしていたら開催できていたのかもと思うと、なんだか非常にもったいないです。

一般公開は10時~12時と13時半~16時だというので、午後から秋田港に行ってみました。青い空と青い海をバックにして、帆船が停泊しています。

金色に輝く船首像。みらいへのブログによると「ヤマトタケルノミコト」なのだそうです。

船尾はこんな感じ。金色の装飾が美しい。

そんなわけで、さっそく船内へ。

船首部分には、ロープやらいろんな機材やらがどーんと配置されています。

下から見上げるマスト。帆を張った状態も見てみたかったですが、これはこれでかっこいいですね。

操舵室の中には様々な計器が並んでいますよ。

舵やレーダーなども間近で見ることができます。

船室には二段ベッドがありました。航海中はここで寝起きするのですね。船内にはシャワー室やトイレなどもあります。

食堂らしき部屋。

食堂の隣には厨房があるのですが、あたりにすごく美味しそうなカレーの匂いが漂っていて、なんだかお腹が空きました(笑)

海上自衛隊は毎週金曜日の昼にカレーを食べる習慣があるといいますが、「帆船みらいへ」も船乗りだから金曜日のメニューはカレーなのかな?とかいろいろ考えてしまい、もはや船内見学どころではなかったですw

大きな舵。船長帽や子供用の制服などが置かれていて、記念撮影ができるコーナーになっていました。

Tシャツやポストカードなどのグッズ販売コーナーや、ロープを使ったキーホルダーを作れるコーナーもありましたよ。

帆船の中を見学したのは初めてで、なかなか興味深かったです。ぜひまた秋田港に来てほしいと思いました。

 

8月5日(日)

今年も竿燈まつりのシーズンがやって来た!というわけで、秋田市で8/3~8/6に開催の『秋田竿燈まつり』に行ってきました。

屋台村で買った焼きそばやらフライドポテトやらを食べつつ、夜竿燈を鑑賞することに。昼間は強い雨が降ったりしていたので心配しましたが、夕方には雨も上がって、ちょうどいい涼しさになりました。18:50に入場が始まり、竿燈大通りに竿燈が運び込まれます。日が沈み、徐々にあたりが暗くなってきましたよ。

お囃子用の大きな太鼓をのせたトラックも、提灯やLED電飾などで派手に装飾されていて、各団体の個性にあふれていますね。

自衛隊のトラックは装甲車でした。頑丈そうで頼もしい。

全ての竿燈の入場が終わり、笛の合図とともに、ロウソクの明かりを灯した竿燈が一斉に立ち上がります!

笛と太鼓による賑やかなお囃子と、「ドッコイショー、ドッコイショ!」という威勢のいい掛け声で、会場全体が熱気に包まれます。小さな子供たちが上げる「幼若」から、高さ12メートル・重さ50キロもある「大若」まで、全部で279本の竿燈がゆらゆらと揺れながら、秋田の夜空を照らしていますよ。光の稲穂のようで美しい光景です。

今日は風が吹いていないので、どの竿燈もあまりフラつくことなく、まっすぐに立っています。

無風だと「風で竿燈が倒れそう!観客に向かって竿燈が倒れてくる!」というスリルはありませんが、差し手が演技しやすそうだし、写真もブレにくいので良い感じ。

「東北三大祭り」の名にふさわしい、美しい竿燈の灯りと差し手の見事な技、そして夜空に響きわたるお囃子と歓声を、間近で存分に楽しむことができました。

 

8月6日(月)

3日から始まった竿燈まつりも今日で最終日。途中で一瞬だけ小雨がパラついたものの、4日間とも無事に竿燈が上がりました。

竿燈妙技会(昼竿燈)も全ての日程が終了して優勝者が決まり、この夜竿燈が終われば今年の竿燈まつりも幕を閉じます。どの団体も平成最後の竿燈まつりを美しく締めくくるべく、4日間の疲れを吹き飛ばすかのように、観客の前で力いっぱい最後の演技を行います。

沿道には大勢の観客が集まり、賑やかなお囃子と力強い竿燈の演技を間近で楽しんでいます。

ほぼ無風だった昨日と違って、今日は風がちょっと強かったので、竿燈があちこちで風に煽られてフラフラしたり倒れたり。演技する側も大変そうです。途中、2本同時に私の真上に倒れてきました!(汗)

歩道の上に張られた、転倒防止用のロープがなければ直撃でしたよ。まあスリルがあるし、この角度から竿燈の提灯を見る機会もなかなかないので面白い(笑)

風が強いので、竿を長く継ぎ足して演技するのが難しい状況ですが、それでも頑張る差し手の皆さん。

小学生らしき子供たちも、小さな体で一生懸命竿燈を支えています。頑張れ!

あっという間の4日間。来年も竿燈まつりを楽しみたいなと思いました。

-----------------

 

←前のページへ ・ 次のページへ→