←サイトTOPに戻る

クインテットデータ館ゲーム一覧>ソロ・クライシス

ソロ・クライシス

タイトル ソロ・クライシス
ハード SS
ジャンル SLG
発売日 1998/01/22
定価 5,800円(税別)
発売元 (株)クインテット
販売元 (株)セガ・エンタープライゼス

Amazonで探す

ネットで探す

ネットオフ  / 楽天市場

ヨシュア

●STORY

昔、まだ大地が「本来の姿」であった頃。
人間たちは大地とともに繁栄し、神に感謝していた。
神はそれに応え、大地と人々に
祝福の奇跡を与えていた。

しかし、やがて大地に人が満ち始めると
人々は祈ることをやめ、互いに争いはじめる。
次第に大地は荒れ果て、
人々は退廃的になっていった。

嘆き悲しんだ神は世界を二つに分け、
心正しき者を表の世界に、
汚れた心の者を裏の世界に住まわせた。
表の世界は慈愛に満ちていたが、
裏の世界は住む家もすぐに崩れ去ってしまうほどの
過酷な世界であった。

神はそうすることで
裏の世界の者たちの改心を望んでいたのだが、
彼らは過酷な世界を与えた神を呪い、
やがてその心は「悪魔」を作り出した。
悪魔は裏の世界の住人を醜い魔物に変え、
神の言葉が届かぬように魔物独自の言葉を与えた。

このままでは裏の世界の人間を救えないと悟った神は
表の世界の住人の中から
指導者とシモベたちを選び出し、
魔物の魂と肉体を切り離す力を与えた。
そして裏の世界に通じる「大地の門」を作り
彼らをそこに向かわせた。

悪魔もまた、神同様に指導者とシモベを選び出し、
表の世界を我が物とするべく、彼らに進軍を命じた。

かくして、壮絶なる神と悪魔の戦いが始まった。

●感想

神VS悪魔という構図。
土地に建物を建て、人口が増えるとその分信仰度(SP)を得ることができ、
SPを消費する事によって、雷を落としたり、木を焼き払ったり、
土地を平らにするなどのさまざまな『奇跡』を起こすことが可能。

…と、ここまで聞いて、「あれ?」と思った人もいるかと思いますが、
『アクトレイザー』のシミュレーション部分テイストが高いゲームです。
しかしこのゲームは完全にシミュレーションゲームですので、
地形やキャラの能力を生かした戦術が非常に重要になってきます。

フィールドは1枚の板のような形をしており、
人間の住む表側と魔物の住む裏側の世界が存在します。

表の世界に山を作ると、その真裏は谷になったり、
建てた建物が裏側にいる味方や魔物の建物に影響したりと
表側と裏側はお互いに干渉しあうので、
その点を考えないと、あっという間に敵の策略にはめられることに。
けっこう難しいです。

(余談:表側と裏側があって、互いに干渉しあうあたりで、
『ガイア幻想紀』の空中庭園も思い出しました)

また、魔物との戦いの中で聞くことができる
『魔物語(まものご)』を解読していくことも一つの目標です。
ヒエログリフを元にした(と思われる)文字が
何を意味するのか考え、翻訳し…。

すべての魔物語を解読したその時、さらに過酷な戦いが幕を開けます。

 

(02/01/08)

戻る