昔のらくがき帳
(2006年2月上旬分)

←1月下旬へ

2月下旬へ→

2月1日(水)

ドラマ『神はサイコロを振らない』を真剣に見ておりました、
そんなりあですこんにちは。

変わった設定のストーリーなので、
果たして今後どういう展開になるのか予測がつかないのですよ。
私が小説家や脚本家だとしたら、
この話をどうやってまとめるべきなのか悩みますな。
 

……以前、「変わった設定のストーリーで、先が読めない。
どうやってまとめるのか気になる!」という気持ちで
映画館に見に行った『マイノリティ・リポート』は
期待はずれで終わったという過去があるのですけれども(汗)
このドラマはきちんとまとめていただきたいですね。

 
そして『ご当地ソフト紀行』のコーナーを久々に更新しました。
秋から冬にかけて何個かソフトを食べ歩いていたのですけれど、
レビューを全然書いていなかったもので(汗)

しかももう何個かレビューが残っているので
気がついたら食べたソフトの数が増えていると思いますが、
その辺は気にしない方向性で(謎)

2月2日(木)

最近、寝ても寝ても全然疲れが取れなくて、
『睡眠時間は十分取っているはずなのに…。
一体どうして疲れが取れないんだろう?』と
ものすごく不思議だったわけなのですけれども。

ネットで睡眠についてちょっと調べてみたら、
「寝る前に何か物を食べてしまうと、
寝ている間も内臓が動いて胃の中の食べ物を消化するので、
結果として寝ていても体が休まらない」という説明を発見。
 

……思いっきり思い当たる節がありますよ(汗)
これだったのか!原因はー!!
(↑寝る前によくお菓子や夜食を食べる癖がある人)

まあ、これが原因じゃないとしても
寝る前にお菓子を食べるという行為が
体にいいわけがないので、
今後は寝る前に何かを食べるのは控えようと思います(←謎決意)

2月3日(金)

今日も今日とて食い道楽(謎)

まずは土田牧場の『ジャージーヨーグルト ポケット(294円)』です。
探してみると、ジャージーレアチーズケーキや牛乳は
割とあちこちのスーパーやデパートで売っていますね。

普通に売ってました(汗)

飲むヨーグルトタイプの商品なのですが、飲んでみたら
ヨーグルトと飲むヨーグルトの中間といった感じでした。
さっぱりしているけれどもヨーグルトのコクがあって
美味しかったです。体にも良さそうですな。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

昼食に『お茶の間食堂』で「鶏からあげ定食(650円)」を食べてみたり。

このお店のからあげが好き♪
 

今日は2月3日で節分だからか、
箸置きが本物のピーナッツでした。美味しかったです(笑)

思いがけない演出でびっくり。
 

そして相変わらずからあげがパリッパリでジューシーでした♪
ボリュームたっぷりなので
以前来店した時には食べ切れなかったのですが、
今回は普通に完食しましたよ。

デザートに『ひとくちバニラアイス(50円)』を食べました。
これはお店の手作りのアイスクリームなのです。
よくあるバニラアイスよりも色が濃くて、コクのある風味。
食事の後にちょっとだけ甘いものが食べたい時にピッタリですな。
通常サイズの『手づくりバニラアイス』は300円です。

「和みパフェ」も食べてみたいですな。
 

ちなみに『あったかもち入りぜんざい(300円)』は
お餅と栗が入っていました。
ぜんざいと言うと割と甘ったるいものが多いのですが、
このお店のものは素朴な甘さで美味しい上、
箸休めの小さなコンブまで付いてくる心配りが嬉しいですな。

美味しいですよー。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

帰宅してから、数日前に買ってあった豆(炒り大豆)を食べました。

豆〜はでん六♪

節分と言えば、小さい頃に
鬼のお面をかぶった父に向かって
「鬼は〜外!福は〜内!」と言いながら
妹と共に豆(ピーナッツ)を投げつけ、
家中に散らばった豆を全部回収した後に
歳の数だけ豆を食べたことを思い出しますよ。

当時は歳の数=7、8個ぐらいしか食べられなかったので
「大人はいっぱい食べられていいなー」と思っていたのですが、
いざ豆をいっぱい食べられる年齢の大人になって
二十何粒も食べるのもまた微妙な心境ですな(汗)
いや、豆は美味しいのだけれども。
 

そんな感じの一日でした。

2月4日(

今日のランチは、12月にオープンした
『喰べちゃいな』に行ってみましたよ。

今回チョイスしたのは「本日のランチ(700円)」です。
今日はしょうが焼き、大根のサラダ、スープ、漬物というメニューでした。

カウンターにはいろんな焼酎のビンが並んでいましたよ。
調味料入れの横には香酢のビンがありました。体によさげですな。

ランチの時間帯は日替わりランチと麺類・餃子のみですが、
17時以降は酒類や一品料理などのメニューがたくさんあるようなので、
今度は夜に来てみたいです。

個人的に「喰べちゃいなパフェ(1,200円)」が
妙に気になるんですけれども。
メニューに書かれた「きれいで感動するパフェです」という
説明書きがまた、ミステリアス感をかもし出していてですね(謎)

−−−−−−−−−−−−−−−−−

帰りがけに、『御献上カスティーラ』で
「ミルクチーズケーキ(1,300円)」を購入。

 

チーズケーキの中に、ところどころ入っている
グリオットチェリーがまた酸味が効いていて美味しいですな。

下の写真は、同じお店の「ベビーチーズケーキ(プレーン)(150円)」です。

こちらは、紙のカップに入っているミニサイズのチーズケーキ。
上の「ミルクチーズケーキ」とは別の商品なのですよ。
ベビーチーズケーキの方が柔らかくて、ミルクの風味が強い感じ。

 
ちなみに「ミルクチーズケーキ」と、アベの「チーズケーキ」の
食べ比べにチャレンジしてみましたので、
気になる方はこちらからどうぞ。

2月5日(

書くのが後回しになっていましたが、
『洋菓子&喫茶 Ange』に行ってみましたよ。

店のドアに、営業時間のお知らせと共に
「クレームブリュレ(336円)」の写真がどーんと載っていたので
おもわず購入(笑)

クレームブリュレを見ると「アメリ」を思い出す(謎)

−−−−−−−−−−−−−−−−−

そしてこちらは、いただきものの
DEMEL』のソリッドチョコ・猫ラベル(ヘーゼルナッツ味)!

猫〜♪♪

なにが可愛いって、このパッケージですよ!猫!猫ーーー!!
(↑超がつくほど無類の猫好き)

3匹の猫が、金色の舌をぺろーんと出しています(笑)
実はこのチョコ自体が、猫の舌の形を模しているのですよ。
カップアイスのヘラにも見えなくはないですけれども(謎)

確かに猫の舌っぽいですな。

ちなみに、箱を開けるとこんな感じ。

25枚入り。

もちろんチョコは上品な甘さですごく美味しい!
薄くて食べやすいし、口どけもなめらか♪さすがは老舗ですなっ。

食べ終わった後の空き箱は
以前みんみんにもらった猫たちの写真とともに
パソコンの前にちょこんと置いて、
癒し系グッズとして活用したいと思います。
小物入れにするのもいいかも。

猫〜♪(←癒され中)

2月6日(月)

バンプレストから発売されている
Nintendo ドットグラフ ファミコンストラップ(819円)』を買いましたよ♪

ゲーム画面のドット絵を配したストラップです。
ファミコン世代には非常に嬉しいアイテムですな。

私が見かけたのはマリオだけなのですが、このストラップは
「スーパーマリオブラザーズ」「ゼルダの伝説1」
「ドンキーコング」「バルーンファイト」の全4種類だそうです。

ファミコン本体とコントローラーのマスコットも付いてくるし、
本体にささっているカセットの色は
それぞれのゲームカセットと同じ色というこだわりよう。

とはいえ、yujinの『Nintendo HISTORY COLLECTION』の
細かすぎるほどのこだわりと精巧さを見た後では、
どうしても「カセット面にラベルを貼ってほしかった…」とか
「塗りが甘い」とか「形がちょっとゆがんでいる」とか
各部のクオリティに目が行ってしまうのですけれども。

もうほんの少しだけ丁寧に作ってほしかった…というのが
正直な感想ですが、それでもファミコン+マリオのストラップは
純粋に嬉しいですね。
ストラップの模様が豆の木を登るマリオというのも、
1年前につるルイージを探し回っていた私には
非常に感慨深いと言うかなんというか。
(↑1年たったというのに、全然成長していませんな)
 

こういう商品を見るたびにわくわくする自分は
やっぱりゲームが好きなんだなーと再認識しました。

2月7日(火)

手元にあったきんちゃく袋を見ながら
「この仕組みを最初に考え出した人はすごいなー」と
しみじみ考えておりました、そんなりあですこんにちは。

袋の口を筒状に縫って、そこにひもを通せば
『ひもを引くだけで口がきゅっと縛れる袋』になるという仕組みは
シンプルながらも合理的で便利ですな。
私だったら何百年生きようとも
絶対に自力でこんな方法は思いつかないですよ。

そう考えると、身の回りのものはすべて
誰かが最初に構造を考えついて、その後も試行錯誤を繰り返して、
現在のような形になっているわけでして。
先人達の知恵というか歴史というか、うまく言えないですけど
ある種のロマンを感じますな。

2月8日(水)

お店でこんなドリンクを見かけたので、
思わず買ってしまいました(笑)

インパクトにやられた(笑)

『必勝合格ダルマサイダー』です。
見ての通り、ハチマキをしたダルマの模様をしている
ユニークなデザインのサイダーですよ。
 

ビンの横には願掛けを書き込める欄があります。

受験以外でも良さそうですな。

説明書きによると、まずは願掛けをしてダルマに片目を入れ、
合格できたらもう片方の目を書き込むとのこと。

なるほど…と思いながらラベルをよく読んでいたら、
『学問の神様である天神様を主神とする由緒ある神社で
原材料に合格祈願をしていただいております』の文字が。

…原材料に合格祈願!? Σ( ̄□ ̄;
 

原材料って、水とか糖類でしょう?それにどうやって祈願を??と
頭の中が「?」マークでいっぱいになっている私の前に、
さらにラベルに印刷された
祈願映像配信中』の文字が(爆)

さっそくサイトを見てみると、静岡県の天神社で
神主さんが原料とダルマサイダーをお祓いしている様子を
写真と動画の両方で紹介していましたよ。納得です。

「ウカール」とか「キットカット」みたいな
受験生向けの縁起担ぎ商品は数多く出ていますが、
お祓いまでしているものはめずらしいのではないでしょうか。
なにやらご利益がありそうでありがたいですな。

 
さて、せっかくダルマサイダーを買ったことだし
私も何か願掛けを…と思ったのですが、
資格試験は去年受けたし
社内試験はまさに数日前に終わったばかりだしで、
「当分何かの試験を受ける予定がない」ことに気がつきました(汗)

…賞味期限は2007年の12月までのようなので、
とりあえずいざという時のために
大事に取っておくことにします(謎)

2月9日(木)

以前買ってあったものの、まだ食べていなかった
『お花のクッキーはなこ(6枚入り1,050円)』を食べました。

見た目も綺麗ですな。

これは札幌の『洋菓子アリス』のクッキーでして、
食べられる本物の花や葉っぱを使っているのですよ。

タルトカップの中に、花びらがのったクッキーと
紅花で色をつけたホワイトチョコが入っています。
サクサクしたクッキーと程よい甘さのチョコレートが
絶妙にマッチしていて美味しい♪

真っ赤ですなー。 配置も綺麗♪

花も色鮮やかなまま、綺麗に焼きあがっています。
ラベンダーはちょっと味と香りにクセがありましたが、
その他の花は違和感なくいただきました。

2月10日(金)

今日は、泉にある『しゅんよう』でランチを食べてまいりましたー。
お店の前の看板には「無国籍料理」の文字が。

入り口上の看板はドラム缶でした。

店内の内装は、その名の通り
エスニックなものから和風なものまで幅広く、
ドラム缶や米倉の看板、なぜか書きぞめやウルトラマンの人形まで
店内のあちこちに配置されていました。

テーブルの上には真っ赤な調味料入れが……と思ったら
中身はひよこのぬいぐるみや大きなサイコロ、フィギュアなどで、
どれも調味料ではありませんでした(爆)

振っても出てきません(←当たり前)
 

ランチはA〜Cまでの3種類あり、
そのうちオムライスは定番メニューなのですが
その他のメニューは日によって違うようです。

今回はオムライス(800円)を選択。
サラダと野菜スープがついてきました。

とにかくすごいボリューム。

 
チキンライスと卵、そしてデミグラスソースの取り合わせが
いい感じですごく美味しいですよ。

しかし、このオムライスの量がとにかく半端ではないです。
横幅もあるし、厚みもある。まさに巨大。
通常のオムライスで考えると、2人前分はあるのではないでしょうか。
私は半分食べたところで満腹になりました。

話によると、ナポリタンも2人前分ほど出てくるそうなので、
女性ならば2人で1皿を半分こするぐらいが
ちょうどいいかもしれません。

ちなみに食後にコーヒーが付いてきますが、
さすがにこのランチの後では飲むのがつらいですな(汗)

美味しかったですけど。

 
その後は仙北市で行われている
紙風船上げ』を見に行ってきましたよ。

初めて見に行きましたが、目の前で巨大な紙風船が
空に向かって次々と舞い上がっていく様子は
かなり幻想的だし、見ていて面白かったです。
ただ屋外ゆえに寒いので、完全防備が必要ですね。

祭りの様子は、後に写真と一緒にレビューとして
日記に書きたいと思います♪

2月11日(

SIREN2(サイレン2)』というゲームのタイトルを
素で「シレン2」と読んでしまい、
行きつけのゲーム屋の店員さんに生暖かいまなざしで見られました、
そんなりあですこんにちは。

素直に読んだら「シレン」じゃないか!と反論したのですが、
「普通、ローマ字読みでそんなタイトルは付けない」と
あっさり一蹴されてしまい、ややブルーです。

英語は、英語だけは昔から本当にダメなんだ…っ!!(←謎涙)
 

私よりも英語ができない人を探すのは、
きっと困難を極めると思います(汗)

2月12日(

今日は大館市で開催されている
アメッコ市』に行ってまいりました。
 

車で大館に向かう途中
「道の駅たかのす」で『もちっこ市』も開かれていたので、
ちょっと立ち寄ってあげもちを食べてみたり。

テントの中ではいろんな種類のお餅が売っていましたよ。
なぜか『長すぎたロールケーキ』という名前の、
50センチもある長ーいロールケーキも売っていました。

2,000円だったので、今回は買うのをあきらめましたが
すごく気になりますな。
どうやら『晩梅』の季節商品のようです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

昼ごはんは『麺屋うるとら』でラーメンを食べました。
広東麺と中華丼はすでに売り切れていたので
今回は『レディースランチ(750円)』をチョイス。

ラーメン(醤油もしくはしお)に
餃子3個と杏プリンがついてきます。
プラス100円で味噌ラーメンにもできるそうですよ。

 

量的にちょうどいいし、このプリンがまた
杏の香りがしてすごく美味しい♪(ちなみに単品だと200円です)
このあたりはラーメン屋が多く建ち並んでいて
どうやら激戦区のようですな。美味しかったです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

さてさて、いろいろと寄り道してしまいましたが
ようやくアメッコ市の会場に到着。

通り沿いの並木や、会場に設置された大きな木には、
本物の飴が実のように飾り付けられていますよ。

 
 

通りの屋台には、色とりどりの飴がずらっと並んでいます。
味も形も多種多様で、見ているだけでも楽しいですな。


(↑店員さんの頭の上にあるのが「枝飴」です)

 
もちろん、飴だけでなく
焼きそばやくじ引きなどのおなじみの屋台も出ていますよ。
特設ステージではショーなども行われているようです。
 

アメッコ市に来たからには飴を買わねば!てなわけで
何を買おうかしばし探索。

市の終了時間が近かったので、
2個で100円とか、500円のものが300円だとか、
買ったらおまけがついてくるとか、どの店も特売状態。
かなり安く買うことができました♪

あんこやゴマの入ったシンプルな飴の他、
古代米で作った飴や枝飴も買って満足。
いちご飴やみそたんぽも美味しかったです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

夕飯は秋田市大町にある『ペペ口ンチーノ』に行ってきました。

前からちょっと気になっていて
行ってみたいと思っていた店だったので、
何を食べようかなーとわくわくしながら入店したのですが…。

やってきた店員さんが、5,000円の特別コースだの
2,100円のコースだのをやたらとすすめるんですよ。

私はあまりお腹がすいていなかったので、
パスタとドリンク、あと余裕があったらデザート程度で
金銭的にも量的にもちょうどいいというのに、
とにかくコースにしろ、コースがおすすめだとしつこいのなんの。

そのうちに巨大なボードを持ってきて
今日のオススメメニューの説明を始めましたが、
早口かつぞんざいな説明すぎて、
何を言っているのかよくわからない。
 

結局普通に『厚切りベーコンとトマトのパスタ(890円)』と紅茶(500円)
デザートに『パンナコッタ(380円)』を注文したのですが、
店員さんはそれを聞くや否や
「失礼ですけど、それならはなからコースにした方が安いですよ?(笑)」と
鼻で笑ってニヤニヤしているだけで、
注文を聞き入れてくれないんですよ。

仕方がないので、しぶしぶ2,100円のコースを注文しましたが、
コースはただ単にこれらのメニューに前菜がつくだけなのです。

890+500+380=1,770。

…単品で注文した方が安いんですけれども?

 
この時点でかなり気分を害しながらも
料理が来るのを待っていたら、
隣の席に若いカップルがやって来まして。

男性の方が店員さんに「ボトルワインはないの?」と聞いたら、
それに対する店員さんの答えは
「今日はないんですよ。
うちはねぇ、赤ワインの出数が半端じゃないので(苦笑)」でした。

二人とも、その明らかに客を小馬鹿にしたような対応に
ぽかーんとしていましたし、
店員さんが去った後で、「店員としてありえない。何だあれ」と
ぶつぶつと文句を言っていました。

その後、同じお客さんがパスタを取り分けるための
トングをください、とお願いしていたのですが、
店員が持ってきたのはサラダ用のつるつるしたトング。
そして「パスタ用のトング、全部出ちゃいましてー」という説明。

その説明を疑問に思ったのか
女性の方が店内を見回したのですが、
トングを使っている客はどこにもいないのですよ。

その視線を察した店員さんは
「パスタ用のトング、全部壊れちゃいまして。真ん中から折れたりとか」と
適当に言い訳して引っ込んでしまいました。何だそれ。

カップルも、もはやあきれ返っていましたが、
横で聞いていた私もあきれましたよ。
同じ接客業として、客に対する誠実さの感じられない
この店員の対応は信じられないです。

よく見ると、他の店員さんは丁寧な物腰で対応しており、
横柄なのはこの1人だけです。
態度や服装から察するに
オーナーかフロアマネージャークラスに近い人物のようですが、
詳しいことはわかりませんでした。

とりあえず、私はもう二度とペペ口ンチーノには行きたくありません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

最後にちょっとケチがついてしまったのが残念ですが、
そんな感じの一日でした。

2月13日(月)

オリンピックを見ているわけでもないのに
夜更かし気味の今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

気を抜くとどうも夜型の生活にシフトしがちなので、
意識して早寝早起きを心がけようと思います。
ついでに猫背も治さねばっ(謎決意)

2月14日(火)

この季節は、どこのお店にも
普段は売っていないようなめずらしいチョコや
美味しそうなチョコが勢ぞろいしているわけでして。

甘い物好きとしては、見ていると当然食べたい!てなわけで、
気になる商品をいろいろ買ってきましたよ。
もちろん自分で食べるためです(爆)

ニキビができそう(汗)

上から『トリアノン ル・ラモーチョコレート(オレンジ)』
『東京チョコばな奈「見ぃつけたっ」』
『コーヒーチョコレート(ホワイト)』です。

コーヒーチョコはユニオンコーヒーの商品で、
中に焙煎したコーヒー豆が入っている模様。気になりますな。

さっそく食べてみたいのですけど、
真夜中に甘いものを食べたら一大事なので
次の休みにでもゆっくり食べてみることにします。

2月15日(水)

みんみんから教えてもらった、
サントリーの『炭酸ボンベ』を買ってみましたよ。

真っ赤なカラーリング。

これはガラナ風味の炭酸飲料なのです。
ガスボンベをイメージした独特のデザインも面白いのですが、
特筆すべきはこのバーコード!

粉々ですな。

見事に爆発してバラバラです(笑)

もちろんこのバーコードは
ちゃんとレジのスキャナで読み取ることができるし、
13桁のJANコードもしっかり明記されているので
お会計の際にも安心ですな。

−−−−−−−−−−−−−−−−−

昨日キリンから発売されたばかりの
『NUDA(ヌューダ)』の方も気になるなーと思っていたら、
さっそく同僚が飲んでいましたよ(笑)

どうでもいいですが、「ヌューダ」って発音しづらいですな(謎)

こちらは糖分ゼロの炭酸飲料で
『甘さを脱いだおいしい発泡』というキャッチコピーなのですけれども、
同僚いわく「水に炭酸を混ぜた感じ」だそうで。
それってただの炭酸水のような気がしないでもない(汗)

とはいえ、実際に飲んでみないことには何とも言えないので、
こちらも近いうちに購入してみたいと思います♪

らくがき帳に戻る

TOPページに戻る

←1月下旬へ

2月下旬へ→